さよならマタニティブルー!うつな気分や不安は呼吸で吹き飛ばそう!

出産という人生の中でも1、2を争う大仕事を終えたママ。ホッとする暇もなく、赤ちゃんのお世話が始まります。日々のお世話でわが子を抱き上げる喜びはあるものの、なぜか気持ちは重く沈み、涙があふれてくる・・・。コントロールできないこの気持ち、これがよく聞く「マタニティブルー」というもの?今回は、産後多くの人が経験すると言われている「マタニティブルー」とはどんなものか、また、なってしまった時に気持ちを落ち着ける方法をご紹介しましょう。

◆ 産後のうつうつとしたこの不安、マタニティブルーなの?

マタニティブルーとはどんなものなのでしょうか?
急に涙もろくなったり、理不尽にイライラしたり、また育児に関して不安を感じて気持ちがふさいだりする状態で、産後すぐから1~2週間程度続きます。これは、出産によりホルモンバランスが急激に変わることが大きな原因です。

妊娠中は多くの種類のホルモンが胎盤で作られていますが、出産すると赤ちゃんと一緒に胎盤が排出されてしまうため、一気にホルモンが減少してしまうのです。するとホルモンバランスの変化にカラダがついていけずに、うつうつと気分が沈んだり、わけもなく涙があふれる、情緒不安定になるなどの、いわゆる「マタニティブルー」になると考えられているのです。

また、出産や産後の慣れない育児疲れ、睡眠不足やプレッシャーなどにより、更に発生しやすくなるようです。

◆この不安なくなるの?マタニティブルーを解消するには?

気持ちが沈んでも涙が止まらなくても、赤ちゃんは待ってくれません。できることなら、この時期はご主人やご両親などに協力してもらい、ママは身体的にも精神的にもゆっくりケアをしたいところですが、もちろん無理な場合もあるでしょう。

マタニティブルーへの対策としては、自分だけで何とかしようとがんばりすぎないこと。家族に協力を求められない場合は、自治体のサポート機関に相談してみるのも手です。話を聞いてもらうだけでも楽になる事はありますよ。

また、家事よりも睡眠を優先させたり、時には我慢せずに泣くことも良いでしょう。涙を流し感情を外に出すことで「カタルシス効果」が働き、心が浄化されてストレスを軽減することが出来るのです。

◆リラックスして不安やうつ気分を忘れよう!マタニティブルーの気持ちを落ち着ける呼吸法!

どうにも苦しくて困ったら、まずは「腹式呼吸」を取り入れましょう!私たちのカラダには、身体機能を健全に保つために働く自律神経が存在します。これは、私たちの意志とはかかわりなく勝手に働くもので、「交感神経」と「副交感神経」という、相反する働きをするものです。

交感神経は活動・緊張・ストレス等の状態にある時に優位になり、反対に副交感神経は、リラックス状態にある時に優位に働きます。ゆっくりじっくり腹式呼吸をすることで、横隔膜が自律神経を刺激し、副交感神経を優位にしてくれるのです!

腹式呼吸のやり方は、次の通りです。
①10秒程かけて、お腹をへこましながら口から息を吐きます。
②息を吐ききったら、3~5秒かけてお腹を膨らませながら鼻から息を吸います。
これだけです。これを3~5セット、毎日続けましょう。

寝る前にお布団の中でするもよし、日中赤ちゃんが寝ている隙にするもよし。
簡単ですし、外出先でも可能なのが嬉しいですね。
お金も時間もかからない簡単な呼吸法ですので、マタニティブルー中にするだけでなく、毎日続けて鬱々とした気分を吹き飛ばし、元気なママになれるといいですね!

著者プロフィール

著者アイコン
福嶋靖子
「家事や育児疲れで困っているママさん達の力になりたい」という想いで、自身の育児経験と整体師としてのノウハウを活かした施術やアドバイスは、ママさん達から熱い支持を受けている。2児の母。

関連記事