あなたは大丈夫?日常に潜む股関節の痛みの原因

皆さんは股関節を痛めた経験はありますか?股関節が痛いと立ち上がるときや階段を上るとき、ひどい時は座っていても辛くなることがあります。では股関節の痛みの原因はなんなのでしょうか?実は多くの原因は日常生活の姿勢に隠れているのです。

そこで今回は日常生活に潜む股関節の痛みの原因についてご紹介していきたいと思います。

 

◆股関節にはこんな症状が?

 

股関節の症状には様々なものがあり、歩行時や起立時に足の付け根に違和感や不快感を覚えることが多いといわれています。運動後や動作が切り替わる時などに、重たくなったり、引っ張られた感じ、何かが突っかかっているような感じなどの痛みを感じることが多いようです。また、長時間歩いた後の疲労感で症状が始まることもあるといわれています。時間の経過ととともに、それが徐々にはっきりした痛みに変わっていくようです。股関節を痛めると関節の動きが悪くなり靴下を履くときなど足を曲げることが困難になります。

これらの症状は股関節だけでなく、腰・お尻・太もも・膝などに鈍い痛みが生じることもあり、痛みが現れる部位は、原因や症状によって変わります。

 

では股関節の痛みの原因とは一体何なのでしょうか?

 

◆股関節の痛みは、座り方や立ち方が原因!?

 

ここで質問です。皆さんは普段どんな座り方、立ち方をしていますか?

足を組んだり、片方の足だけに体重を乗せて立っていませんか?

実は股関節の痛みの原因は日常生活での座り方、立ち方に原因がある場合が多いのです。

股関節は上半身と下半身を繋ぐ重要な役割を持っているので、常に上半身の重みを支えていて負担がかかっています。つまりバランスの悪い姿勢で座ったり、立ったりしていると股関節に偏った負担がかかり痛みの原因となるのです。

例えば、猫背や反り腰で座ったり立ったり、足を組んで座る、女性に多い横座りなど、これらの悪い姿勢は骨盤が歪む原因となりバランスが悪くなります。骨盤が歪むと片方の股関節が伸ばされた状態になり負担がかかってしまいます。このまま立ったり、歩いたりすると片方の股関節にさらに負担が大きくかかることになります。

 

◆股関節の痛みを防ぐためには?

 

股関節の痛みを防ぐためには、まずバランスの良い立ち方、座り方をする必要があります。

そこで当院で教えている正しい立ち方をご紹介します。

 

正しい、立ち方

 

このように股関節の痛みの多くの原因は日常生活でのバランスの悪い姿勢にあるのです。

股関節は痛めると日常生活に大きな支障をきたします。そうならないためにも正しい姿勢で生活をするように心がけましょう。

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。

関連記事