変形性膝関節症と病院で診断されたけど、手術しなくても大丈夫って本当?

膝が痛くて、変形性膝関節症と病院で診断された方に朗報です。変形性膝関節症で手術が必要と言われた方が、手術をせずに痛みなく生活が送れるようになっているというのをご存知ですか?今回は変形性膝関節症の痛みの原因を、病院とは違う観点からご紹介します。

 

◆変形性膝関節症の痛みの原因は変形だけではない?

 

「変形性膝関節症」の痛みの原因は一般的には膝の関節のクッション機能を果たしている軟骨が、長い間膝に負担がかかることで傷つき、骨が変形し関節に炎症が起こって痛みが生じていると言われています。それでは、変形してしまった部分が戻らない限り、膝の痛みはなくならないのでしょうか?実は変形してしまった部分が治っていないのにも関わらず、痛みなく生活できるようになっている方が何人もいるのです。ということは、骨が変形していることと膝の痛みはイコールではないということです。

 

しかし、骨が変形しているということは事実なので、骨が変形してしまう位膝に負担がかかっていたことは間違いないでしょう。なぜ膝にそれ程までの負担がかかってしまったのでしょうか?

 

◆変形性膝関節症の原因はカラダのバランスが崩れていたから?

 

変形性膝関節症の原因は膝が痛いから、膝だけが原因のように思われがちですが、カラダのバランスが崩れることで膝に影響を与えていることがあるのです。この図を見て下さい。

 歪みなし.JPG歪み.JPG

比べてみるとわかる通り、歪んでしまっている方の骨は左右の膝関節が変形して悲鳴を上げています。そして、骨盤も泣き顔になっていますね。これは膝関節がバランスを崩したことによって骨盤を歪ませている状態です。逆に骨盤が歪んでいれば膝関節にかかる負担も大きくなります。片方の膝が痛くなると、その後痛くなかった側の膝や腰にも痛みが出てくることがありますが、これは痛い方の足をかばうようになり、カラダのバランスが崩れてしまったからです。

 

日常生活の間違ったカラダの使い方や癖によって歪みや捻れが出てくると、筋肉などが過度に引っ張られたり縮んだりして固くなります。この状態が長期間続いていたことによって、骨が変形してしまう程の負担が、膝関節にかかっていたという訳です。

 

◆変形性膝関節症はカラダのバランスを整えることで良くなる?

 

変形性膝関節症は膝だけではなく、カラダ全体のバランスを整えていく必要があるのです。全身のバランスが整ってくると、膝関節周辺の筋肉が緊張から解放され、少しずつ動かせる範囲が広がっていきます。結果、膝関節にバランスよく体重が掛けられるようになり、正しく関節を動かすことができるようになっていきます。

 

カラダ全体のバランスが整い、正しい動きができるようになると、膝が変形している状態でも、膝周辺の組織にかかる負担を最小限にすることができます。また、膝の痛みが軽減してくると、膝をかばうカラダの使い方をしなくてすむので、バランスのよい状態が長く保てるようになり、変形性膝関節症の方でもやがて痛みのない普通の生活を送ることができるようになっていきます。

 

いかがでしたか?

変形性膝関節症の痛みの原因が、骨が変形してしまっているだけではなく、変形してしまう力が加わる位、カラダが歪んでしまっていたということをご理解頂けたでしょうか?そして、痛みのない生活を送る為には、その原因となってしまった全身のカラダの歪みを整える必要があるというわけです。

著者プロフィール

著者アイコン
小橋悟
子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 整体の仕事に興味を持つ。また、自身のひざの故障や人間関係に 悩んだ経験から「ココロとボディケアの プロフェッショナルになり社会に貢献したい」 という想いが強くなる。解剖学や運動学の本を読むのが趣味で、テキスト作りからセミナー講師までをこなしている。

関連記事