整体院 東葉コンディショニングができるまで

こんにちは。東葉コンディショニング代表の加賀谷です。 今回は、私が整体師になったきっかけ、東葉コンディショニング設立に至った経緯をお伝えさせて頂きます。

私の腰痛との闘いは、中学3年生の時、少年野球の試合中ベース上を駆け抜けた瞬間に突如起こりました。 歩けない程の激痛が腰に出て病院に…検査の結果、腰椎分離症と診断されました。 その後、病院で痛み止めの注射をしてもらったり、整体や鍼灸などの治療を受け、何とか痛みをこらえながら少年野球を終えることができました。

数ヶ月後どこの高校に行くのか決める際に、この腰痛で高校にいって野球が続けられるのか、不安で悩みましたが、小さな頃から甲子園に憧れていた私は、高校野球の名門 秋田商業に進学することに決めました。

 

高校一年生の夏休み頃から試合で度々使ってもらえるようになりましたが、悪いことに腰痛が再発。

「このチャンスを失うわけにはいかない!」

と思い、痛みを我慢し練習を続けましたが、これが結果的に裏目にでました。 激しい痛みに加え、足の感覚が無くなってきたため、家族に担がれて病院へ…。 そのまま車椅子に乗せられ、外来から入院病棟に移されてしまいました。 入院して1ヶ月後、痛みはあったものの、普段の生活にはそれほど影響が出ないと判断し退院。それからは、

「野球を思いきり出来るような体に戻りたい!」

その一心で、良いと聞けば、秋田県内はもちろんのこと山形・宮城・東京・神奈川までも出掛け、多くの治療院を訪ね歩き、何とか高校3年間好きな野球を続けることができました。 本当に、周囲の方たちの協力と素晴らしい治療家の方たちとの出会いが、そのころの私を支えてくれていたと思います。

その時に私は、

・体の不調で自分の力を発揮出来ずにいる人

・体の不調で人生に希望を持てなくなっている人

が世の中にたくさんいることを知りました。

そして、「健康とは何物にも変えられない かけがえのない宝」だと感じました。このような経験を通して、私は自分と同じように、今、現在苦しんでいる人たちの助けになりたいという思いから、整体師を志したのです。

素晴らしい治療家の先生、整体院があった反面、中にはこんな整体院もありました。 話を良く聞いてもらえない。 症状に対して説明をしてもらえない。 質問に明確な回答をしてもらえない。 痛いところをいきなり蹴られた。 ※凄い治療法でした。(涙) 真剣に治そうとする気持ちが伝わってこない。

など、不満や不安な気持ちを抱いたこともありました。

そんな経験から「あったらいいな~こんな整体院!」と思い ・患者さんとのコミュニケーション重視 ・体の不調を回復へ導く確かな技術 ・生活習慣などの根本原因の指導 ・治療家としての思いやりと向上心を持った先生の集団 ・明るく清潔で人が集まる空間作り を柱に作り上げたのが「東葉コンディショニング」です。 おかげ様で、かなり回り道をしましたが、このような整体院を持つことができました。

ここは、痛みでお悩みの方たちと本気で向き合う〝からだの専門院〟です。東葉コンディショニングは、痛みと闘うあなたを全力でサポートします。

お体の不調でお困りの方は、お気軽にご相談して頂ければと思います。

年間2万回の施術実績を誇る「からだの専門院」整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

著者プロフィール

著者アイコン
加賀谷慶太
「カラダの不調で苦しんでいる人の助けになりたい」という思いで千葉県八千代市に東葉コンディショニング八千代院を開院。その後、千代田区東神田にも東葉コンディショニング東京院を開院。 八千代院、東京院合わせて年間2万回以上も施術する整体院になる。独自の整体療法「QPR法」で高齢の方からスポーツ選手まで幅広い年齢層の方を健康に導く。書籍「腰痛解消!神の手を持つ15人」へ3回連続掲載。日本テレビの「スッキリ!」や千葉テレビなどメディア出演も精力的に行う。

関連記事