歩き方が原因で腰痛になる人が急増!あなたの歩き方は大丈夫?

歩くことは生活する上で最も多く行う運動です。そのため正しい姿勢で歩くことが非常に重要なのです。正しい姿勢で歩くことによって初めて、全身のバランスもとれるようになります。


しかし、生活の中で最も多い運動である歩行が正しい姿勢で行えていないと、すぐに疲れてしまったり、外反母趾になったりします。特に、この歩き方が原因で腰痛になる方が増えているのです!!

◆腰痛の原因になる歩き方の癖!

歩き方によって腰痛になってしまう人の特徴があります。この機会に確認してみましょう! 歩き方の癖を知ることが出来ますので見てみましょう。

1・靴のかかとに注意!

自分の靴を見てください。靴のかかと側が減っていませんか?これは背中が丸くなって猫背になっていたり、歩く時いつも膝が曲がってしまっている人に多く見られる特徴です。

2・左右の靴底確認!

右か左の靴底だけが減っている場合も、注意が必要です。歩いている時に身体が左右にゆれている人やカバンやバックをいつも片側に持つ人に多く見られる特徴です。

3・靴底の外側がすり減っている・・

靴底の外側がすり減ってしまっている場合O脚であったり、すでに腰痛である人が多いです。


自分の歩き方や靴を見て心当たりがありましたか? 正しい姿勢で歩けていたでしょうか?
もしも心当たりがあったらこれから紹介する正しい歩き方を心がけて改善しましょう。

 

◆腰痛の原因になる歩き方改善!

先ほど書いた3つの歩き方について、改善方法をご紹介します。普段の歩き方から少しずつ改善していきましょう!

1・靴底のかかとが減る人の場合、だらだらと歩く癖があるかもしれません。そこで気をつけたいのが・・

●背筋をまっすぐにして、猫背にならないように意識して歩くようにすること。

●歩幅はなるべく一定の間隔で、一歩一歩広く歩くようにしましょう

2・右左の靴底がすり減る人はカバンやバッグをいつも片側に持っているため、身体が傾いてしまっています。そこで意識する事は・・

●カバンを持つ手を時々変えて、片方だけに負担をかけない。

●背中が丸まりがちな人に多い特徴ですので、背中を伸ばすよう意識する。

3・靴底の外側が減る人の場合、体が右・左に揺れながら歩いている可能性があります。

いかがでしたか?腰痛の原因は普段の歩き方が原因かもしれません。毎日の歩き方から気をつけて身体の負担を減らし、腰痛にならないように注意してみましょう!!

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

関連記事