手首を動かすと音が鳴る?!その音の正体とは・・・?

手首を動かすと音が鳴る・・・そんな経験ありませんか?その音は「コキコキ」「ゴリゴリ」「ポキポキ」といった音ですか?それとも「ギシギシ」と雪を踏みしめたときのような音ですか?実は音によって症状が違います。放って置くと痛みが出てくることもありますので要注意!!

 

◆手首が鳴る!?その音の鳴り方によって症状が違うのです。

手首の「関節を動かした時に音が鳴る理由は諸説ありますが、そのなかでも今回は「関節の緩みによって音が鳴る」という説について説明していきます。

 

手首を動かした時に「コキコキ」、「ゴリゴリ」、「ポキポキ」という音が鳴る場合、関節の緩みが原因と考えられます。手首には、たくさんの骨が繋がっています。その骨と骨の関節が緩んでいると動かしたときに「コキコキ」「ゴリゴリ」「ポキポキ」という音が聞こえるようになっていきます。関節には動かすことのできる範囲(可動域)があります。この可動域を無視して無理に曲げたり、伸ばしたりすると、本来なら痛みが発生して、それ以上動かないよう制限がかかります。しかし、関節が緩くなっていると、可動域を超えて動いてしまい関節から音が鳴るようになるのです。。

 

手首を動かした時に「ギシギシ」という音が鳴る場合、筋肉と骨をつなぐ腱に損傷が生じている可能性があります。「ギシギシ」といった音は関節に対して負担がかかっていることを表しています。そのため「コキコキ」と音が鳴ることとは反対に正常な状態よりも関節の空間が狭くなっています。関節が狭くなってしまい筋肉が固くなることによって、関節、腱が圧迫されてしまい、痛みが発生してしまいます。また、前腕(手首から肘にかけての部位)が固くなればなるほど手首の関節が圧迫されて狭くなり、動かす時にギシギシと雪を踏みしめたときのような音が鳴るようになります。

 

◆関節のゆるみも危険!音が鳴り続けると・・・?

「ギシギシという音が鳴った時は腱鞘炎の可能性があるけど、コキコキという音なら大丈夫じゃない?」と思った方。実はその音も放っておいて良いというわけではないんです。

関節の「ゆるみ」の原因は、捻挫の後遺症や老化といったものが考えられます。特に捻挫の後遺症は、受傷時にしっかりとした治療を行わなかったために、靭帯が引き伸ばされたままで放置されていたことが多いようです。関節の「ゆるみ」は可動域を広くしてしまうため、捻挫の再発がしやすいという状態を作ってしまうことがあります。

◆手首の音が鳴るようになったらどうすればいいの?

音が鳴る場合、筋肉や関節に負担がかかっている状態で、手首の関節がずれている可能性があります。東葉コンディショニングではこういった症状に対し、腕全体のねじれを解消していき、その上で手首の筋肉の負担を減らし、関節を正しい位置に戻していきます。また、肘にかけての前腕部分の硬さを取って腕全体が動きやすいように調整していきます。

今まで気にしていなかった手首の音。その音は手首が痛くなる前のサインかもしれませんよ。心当たりのある方は一度当院での施術をオススメします!

 

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。

関連記事