健康の為に毎日1万歩、歩かないといけないって本当?

健康の為に歩いているという60歳以上の方に話を聞くと「毎日1万歩、歩いています」「今日は8千歩だったからあと2千歩歩かないとダメだ」と答える方がいます。

皆さんも、この1日1万歩を目標に歩いていませんか?今回はこの1日1万歩の理由と、歩く意味について考えてみましょう。

 

●健康の為に歩き始めたけど、カラダを壊す人が続出!?

 

健康の為に歩き始めたものの、いつの間にか毎日1万歩を歩かなくてはいけないと不安になり、痛みがあってもムリして歩き続けてしまう方がいます。昨日まで歩けていたのに突然歩けなくなったという方が続出しているのです。健康の為に歩行を始めたつもりが逆に健康を害してしまっていては本末転倒です。そもそもこの1日1万歩という数字はどこから出てきたものなのでしょうか?

 

●1万歩歩行はカロリー消費と関係がある

1万歩 歩行の謎はカロリー消費と関係があります。厚生労働省によると、成人の摂取カロリーはこれまで平均2200kcalと言われていました。生命維持に必要なカロリーは人によって違いますが、1300~1500kcalといわれています。日常生活を送る上で600~800kcalは消費されるのですが、これでは1日当たり100~300kcal余ってしまう計算になります。

 

体重60kgの人が1分間100歩のペースで歩くと約3.3kcalを消費するといわれているので30分歩けば約100kcalが消費されます。つまり300kcalを消費するのに、9000歩=90分となります。それでは覚えにくいので、1日1万歩=100分という数字が広まったというわけです。

 

●歩数の基準は変化する

しかし、この歩数の基準が変わってきているのです。厚生労働省は「日本人の食事摂取基準」を5年ごとに改定しています。これまでは「推定エネルギー必要量」を1日の食事摂取量の目安としてきました。しかし、太っている人や痩せている人など体格が異なるのに、カロリー摂取基準を示すのは難しいということで2015年から体重と身長の関係から人の肥満度を示す体格指数「BMI」※の目標値を示すことになったのです。目標数値の範囲は18~49歳は「18.5~24.9」、50~69歳は「20~24.9」、70歳以上は「21.5~24.9」で男女共に同じです。

 

※BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}

 例【45kgで身長が158㎝ならば 45÷(1.58X1.58)=18.0259 =約18】

 

1日1万歩というのは、これまでの平均摂取カロリーの消費が基準であって年齢や体格、性別、身体の状態までは考慮していません。4千歩で十分な方が無理に1万歩も歩くと逆にカラダを壊してしまうことがあるのです。

 

●健康の為に歩くなら自分のことを理解しましょう

健康の為に歩くなら何を解消するために歩くのかについて考えてみてください。

 

・運動不足解消のために歩くのか?

・ダイエットのために歩くのか?

・気分転換のために歩くのか?

それによって最適な歩数や歩行時間は変わってきます。

 

更にその人の「年齢」や「摂取カロリー」「活動量の違い」「カラダの状態」なども

考慮しなければなりません。そのためにも自分自身のカラダについてきちんと理解しておくことが必要なのです。

 

 

如何でしたか?1日1万歩の理由と健康の為に歩くには、まず歩く目的と自分のカラダのことをよく知った上で、歩く歩数を決めるということが理解できたでしょうか?これからも健康な楽しい歩行ライフを送っていきましょう。

 

著者プロフィール

著者アイコン
小橋悟
子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 整体の仕事に興味を持つ。また、自身のひざの故障や人間関係に 悩んだ経験から「ココロとボディケアの プロフェッショナルになり社会に貢献したい」 という想いが強くなる。解剖学や運動学の本を読むのが趣味で、テキスト作りからセミナー講師までをこなしている。

関連記事