脱・不妊!骨盤の歪みを見直して、赤ちゃんを迎えよう!

「赤ちゃんが欲しい!」と思い、そのことで悩んでいる女性が多くいらっしゃいます。私もそう強く思い、悩んだ経験のある一人です。ですが、天からの授かりものとはよく言ったもので、こればかりはいくらお金があっても努力家であっても、「運」を味方につけない限り、どうにもならない部分も大きいのが現実です。そこで今回は、「運」を味方にするヒントになるかもしれないお話をしたいと思います。

 

◆「妊娠」「不妊」ってどんなもの?

 

妊娠とは、お母さんの胎内(子宮内膜)で受精卵が着床してから発育するまでの状態、およびその経過を指し、排卵 → 受精 → 着床という経過をたどり成立します。そして不妊とは、「避妊をしていないのに、12ヶ月以上にわたって妊娠にいたれない状態」とされています。近年、女性の晩婚化により高齢出産や不妊が増えています。

卵子の数は胎児の間に作られたものが全てで、生まれた後に増加することはありません。出生時に卵巣内にある約200万個の卵子は、排卵が起こり始める思春期頃には約30万個まで減少すると言われています。また、女性の持つ卵子は『生まれた時から持っているもの』ですから、高齢で妊娠を望むのであれば、当然卵子も年齢と同じだけ老化しているため、そのことが原因で妊娠しづらくなっている事も考えられます。

また、「不妊」というと、日本では昔から女性に問題があると考えられてきましたが、実は男性側になんらかの原因がある場合も多くあるのです。女性だけに原因があるのは41%ですが、男性だけの原因・男女双方の原因はともに24%ずつ。つまり、男性不妊の割合は合わせて48%あると言われているのです。(残りの11%は原因不明と言われています。)

図1.png                     

 

◆「不妊」情報に振り回されている?

 

赤ちゃんが欲しいのになかなかできない、検査をしても異常はないのにどうして?という声も多く耳にします。また、一人目は自然にできたのに、二人目ができないという、いわゆる「二人目不妊」の問題も大きいようですね。

私自身、一人目も二人目もなかなか妊娠できなくて、特に二人目は年齢的にも焦った経験があります(当時34歳)。

そんな不妊ですが、ストレスが原因になる事も多い、という話は皆さんも耳にしたことがあるのではないでしょうか。

よく聞く有名なものに、「不妊治療をやめたらプレッシャーから解放されて妊娠した」という話があります。

「赤ちゃんが欲しい」という強い気持ちや周囲の環境は、確かにプレッシャーやストレスになりますが、ここでちょっと覚えておいて欲しいのは、『情報過多』もストレスになる可能性があるということ。

このページも情報の一つなので、私がこんなことを言うのは矛盾を感じなくもないのですが、妊娠を望む方、特に不妊治療をされている方の多くはとても勉強家であるため、妊娠についての基礎知識はもちろん、不妊治療の種類、自分と似たような状態・環境の方のブログをチェックし、良いと言われるサプリメントや漢方薬を試し、果てはよく効くおまじない(?)やお守りのような神頼みまで、様々な情報を収集しています。

もちろん、知識が増えることで体調管理に気配りができ、妊娠の可能性が高まる事もあります。ただ、赤ちゃんを望むがあまり、意識が妊娠することばかりにフォーカスされていませんか?

ちょっと周りが見えていなかったかも・・・と思った方は、まずは深呼吸!!

そして、お腹周りに集中していた視点をちょっぴり広くしてみましょう。

 

◆骨盤の歪みを見直し、体質改善を!

 

妊娠を望む方にまず考えていただきたいのは、「今、カラダはどんな状態?」ということです。

ここで言う状態とは、不妊治療に関するものではありません。

持病もないし、月経不順や生理痛のような決定的な不調もないから私は健康よ、と思ったあなたも、もう一度カラダと向き合ってみましょう。

冷え性はありませんか?偏頭痛がたびたび起こったり、肩や首のコリはどうですか?便秘がちであったり疲れやすい・・・等の「なんとなくトラブル」はありませんか?

これらの多くは、カラダの歪みから発生した全身の血行不良や内臓の圧迫などから引き起こされます。

カラダに歪みがある状態とは、当然、「子宮を含めた内臓」に負担がかかっている状態なので、場合によってはなかなか妊娠できない、ということがあっても何ら不思議ではありません。

そして子宮はあなたのお腹の中で赤ちゃんが育つ間くるまる「お布団」です。

私たちがそうであるように、赤ちゃんだって、歪んでつぶれた子宮にあるセンベイ布団では寝たくないでしょう。

まずは、お母さんの骨盤の歪みを矯正し、カラダをバランスの良い健康な状態にして、干したてふわふわの、赤ちゃんが過ごしやすい「お布団」を用意してあげましょう。

赤ちゃんがほしいと思っている方にとっては妊娠できるかどうかが一番重要なポイントでしょう。

けれどもその前に、まずは妊娠を望むあなた自身に健康になって欲しいと強く思います。

妊娠はあとからついてくる!と、肩のチカラを抜くことができれば、「運」を引き寄せることにも繋がるかもしれませんよ。

著者プロフィール

著者アイコン
福嶋靖子
「家事や育児疲れで困っているママさん達の力になりたい」という想いで、自身の育児経験と整体師としてのノウハウを活かした施術やアドバイスは、ママさん達から熱い支持を受けている。2児の母。

関連記事