手首の捻挫は子供に多い?!捻挫の対処法を覚えて捻挫癖をつけないようにしましょう!

手首の怪我と言えば「捻挫」を思い浮かべる人が多いと思いのではないでしょうか。実は手首の捻挫は大人よりも子供の方がなりやすいということ知っていましたか?子供が手首の捻挫した時、あなたはどう対処しますか?手首を捻挫した時の正しい対処法を覚えましょう。

 

◆手首の捻挫は子供の方がなりやすいのはなぜ?

転んだ時に手をついて手首を捻った経験はありませんか?特に子供の手首の捻挫はとても多く発症しています。理由としては、大人よりも活動的であるため、怪我のリスクが高いことや、子供は体格の割には頭が大きく大人よりもバランスが悪いため、転倒しやすく、手を付く回数が多いからです。さらに大人の場合、骨や筋肉が強いため、多少の衝撃なら耐えることができますが、子供はどちらも発達段階のため衝撃に弱いことも原因として考えられます。

 

◆子供が手首を捻挫をしてしまった!そんなときの対処法は?

お子さんが手首の捻挫をしてしまった時、まずは手首を動かさないように固定し、安静にさせます。捻挫して時間が経ってくると熱をもってくるのでアイシングや冷湿布などで10分~15分冷やすようにしてください。応急処置を適切に行わないと痛みが増してしまう可能性があります。それでも痛みが続いた場合、腫れが収まらない場合は骨折を疑い、早めに医療機関に行くことをおすすめします。

 

ここからの話はあまり知られていませんが、子供の身体はまだ発達段階にあり、手の関節に成長軟骨が存在しています。成長軟骨とは、骨端線(こつたんせん)と呼ばれる部分のことを指します。骨端線は、骨の両端にある軟骨部分なのですが、この軟骨部分、つまり骨端線が膨張することで、骨が大きくなり、成長するにつれて腕が長くなる、手首が丈夫になります。

痛みが続いた場合、この成長軟骨にも損傷が加わっている可能性があります。成長軟骨が損傷してしまうと、左右の腕の長さに差が出る、手首の骨が変形してしまうなど、お子さんの成長に大きく影響します。だから、初期の対応が大切です。

 

 

◆捻挫を癖つけないようにするには?

捻挫を一度してしまうと、また捻挫をしてしまう可能性が高くなります。足の捻挫でも頻繁に聞く「捻挫癖」というものです。

この捻挫癖をつけないようにするために親御さんが心がけることは、

・捻挫の症状がなくなるまでは、お子さんの手首を固定し安静にさせる

・症状が弱くなってきてもケアを怠らないようにする 

ことです。

捻挫癖がついてしまうのは、痛みが弱くなってきたらすぐに動かしてしまい、また捻挫してしまうことが原因です。整体院 東葉コンディショニングには野球やバレーボールなどで捻挫した子供が多く来院されます。手首の捻挫を発症した時、手首から腕、肩にかけて捻じれが入っている状態です。私たちはこの捻じれを正しい位置に戻す事で、痛みを緩和し、早期回復につなげていきます。

 

「安静にしていたのに、なかなか痛みが引かない」、「4日後に大会がある」、「記録会があるので早く治したい」といった場合は、一度東葉コンディショニングにご相談いただけたらと思います。

 捻挫は一番発症しやすい怪我です。また、癖になってしまう可能性が高い症状なので、発症直後の応急処置、日にちが経ってもケアを怠らないようにすることが癖を付けないための近道です。

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。

関連記事