女性に多い骨盤の歪み・・横座りに原因が!?

家等でくつろいでいる時に、自然と「横座り」をしていませんか?そんな方は要注意! 実は「横座り」は、体の様々な箇所に負担をかけてしまい骨盤が歪む原因になっているのです!!

 

◆横座りを続けると・・・

例えば右に足を出しての横座りをしていると、股関節が斜めにねじれてしまうため、骨盤も傾斜した状態になってしまいます。本来首から真っ直ぐ伸びている背骨が腰の位置(腰椎)から曲がってしまうのです。横座りを何気なくしているだけで、骨盤だけでなく背骨まで曲がってしまうのです。

横座りが習慣化している方は、いつもどちらか決まった足を崩して横座りしていることがほとんどです。その状態が続くことで骨盤が歪んでしまうのです。

骨盤の歪みは下半身のむくみや、代謝が悪くなり痩せにくくなる原因にもなりますよ!

 

◆姿勢が悪くなる

横座りをしていると体が斜めに傾くため、そのバランスをとろうとして腰や背中が逆方向に曲がり大きな負担をかけてしまうのです。そして、先ほどもかきましたが大半の方は決まった側の足を崩すため、これがさらにゆがみの原因となり、腰痛などを余計に悪化させてしまう原因になります。

腰に負担がかかる座り方を日常的に続けてしまう事になるため、背骨が曲がり、正しい姿勢を取れなくなってしまいます。

 

◆血液循環を悪くしてしまう

横座りをすると股関節が圧迫されてしまうため、血流が悪くなります。また横座りで傾いた身体を筋肉で調整しようとするため負担がかかり血流の流れを悪化させてしまう原因になります。

血流が悪化すると、体に血液が循環しにくくなってしまうため一日の疲れが取れなかったり、体の節々の痛みに繋がってしまいます。

 

◆座る時の注意点!!

座るときは横座りを避けて、なるべく足を投げ出して座ると足は楽になります。ひざが伸ばしきれないと言う方は、ひざ裏にクッションや丸めたバスタオル等を置いてその上に足を寝せると、軽く膝が曲げられる状態になり姿勢も安定しますよ。座るときは“正座”や“あぐら”で、腰が丸くならないよう坐骨を意識すると座ったときに骨盤が歪みにくくなりますよ!

 自分で出来る骨盤の歪みを矯正する方法もご紹介!骨盤矯正して整えた骨盤を歪まないように、座り方から見直してみましょう!

 

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!
 

     お悩み解決のための電話はこちら! 東京院TEL_a.png

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

お悩み解決のための電話はこちら
TEL八千代院_.png

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。

関連記事