なぜ定期的にカラダのゆがみを整える必要があるの?その理由は!

腰痛や肩こりがきっかけで整体院に通院していて、「定期的にカラダのゆがみを整えたほうが良いですよ!」と言われた経験のある方も多いのでは?
ではなぜ、定期的にカラダの歪みを整えたら良いのか!?今回はその理由について書いてみたいと思います。

◆虫歯もカラダの痛みも予防が大切

虫歯がなくても、定期的に歯医者に通って虫歯の原因になる歯垢のクリーニングを受けている方は、多いと思います。虫歯になって一度削ってしまった歯は、二度と元に戻すことはできないし、虫歯で治療を繰り返すたびに、歯はますます弱くなり、最後には歯を失ってしまうかもしれません。やはり、できるだけ自分の歯で長い人生を過ごすためには、定期的に歯垢のクリーニングを行い、清潔なお口の状態を維持し、虫歯や歯周病の予防をする必要があります。

物を食べると歯垢がたまるように、人間には利き手、利き足があり、普段の生活を送っているとカラダは自然にゆがんでいきます。
歯垢がたまると虫歯になるように、カラダのゆがみは偏ったカラダの使い方になり、ある部分の関節や筋肉にストレスを掛け続けます。その結果、痛みを発症し、慢性化、さらには骨が変形し、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症・股関節症、椎間板ヘルニアなどになる可能性が高くなるのです。

◆カラダが歪んでいると正しくカラダを使えなくなる!?

「どこもカラダが痛くない」という方でも、カラダの使い方をチェックすると、正しくカラダを使えていないケースが多々あります。これは、骨格が歪んでいると、その上を滑走する筋肉が本来の位置で動くことが出来ず力を発揮することができなくなるため、左右アンバランスな動きになってしまいます。このようなカラダの使い方を普段の生活の中でしていると、ある部分に過度な負担が掛かり、疲労を起こし更には痛みの原因に繋がっていきます。

当院での整体施術のビフォーアフター動画を見てください。カラダの歪みが原因で、正しくカラダを使うことが出来なかったのが、施術でカラダの歪みを整えたあとは、本来の筋肉の働きができるようになり、バランスよく体を動かすことが出来るようになっています。

◆本来のカラダの能力を引き出すことが慢性痛の予防になる

皆さんどうでしょう?カラダの歪みが本来のカラダの動きを阻害してしまうことが理解できたでしょうか?日頃からカラダの歪みを整えることで、
・痛みの予防ができるので、安心して生活ができる。
・カラダ本来の動きができることで、カラダのパフォーマンスが上がり、疲れにくくなる。
・免疫力がアップし季節の変わり目や温度変化などに対する抵抗力がつく。
・痛みが出てもカラダが良い状態を覚えているので回復が早い。
などの効果が期待できます。

◆「カラダのゆがみ取り生活」を実践しよう

今、カラダに痛みやシビレがある方は、カラダのゆがみを整え、正しいカラダの使い方をできるようになることが、症状改善のための近道です。
また、痛みが無くなっても定期的に通院してカラダを正しく使える状態に戻しておくことが、将来関節などを手術しないための予防になります。
虫歯予防に定期的な歯垢のクリーニングを行うように、カラダのゆがみも定期的に整え、正しくカラダを使える状態にしておくことが将来の健康生活を手に入れるための秘訣です。是非「ゆがみ取り生活」を実践していきましょう。

著者プロフィール

著者アイコン
加賀谷慶太
「カラダの不調で苦しんでいる人の助けになりたい」という思いで千葉県八千代市に東葉コンディショニング八千代院を開院。その後、千代田区東神田にも東葉コンディショニング東京院を開院。 八千代院、東京院合わせて年間2万回以上も施術する整体院になる。独自の整体療法「QPR法」で高齢の方からスポーツ選手まで幅広い年齢層の方を健康に導く。書籍「腰痛解消!神の手を持つ15人」へ3回連続掲載。日本テレビの「スッキリ!」や千葉テレビなどメディア出演も精力的に行う。

関連記事