夏場の紫外線対策には水素水がオススメ!

最近では日差しが強くなり、紫外線を気にする方も増えているのではないでしょうか?外では日傘をさしながら歩いている方を見かけるようになりました。

紫外線が肌や身体に悪いという話を聞いたことがある方は大勢いると思いますが、「シミやしわが増えるから浴びないようにする」くらいの感覚なのでは?

今回は、なぜ紫外線が身体に悪影響を及ぼすのか?どのように対策したらよいのかということについて書いてみたいと思います。

◆夏場、気になる紫外線とは?


日差しは、

・人の目でも分かる可視光線
・目に見えない赤外線
・紫外線

に分けられます。紫外線は、若々しい肉体をキープする上では大きな障害になることがよく知られており、シミやシワといった肌トラブルの原因となります。ひどいときには白内障や皮膚がんのような重大な病気を招く可能性もあるのです。
そんな病気の原因になりかねない紫外線ですが、実はその原因を作ってしまっているのは「活性酸素」なのです。

◆紫外線は美容の天敵!その原因は?

水分補給してますか?という記事で活性酸素は体に良くないものと書きましたが、本来、活性酸素は私たちの身体の細胞を外部から守るために作られているものなのです。強力な酸化作用を持っているため、体内に侵入してきた有害物質を退治する働きがあります。

紫外線も人体にとって有害な物質です。そのため、紫外線を浴びると活性酸素が発生し、活性酸素は紫外線を退治しようと働き始めます。しかし、長時間紫外線を浴びていると活性酸素が増えすぎてしまい、活性酸素の殺菌能力は非常に強いため、増えすぎた活性酸素は逆に細胞に悪影響を及ぼし、他の病気の原因にもなってしまいます。

◆紫外線による活性酸素の影響

紫外線は肌や体の表面から体内に入ってきます。
そのため、一番影響を受けやすいのが皮膚や目なのです。では、紫外線の影響は身体にどのようなことを起こしてしまうのでしょうか?

・皮膚への影響

紫外線を浴び、皮膚で活性酸素が発生すると、皮膚の脂質が酸化してしまいます。すると、シミを生む原因となる過酸化脂質という物質が体内で作られてしまいます。また、コラーゲンや線維組織など、注目されている美肌効果をもつ成分も一緒に酸化してしまいますので、肌の潤いがなくなり、シワの原因にもなります。

これからの季節、太陽光を直接受け紫外線を浴びた場合、発生する活性酸素もそれだけ強力なものとなります。最悪の場合、皮膚がんを発症する可能性も考えられます。

目への影響

紫外線を浴びて、目に活性酸素が発生すると、眼球内の水晶体という部分の成分が変化してしまいます。すると白内障になる可能性が高まり、結膜も傷ついてしまうため、かゆみや痛みの原因にもなります。

◆夏場の紫外線対策には水素水!


活性酸素は呼吸をしているだけでも発生してしまうので、これを抑えることは難しいですが、活性酸素に効果抜群の水が存在します。それが最近話題の「水素水」なのです!!この水素水は体内で発生した活性酸素と結びつき無害な水へ変えてくれる効果を持っています。もともとは身体を守るために作られた活性酸素。すべて無害なものにされては身体を守れません。しかし、体内に入った有害物質と戦っている活性酸素ではなく、増えすぎてしまったものとだけ結びつくため、必要な活性酸素は残してくれるのです。

体内の活性酸素を増やし過ぎず、減らし過ぎないよう調整してくれる水素水を飲んで、若々しい体作りを始めてみませんか?病気の予防にもなり、健康でキレイな身体になりましょう!!


今、話題の水素水サーバーなんとが3980円で飲み放題!!
自宅のお水を水素水にして体の内側からキレイになりましょう!!

aquabank.jpg

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。

関連記事