腰椎椎間板ヘルニアと腰椎分離症ってよく聞くけど・・・その違いって??

最近では腰痛になる人がものすごく増えてきています。
その中でも、若い年代に多い腰痛でよく耳にするのが「腰椎椎間板ヘルニア」と「腰椎分離症」です。皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
どちらも動くのが辛くなるほどの痛みやシビレが表れる症状であるため、病院での診断が無いと間違えやすいです。腰痛の代表格であるこの二つの症状ですがその違いって何でしょう??
 

◆腰椎椎間板ヘルニア

 
「ヘルニア」という言葉には「飛び出る」という意味があります。腰椎椎間板ヘルニアとは腰椎(腰の骨)の椎間板という部分が飛び出しているという意味になります。
腰への過度な負担が続くことで、腰椎と腰椎の間が圧迫され、クッションの役割を務めている椎間板が潰されてしまい、飛び出てしまったものが、神経に触れることで痛みやシビレといった症状が出てきます。腰を大きく捻じったり曲げたり、反らしたりという動きが腰椎椎間板ヘルニアの原因の一つです。
偏った動きを繰り返すことで、椎間板が圧迫され、左右どちらかに飛び出てしまい神経を圧迫してしまうため、椎間板が飛び出した方にシビレの症状が出ることが多いです。腰椎椎間板ヘルニアの場合、腰の痛みに加え左右どちらかの足にシビレが出てきます。
 

◆腰椎分離症とは?

 
分離症とは、大まかに言ってしまうと腰椎の骨折です。
腰椎の椎弓という部分が過度な負担や疲労によって、衝撃に耐えきれなくなり、疲労骨折を起こしてしまい、腰椎が分離してしまっている状態を腰椎分離症と言います。腰椎分離症では腰椎同士がずれてしまっている状態です。本来正しい位置にあるものがずれてしまうので度々腰痛が引き起こされてしまいます。
また、腰の周りを通る神経も腰椎がずれることによって圧迫されてしまうので、腰や足にしびれの症状が表れます。ヘルニアのように、身体の片方だけではなく全体的にシビレが出ることがあります。
 
 

同じように腰の痛みと足のシビレが出ても、その原因は違います。最近ではインターネットで症状や改善方法など簡単に調べることができますが、中には間違った情報もあります。一度しっかりと検査をしたうえで、自分の身体がどうなっているのか把握することが大切です。
ですが、時間がなくてなかなか病院に行く時間を作ることが出来ないという方もいると思います。そんな時は自宅で出来る簡単ヘルニアチェックを紹介してますのでぜひ自分で行ってみてくださいね!!
 
 
年間2万回以上の施術回数を誇る整体院が自信をもってお勧めする腰痛体操があります。自宅で簡単に行うことの出来る腰痛解消ストレッチをぜひ試してみては??

 
 
~5千人以上が実践!!抜群の効果を誇る腰痛解消ストレッチ動画を大公開!!無料メール講座の登録は↓!!~
stpbn1022.jpg

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。

関連記事