ぎっくり腰に効果抜群!四つん這い施術法!

一旦ぎっくり腰になると、1週間はなかなか思うように動けないことが多いですよね。でも、仕事や育児で一刻も早く治したい!!という方におすすめの四つん這い施術方法があります。


 

◆病院で行う一般的な治療法

ぎっくり腰で病院に行かれた経験のある方なら分かるかと思いますが、歩くのにも激痛が走る状態の中、病院に行ったのにシップをもらって終わってしまった・・・。なんてこともあるかもしれません。

基本的にぎっくり腰になった場合は楽な姿勢で安静にしているのが効果的です。熱を持って炎症を起こしている場合は冷シップを、炎症が取れて筋肉が緊張している場合はお風呂に入ったり等、腰を温めるようにしておく事で時間とともに痛みが和らいでいきます。

 

◆効果抜群!!四つん這いで行う独自の施術法

四つん這い.jpg

このように四つん這いの姿勢をとるとぎっくり腰の痛みが楽になることが多いです。その状態で足首など、腰の痛い箇所から遠い筋肉をゆっくりと優しく緊張をとっていきます。ぎっくり腰になるほど緊張している筋肉を直接何かするのではなく、全身から緊張を取っていく事で自然に身体の力が抜けていきます。そして、この四つん這いの姿勢になっていることで身体の緊張が取れていくと、上からかかる重力の影響で自然と背中に生理湾曲がついてきます。

自分でこの四つん這いの姿勢をとってみるのも効果的です。痛みの出ない角度を調整しゆっくりと深呼吸してみて下さい。だんだんと楽になっていくのが分かるかと思います。またご家族に軽く背中の辺りをさすってもらうと筋肉の緊張が解けやすくなります。

真っすぐに伸びてしまった背骨に生理湾曲を戻してあげることで、動けないくらい痛かったものが少しずつでも動けるようになっていきます。ある程度痛みが引いて来たら、ぎっくり腰になった原因と思われる普段の姿勢や、生活習慣などから生まれる歪みを調整することで再発防止にもつながります!!

 

◆定期的なメンテナンスが大事!

ぎっくり腰を経験して、生活習慣や姿勢を気を付けている方も大勢いるかと思いますが、やはり自分の感覚では身体にどの程度負荷をかけてしまっているのかわからないものです。

なので、症状が残っているうちは短い期間に集中的に。ある程度症状がおさまったら、週に1回~月に1回程度、身体の歪みを整えると再発予防につながります。

整体院 東葉コンディショニングでは、歪みを整えるだけではなく、生活習慣や姿勢のアドバイスも行っています。腰痛の方向けに、自分で歪みをそろえるストレッチ動画など腰痛改善に役立つ情報を無料で発信していますので、ぜひ登録してみてください。

~5千人以上が実践!!抜群の効果を誇る腰痛解消ストレッチ動画を大公開!!無料メール講座の登録は↓~

stpbn1022.jpg

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。

関連記事