睡眠の質を改善する為のベストな環境って?

睡眠の質を改善する為のベストな環境を知っていますか? 人は一日のうち1/3~1/4を使って、寝室で眠ります。 その寝室が落ち着かない環境だったらどうなるでしょう。 眠れなくて目が覚めたり、夢でうなされそうです。 今回は睡眠の質を良くする為の方法をご紹介します。


 

◆睡眠と音楽の関係

車の音や近所からの物音など、いやな雑音が入ってくると眠れなくなりますよね。でも、全く音がない状態よりも、少しだけ音があったほうが眠れる、という人もいます。例えば睡眠中音楽をかけるなら、クラシックや静かな音楽がオススメです。また、カーテンやじゅうたんには室内外からの防音効果も期待できます。

◆睡眠と湿度・温度の関係

睡眠と湿度温度の関係は夏の室温は25℃、冬は10~15℃、湿度は50%が良いとされています。 これらの温度より約3℃、冷房は高め暖房は低めに設定するとよいでしょう。 また、布団の中の温度は33℃、湿度は50%が良いとされています。 人は眠っている間に寝返りを打ったり布団の中で丸くなったりして、布団の中の湿度を調節しているのです。

 

◆睡眠と光の関係

睡眠と光の関係となると浮かぶのは寝る時の明かりについてでしょう。室内の明るさは20~30ルクスが良いとされています。この明るさはおぼろげに物が見える程度です。カーテンは朝日が入る程度の厚さを選びます。遮光カーテンを使うときは、朝日が入るように少し隙間を開けるようにしましょう。原色に近い色は明るくて質のいい睡眠には向きません。

 

◆睡眠と香りの関係

睡眠と香りの関係については眠る前に、心が落ち着く香りを嗅いでから布団に入ると寝つきが良くなります。アロマオイルには、ラベンダー、カモミール、ローズ、マジョラムなど睡眠を促す香りがあります。

 

◆睡眠をとる際の環境を少し工夫するだけでも...

このように睡眠の質を改善する為の方法はいくつかありますが、この全てを実行しなければならないという訳ではありません。 何か一つでも実行して効果があったものを生活に取り入れてみて下さい。 睡眠の質を改善すると翌日の仕事もスッキリ行えるかもしれませんね。

著者プロフィール

著者アイコン
小橋悟
子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 整体の仕事に興味を持つ。また、自身のひざの故障や人間関係に 悩んだ経験から「ココロとボディケアの プロフェッショナルになり社会に貢献したい」 という想いが強くなる。解剖学や運動学の本を読むのが趣味で、テキスト作りからセミナー講師までをこなしている。

関連記事