「なぜ起こる5月病?5月の疲れは成長の証!」

4月から新たな環境での生活が始まると、仕事や勉強、人間関係など色々なものを1から学んでいく必要が出てきます。今までの考え方・やり方では通用せず、異なるものを要求されたり、新しいことにチャレンジする必要があったりと、この1ヶ月大変な日々を過ごしてきた方も多いのではないでしょうか?

 

そのように環境が変わると脳の使い方も変わり、最近何もしたくない、どっと疲れが出てきたと脳に疲れが出てきてしまいます。これが、巷で言う「5月病」の正体です。


 

◆5月病!脳内で何が起こっているのか?

 

では、この5月病の時、脳内では何が起こっているのでしょうか?

 

まず、例えば全力で走った時を考えると普段よりも呼吸が速くなります。

これは、身体が働いたことで、酸素が使われ、必死に肺から酸素を体に取り入れようとしているためです。

 

5月病は、脳で同じようなことが起こっているのかもしれません。

 

脳は、初めて行うことに特別に過剰なエネルギーを使います。初めての登校や出社など、前日から気合いが入り、緊張して中々眠れないなどの経験をした人も多いですよね。

こんなに緊張した日には、新しいチャレンジをやり遂げるために、慣れた活動をしている時よりも脳で使う酸素の量が全体的に増えているのです。つまり、全力で、脳を働かそうとしています。そして、脳が活発に働いた後は、細胞が沢山の酸素を欲しがるので、家に帰って気を緩めた瞬間、脳を元通りに戻す働きに傾き、もう何もしたくない気分になり、どっと疲れが出たと感じます。

 

 

◆5月病は成長の証

 

新しいことに挑戦し始めて、時々疲れるのは当たり前です。しかし、仕事内容に慣れルーチン化してくるとだんだん疲れがなくなってきます。

つまり、慣れてくると人間は脳を徐々に使わなくなるので、疲労を起こさなくなってくるんですね。

 

逆に言えば、何かを始めてツラくなって「ああ、もう、やめたい!」と思った事ってありますよね?辞めたくなる、その理由は脳をいつも以上に使って、脳が鍛えられ成長している証拠です。

 

ですから、ここはあきらめる時期ではなく、脳が成長し、その副作用として脳が疲れているんだと認識してください。決して悲観することではありません。

そして疲れを取るためには、運動をしたりプライベートを楽しんで脳をリフレッシュさせるようにしてください。そのうち環境変化にも徐々に慣れてくれば、疲れることも減り余裕も出てきます。

 

「最近何もしたくない」「どっと疲れが出てきた」「もうやめたい!」は、新しい環境になって頑張り成長してきた証ですので、悲観することはありません。人間は、成長するために時には居心地のよいところを出て、自分磨きをすることが必要なようですね。

著者プロフィール

著者アイコン
加賀谷慶太
「カラダの不調で苦しんでいる人の助けになりたい」という思いで千葉県八千代市に東葉コンディショニング八千代院を開院。その後、千代田区東神田にも東葉コンディショニング東京院を開院。 八千代院、東京院合わせて年間2万回以上も施術する整体院になる。独自の整体療法「QPR法」で高齢の方からスポーツ選手まで幅広い年齢層の方を健康に導く。書籍「腰痛解消!神の手を持つ15人」へ3回連続掲載。日本テレビの「スッキリ!」や千葉テレビなどメディア出演も精力的に行う。

関連記事