肥満と膝痛の関係

整体の現場にいると膝痛の方から「先生! 私、痩せた方がいいよね?」とよく聞かれます。

 皆さん痩せた方がいいのはわかっているけど、中々痩せられないというのが本音ではないでしょうか?

一気に5キロ、10キロ体重を落とすというのは結構大変なものです。

 そこで今回は「肥満と膝痛の関係」について書いてみたいと思います。

 ◆肥満は、膝にどのくらいの影響を与えているか?

 人間が歩く際に膝にかかる負担は「体重の約3倍」、階段の上り下りや、走ったりすると「体重の5~6倍」もかかると言われています。

 当然体重が増えれば膝にかかる負担は増えるので、肥満が悪いのは言うまでもありません。

 体重のコントロールはご存知の通り、「食事で摂取するエネルギー ⇔ 生活や運動で消費するエネルギー」で成り立っています。

 もし、膝の痛みで運動不足になると消費するエネルギーが減りますから、肥満になってしまいます。

 肥満になると、さらに膝に負担がかかり、痛みが悪化するという「肥満の悪循環」が起こります。

 

◆ダイエットは、膝痛改善・予防につながる!?

 体重が減ると膝に掛かる負担は確実に減るので、太っている方で膝痛でお悩みの方は、ダイエットも一つの手段になります。

 しかし、食事の量を減らし、急激なダイエットをすると栄養不足になり、関節軟骨や骨に必要な栄養分が不足したり、膝を支える筋肉が衰える等のリスクもあるので注意が必要です。

 

◆無理のないダイエットで確実に膝への負担を減らそう。

 膝痛の方が普段の生活の中で一番つらいのは、階段の上り下りになりますが、体重を1キロ落とすだけで、膝への負担が5~6キロも減ります。

 そのように考え、1キロ、また1キロと無理なく少しずつ体重を落としながら、カラダに掛かる負担を減らしていく方が精神的にも肉体的にも良いと思います。

リバウンドしないように少しずつなら、何だか出来るような気がしますよね。



著者プロフィール

著者アイコン
加賀谷慶太
「カラダの不調で苦しんでいる人の助けになりたい」という思いで千葉県八千代市に東葉コンディショニング八千代院を開院。その後、千代田区東神田にも東葉コンディショニング東京院を開院。 八千代院、東京院合わせて年間2万回以上も施術する整体院になる。独自の整体療法「QPR法」で高齢の方からスポーツ選手まで幅広い年齢層の方を健康に導く。書籍「腰痛解消!神の手を持つ15人」へ3回連続掲載。日本テレビの「スッキリ!」や千葉テレビなどメディア出演も精力的に行う。

関連記事