体調不良の元凶!自律神経を乱すNGな行動!

春に乱しやすいと言われる自律神経。

気候の変化や花粉症、入学、就職、人事異動など環境の変化によるストレス等も自律神経に大きく影響すると言われています。

そこで今回は、「自律神経の乱れについて」書いてみたいと思います。

◆自律神経とはどういうもの?

自律神経とは「自律」という言葉からわかるように、運動神経などとは違って自分の意思とは無関係に働く神経のことであり、体温を調節したり、心臓や内臓を動かしたりして、私たちの健康を守ってくれています。

この自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあり、交感神経は目覚めているときや興奮しているときに優位になる覚醒の神経で、体にとってはアクセルのよ うな働きをします。眠っている時やリラックスをしているときに優位になるのが副交感神経で、ブレーキのような役割を果たします。

 この交感神経と副交感神経がバランスをとりながら働き、一日の中でそのスイッチが自然に切り替わることで、疲れた内臓や脳を休めて、私たちの健康は保たれています。

 

◆なぜ、自律神経が乱れるのか?

 「ストレス」の多い生活では、心身は常に緊張し交感神経が優位な状態が続くため、副交感神経との切り替えがスムーズに行われなくなります。

しかも、深夜まで残業をしていたり、昼夜逆転の生活を送っていたりすると、夜になっても交感神経が活発なままになり、血行不良、だるさや肩こり、肌あれ、冷え性など次々とカラダの不調が現れることになります。

 

◆自律神経のバランスを乱すNG行動とは?

では、自律神経を乱す原因は一体どのようなものかチェックしてみましょう。

(1)休日は昼過ぎまで寝ている

休みの日くらいはたっぷり寝たい...。いつもの起床時間を過ぎてもズルズル寝ているような状態はNGです。こういった行動が体内時計のリズムを乱し、自律 神経のバランスを崩すことにつながります。朝の起床が辛くなり、昼間の眠気や夜の不眠の原因になるのでさけてください。自律神経のバランスを整えるために は、毎日同じ時間に寝たり起きたり、リズムのある生活を心がけることが大切です。

 (2)湯船につからず、シャワーで済ませる

疲れた時には、入浴は簡単に済ませてさっさと布団に潜りたい...。

でも、そんな時こそ、40℃以下の少しぬるめのお風呂にゆっくりと汗ばむくらいにつかるのがオススメ。全身が温まり寝つきやすくなります。

 (3)運動をしない

忙しくて運動をする時間がないという人は、通勤時に少し早歩きを心掛けたり、エスカレーターやエレベーターをやめて階段を利用するなど、日常の中で少しでも運動することを心掛けましょう。

自宅やオフィスで簡単なストレッチを行い、滞りがちな血流やリンパの流れをスムーズにしてあげるのも効果的です。心地よいと感じる程度の運動は、神経の緊張をほぐして副交感神経の働きを活性化します。

 (4)スマホやパソコンの使いすぎ

スマホやパソコンの画面を見ていると、脳が刺激されて交感神経が優位になります。スマホやパソコンのブルーライトは睡眠障害の原因にもなるので要注意。無駄なスマホやパソコンの使用を控え、睡眠の1時間前には、スイッチオフを心がけましょう。

 いかがでしょうか?こう見ると、ついついやっている行動が多いですよね。

 自律神経の安定は、仕事やプライベートを充実させていくための大切な一歩になります。ライフスタイルの工夫でよい状態を常にキープできるようにしていきましょう。

 

著者プロフィール

著者アイコン
加賀谷慶太
「カラダの不調で苦しんでいる人の助けになりたい」という思いで千葉県八千代市に東葉コンディショニング八千代院を開院。その後、千代田区東神田にも東葉コンディショニング東京院を開院。 八千代院、東京院合わせて年間2万回以上も施術する整体院になる。独自の整体療法「QPR法」で高齢の方からスポーツ選手まで幅広い年齢層の方を健康に導く。書籍「腰痛解消!神の手を持つ15人」へ3回連続掲載。日本テレビの「スッキリ!」や千葉テレビなどメディア出演も精力的に行う。

関連記事