頚椎椎間板ヘルニアその原因の痛みやしびれ改善・予防法とは?

現代は猫背やストレートネックなど、カラダが歪んでいる、姿勢が悪い人が増えています。これはパソコンを使わない仕事が殆どないこと、プライベートでスマホやタブレット端末を使う人が増えたことが原因です。

それと同時に首や肩にコリや痛み、しびれなどを訴える人も増えています。首や肩が凝りやすい、パソコンやスマホ中いつも腕が重くだるい、首を回すと腕や肩にズキンと痛みが走る、手足に冷えを感じたり、または熱感を感じる、手に力が入らない、または手のひらや指さきがビリビリとしびれるなど・・・実はこれらは近年急増している頚椎椎間板ヘルニアの初期症状です。

頚椎椎間板ヘルニアには共通する症状があります。それは首よりも肩や腕や指先に痛みやしびれが出やすいことです。では、なぜ頚椎椎間板ヘルニアの症状が首ではなく腕や指先に多いのでしょうか?頚椎椎間板ヘルニアのことを知らない方は、そのような初期症状があっても「疲れているだけだから、休めば良くなるだろう」「いつものことだから揉んでおけば良くなるだろう」と甘く考えてしまう傾向があります。

ほうっておくと初期症状は徐々に悪化し、日が経つにつれて痛みが強くなってきます。そこで初めて、「なにかいつもの痛み方と違う・・・」と気付くのです。しかし、その時には相当悪い状態になっているかもしれません。頚椎椎間板ヘルニアの対応が手遅れにならないように、この記事が頚椎椎間板ヘルニアの有効な改善策になると幸いです。 では、まずこれから頚椎椎間板ヘルニアが起こる原因、痛みの特徴、自分でできる解消法や予防法について紹介します。

◆頚椎椎間板ヘルニアが起こる原因とは

椎間板ヘルニアと聞くと、腰のヘルニアを思い浮かべる方も多いと思いますが、頚椎にも椎間板は存在し頚椎椎間板ヘルニアは発生します。まず、首の骨頸椎について理解しましょう。背骨(脊椎)は、頚椎、胸椎、腰椎と合わせて計24個の椎骨と言う骨から構成されています。

脊椎は重力を受け止めるために生理彎曲と呼ばれるカーブを描いた構造をしています。また、この脊椎の構造は身体に掛かる重力や衝撃を吸収するクッションの役割を果たしています。

tuikann.png

脊椎を構成する椎骨と椎骨の間にあるのが椎間板です。外側は線維輪、内側は髄核という組織でできています。また椎間板の約80%は水分で出来ていると言われており、内側の髄核はゼリーのようなゲル状のもので弾力性があります。その髄核のまわりを繊維輪という丈夫な組織が包み込んで髄核が外に飛び出さないようになっています。

椎間板に掛かる圧力は髄核と線維輪とで分散されます。しかし、姿勢が崩れることによって髄核と線維輪に通常以上の強い圧力がかかります。その結果、椎間板は徐々に潰されていきます。 

herunia.jpg

椎間板がつぶれて、なかの髄核が線維輪を突き破って飛び出した状態を「ヘルニア」といいます。ヘルニアの状態を大福もちで例えてみましょう。大福もちを潰します。中のアンコが飛び出します。その飛び出たアンコが髄核で、この飛び出した状態こそヘルニアです。そして飛び出した髄核(アンコ)が後ろにある神経を圧迫すると首や手や腕の痛みやシビレといった神経症状が出るというのが一般的な解釈です。

◆頚椎椎間板ヘルニア、姿勢との関係性

実は、頚椎椎間板ヘルニアになりやすい人が存在します。下のチェック項目のうち3つ以上当てはまった方は、頚椎椎間板ヘルニア予備軍です。

✔スマホやパソコンを合計で6時間以上使っている

✔猫背と言われる

✔電車の中で寝てしまう

✔首をポキポキ、バキバキと鳴らすクセがある

✔片肘をつクセがある

✔受話器を首と肩に挟んでパソコン作業をする

✔寝ながらスマホ、寝そべり読書をする

つまり、悪い姿勢でいると生理彎曲と呼ばれる背骨のカーブが崩れ、頸椎に大きな負担となります。

 shisei.png

 

 この生理湾曲が正しい位置にあると、重力でカラダにかかる負担を背骨全体で吸収することができ、椎間板へ強く負担がかかることはありません。しかし、背骨が丸まったような姿勢になると、カラダは骨格ではなく筋肉で支えることにより、常に筋肉に力が入った緊張状態になります。

PC.jpg

 

上の写真のように、猫背でのパソコン作業などで頚椎の椎間板に負担の掛かった状態が長い間つづくと、椎間板が潰れて中の髄核が押し出され、神経に触れて症状が出てきてしまうのです。

また、頚椎椎間板ヘルニアの原因には、睡眠の質も関係性があります。睡眠はカラダの機能を回復させるために重要なものです。横になることで背骨にかかる体重の負荷も軽減され、疲れた身体をリセットすることが出来ます。睡眠不足でカラダの機能が回復しないまま負荷をかけ続けると必然的に椎間板の弾力性がなくなり頚椎椎間板ヘルニアに。睡眠不足のストレスなどから、更に自律神経失調症や他の症状が出てしまうこともあります。症状を悪化させないようにするためにも、普段あなたがとっている姿勢やカラダの使い方、睡眠時間の確保やストレスをカラダの中に蓄積させないようにすることで、より早い症状の改善や予防に繋げることが出来ます。

◆頚椎椎間板ヘルニアの症状

 

頚椎椎間板ヘルニアの症状について説明していきます。頚椎椎間板ヘルニアの症状は多岐にわたり

・首や肩の痛みや張り、違和感

・腕のむくみや痛み、シビレ

・顔面神経痛などがあります。

軽度だと、首・肩・腕のハリや違和感程度の症状ですが、重度になるにつれ、首・肩・腕の痛みやシビレ、顔面神経痛などの症状も出てきます。重度になると、下肢やカラダの様々な箇所に症状が出ることがあるので、上記のような症状が見られる場合は、頚椎椎間板ヘルニアを疑った方が良いでしょう。また頚椎ヘルニアになった場合、 ヘルニアがどの部分に出ていて神経を圧迫するかによっても症状が異なります。

 

・頚椎症性神経根症

飛び出したヘルニアが強力な後縦字靭帯により、脊髄から左右に枝分かれした神経根のどちらかを圧迫した状態を頚椎症性神経根症と言います。シビレや痛みの症状は左か右の片方の肩や手にしか出ません。

 

・頚椎症性脊髄症

ごく稀に飛び出したヘルニアが後縦字靭帯に当たり左か右のどちらかの神経根に行かず後方へ飛び出て直接脊髄を圧迫して症状が出るのが頚椎症性脊髄症と言います。この時、神経根症とは違い症状が左右両方に現れます。また枝分かれした神経根圧迫に対し、頚椎から腰椎にまで至る太い脊髄を圧迫するため症状が肩や腕だけにとどまらず、下肢の運動障害を引き起こします。歩行困難、足に力が入らない、足がつっぱるなどが挙げられます。また便が出なくなったり、失禁などの排尿障害が起きている場合は病院などで要検査が必要です。

 

◆病院での頚椎椎間板ヘルニアの治療法とは?

ここで、頚椎椎間板ヘルニアの対しての病院での治療方法を紹介します。病院などでは基本的に保存療法を行います。

 

・保存療法(安静治療、薬物治療、ブロック注射、頚椎カラーなどの装具、リハビリ)

症状が軽い場合に用いられ、手術をせずに症状を緩和、改善させる治療方法のことです。痛みが出ないように安静にし、痛みがある時は痛み止めなどを服用することもあります。また、痛みの出ている箇所に局部麻酔を打ち、症状を抑えるブロック注射をすることもあります。ヘルニアによる神経圧迫を直接取り除くことはないので、処置は対処療法になります。

・観血的療法(切開手術、ヘルニアの摘出)

病院で椎間板ヘルニアと診断され、通院する中で症状がなかなか良くならない場合は手術を勧められることがあります。椎間板の中にある髄核が飛び出して、神経に触れるため痛みやしびれが出ているので、それを切り取る手術です。かなり大掛かりな手術のため身体に大きく負担をかけてしまう上に、その後の入院やリハビリの期間が長く、仕事や家事を休まなければならず、再発の恐れもあります。

椎間板ヘルニアの根本的な原因は、その方の生活背景にあることが多いので、たとえ手術を行っても生活習慣や痛みの出る原因を理解して正していかなければ、また再発してしまう可能性が高いのです。

 

◆頚椎椎間板ヘルニア、手術のリスク

椎間板から飛び出た髄核が脊髄に圧迫しているので、これを取り除き、頚椎を固定し経過観察します。

ですが、手術の際に後遺症や合併症が只あるようです。 

・創部の感染

・ヘルニア除去後の痛みやしびれの継続(または悪化)

・術後の血腫形成による脊髄圧迫による四肢麻痺の危険性

・しびれや痛みによる上肢の挙上障害

・頚椎を削除する際に使用したドリルによる脊髄・神経の損傷。(これにより四肢麻痺、上肢麻痺などが生じることもある)

・硬膜の損傷、及びこの硬膜の中に含まれている脳脊髄液が創部から体外へ漏れる

 

手術をお考えの方は、必ずしもリスクは付き物です。まず、「自分はどうなりたいのか?」「根本的に良くなる改善策とはなんなのか?」

今一度、慎重にご自身の気持ちと向き合って検討してみて下さい。

◆頚椎椎間板ヘルニアの主な検査方法

 

次に頚椎椎間板ヘルニアの主な検査方法を説明します。

主に医療施設ではX線撮影、脊髄造影、MRIなどが行われています。それ以外に頚椎椎間板ヘルニアでは徒手検査法があり、頚椎椎間板ヘルニア陽性か陰性かを判断します。その検査方法をいくつか説明いたします。

 

・椎間孔圧迫試験

患者さんを座らせ、術者が上から頚部に圧迫をかけ首を後ろに反られる。その状態で患者さんに顔を左右にひねってもらう。 陽性なら首や腕に痛み、シビレがでます。

 ・スパーリングテスト

 患者さんを座らせ、シビレや痛みの出ている方に首を傾け頭を後ろに反らせ、術者が上から圧迫をかける。陽性なら首や腕に痛み、シビレがでます。

上記検査方法では、相手に頚椎の圧迫をしてもらえないと分からないものですが、一人でも出来る頚椎椎間板ヘルニアの検査方法のご説明をいたします。

検査1.jpg

 ①    正面を向きます。

検査2.jpg

②横を向きます    

写真3.jpg

③そのまま上を向きます

 この検査で、首や腕、手に痛みやシビレが出る場合は、頚椎椎間板ヘルニアの恐れがあるので、一度病院で精密検査をした方がよいかもしれませんね。

◆頚椎椎間板ヘルニアにならないためには、生活習慣を見直そう!

 

頚椎椎間板ヘルニアは姿勢が崩れ、背骨に強い負担がかかり、飛び出した椎間板が神経に触れることで痛みやシビレを伴う症状です。頚椎椎間板ヘルニアを改善するには、生理湾曲とよばれる背骨のカーブを正しいラインに戻し、椎間板に強い負担を掛けないようにすることが重要になります。頚椎椎間板ヘルニアの治療として、飛び出した椎間板を切り取る手術もありますが、それだけでは再発の恐れがあります。なぜなら飛び出した椎間板を取ったとしても、その原因となっている背骨の歪みや椎間板への負担を引き起こしている生活習慣を正さないと、また再発して頚椎椎間板ヘルニアの症状を引き起こしてしまう恐れがあるのです。

症状を出さないためには、上記で紹介したことをしないように心掛けるなど、生活習慣が大切になってくるのです。

では自分の生活習慣の中で心がけることとはなにか、具体的に説明します。

スマホやパソコンを使う時に頭が前に入ってしまう原因として、キーボードやマウスを操作をする手の位置やディスプレイの高さが考えられます。スマホではお腹の前あたりで操作することによって、猫背になり頭が前に入ってしまいます。パソコンでは、ノートパソコンのようにディスプレイが目線より低い位置にあると、目線が下がり、自然と頭が前に入ってしまいます。スマホを操作する時は、出来るだけ目線が落ちない位置で操作する、ノートパソコンの時は下に台座を置き、ディスプレイを高い位置に持ってくるなどして、首にかかる負担を減らすように心がけましょう。

座り姿勢にも気を付けましょう。骨盤が後ろに倒れ猫背になっていると、背骨は連動しているので、ディスプレイの高さを調整しても、自然頭が前に入ってしまいます。骨盤を立て、正しい姿勢で座ることが大切です。スマホやパソコンを同じ姿勢で長時間操作することも、身体への負担になってしまうので、1時間を目安に軽くストレッチをすることも意識しましょう。 

 ◆東葉コンディショニングの頚椎椎間板ヘルニアに対する施術の考え方とは?

 

東葉コンディショニングでは痛みが出ている部分(症部)ではなく、症状を作り出している原因を見つけ出し治療をする「根本療法」を行います。

頚椎椎間板ヘルニアは首に強い負荷をかける姿勢や、間違った動作を繰り返すことが原因であると説明しました。そういった状態が続くと、頚椎のもつ本来の前湾カーブがなくなり、普通にしていても首に負担をかけている状態になってしまいます。その状態を治さない限り、手術などの治療を行っても、再発してしまうのです。施術では、首だけではなく、骨盤や胸郭や背骨など、身体全体の歪みも整えていきます。首から下も整えるという事は、要は頭と首を支えている土台を整えるという事なのです。首だけを整えても、それを支えている身体が歪んでいては意味がありません。身体全体を整えて土台を安定させることによって、整えた首も安定し、症状の緩和や改善ができ、再発しない健康な身体を獲得できるのです。 

◆東葉コンディショニングでの頚椎椎間板ヘルニアへの施術の流れ

 

 東葉コンディショニングでは、施術前のカウンセリングから

・  どこに痛みやシビレがあるのか

・  日常生活や仕事中でどのような姿勢や動きを多く取っているのか

・  どのような生活リズムなのか

・  どのような食事をとっているのか

など、その方の症状の原因をより細かく見つけ出し、早期改善へとサポートしていきます。施術では、症状の出ている部位だけでなく、カラダ全体の歪みを整え背骨の歪みを正し、椎間板への負担を軽減させ症状を改善させます。

  

まず骨盤を調整した後、背骨の生理弯曲(S字のカーブ)を調整します。 背骨.jpg

 首や肩の緊張を緩めていきます。

けいぶ.jpg

潰れて狭くなった椎間板を静かに、優しく広げていきます。

じゃっき.jpg

また、一人ひとりにあった生活習慣改善のためのアドバイスや、ストレッチ、正しい姿勢のアドバイスなど早期回復、再発しないカラダになるようにサポートします。

ここで、実際に椎間板ヘルニアで来院された方の症例を紹介します。

 

【200本の注射でも治らなかった頚椎椎間板ヘルニア】

1年前から首の左側から肩甲骨の外側にかけて痛みが強く、左腕の付け根の部分、左の乳腺のあたり(わきの下)の痛みに悩まされ来院した50代男性 千葉県八千代市。1年前に急に痛くなり、病院に行き痛み止めの注射を4本、週1で1年間続け、飲み薬も3種類飲んでいる状態でした。症状が良くならず、注射や薬を飲まなくてもいい生活をしたい!とのことで来院されました。

1回目の施術では、カラダの歪みを取った後、緊張の強かった首周辺をゆるめるように施術を行い、施術後、痛みはなくなりました。

2回目の施術の前は左首から肩甲骨にかけて痛みがある状態でしたが、左腕の付け根と左乳腺は、普段気にならなくなっていました。そしてなんと!薬は飲んでいないとのこと!

施術後、その痛みも無くなりました。

3回目の来院時では、左肩甲骨の内側に痛みがある状態でしたが、施術後は痛みが無くなりました。

4回目の来院時では、特にどの部分にも痛みが出ることは無くなったとのことでした。

首周りの緊張や今まで痛みが出ていた部位にこわばりがある状態でした。

施術では、全身のバランス調整をした後に、緊張の強い首周りを緩めるように行い、施術後は、緊張が取れました。

そして、その後も定期的に来院され8回目の来院時には痛みはなくなり10回目の来院時ではこわばった感じも無くなりました。

「様々な治療をしても治らなかったのに、本当に有難うございます!」

と喜ばれていました。

現在も、再発予防のために定期的に来院されています。

  

◆頚椎椎間板ヘルニア改善・予防ストレッチ

 

このストレッチも行うことで、カラダ全体の歪みを整えた後に、頚椎のストレッチを行うことが出来ます。

道具を使う無理なストレッチではないので、安全に行うことが出来ます。

頚椎椎間板ヘルニアのストレッチをまとめた動画です。

こちらもぜひやってみて下さい!

頚椎椎間板ヘルニアを起こしてしまうと、日常生活や仕事に支障が出るほどの痛みやシビレが出ることもあります。「私は大丈夫だろう」と思っていても、些細なことが原因で起こることも・・・。頚椎椎間板ヘルニアで悩んでいる方はもちろん、なんとなく首に違和感がある、腕や指が重い、シビレるなど、カラダの不調でお悩みの方は、是非東葉コンディショニングへご相談下さい。

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

関連記事