何をしても良くならなかった慢性的な首の痛みが改善! 秋葉原 のじ先生の整体日記

慢性的な首や肩のコリ、寝違え、むち打ちなど、1度は首の痛みで悩んだことがある人もいると思います。
首の痛みが強くなると、何をしていても痛みが気になって仕事に集中できなかったり、頭を少し動かすだけで首に痛みが出てしまい、日常生活に支障が出てしまったりと、厄介な症状でもあります。
寝違えや、むち打ちなどで首に痛みが出た時は、原因がはっきり分かると思いますが、慢性的な痛みになると、特に何をしたわけでもないのに痛みが出るなど、原因がはっきりしませんよね。 

そこで今回は、慢性的な首の痛みで来院された方の症例を紹介します。

【何をしても改善しない慢性的な首の痛み 40代男性 東京都 中央区】

 20年ほど前から、常に付きまとうような首の違和感があり、定期的に痛みが出ることがあると来院されたAさん。今まで様々な治療院に診てもらってきたものの、なかなか改善せず、他の治療を試してみようと来院されました。

Aさんに話を聞くと、仕事上寝る時間は不規則で、短いときは3時間ほどしか眠れないこともあり、食事も摂ったり摂らなかったりなど、生活リズムが崩れ自律神経が乱れているような状態でした。

また、仕事では1日中デスクワークを行っているとのことで姿勢も悪くなっており、プライベートでは、野球をよく行うとのことで、カラダの左右バランスや姿勢が崩れていました。

Aさんの1回目の整体施術では、カラダ全体のバランスを整えた後に、長時間のデスクワークや野球の影響で硬くなっていた股関節周りをよく緩めるように行い、そのあとに背骨のカーブ(生理湾曲)の調整、猫背や野球の影響で左右のバランスが崩れ動きの硬くなって胸郭の調整を行いました。

ここまでの段階で一度起きてもらい、首の痛みを確認してももらったところ、首には全く触れていませんが、頭を左右に向いたときや倒した時の首の痛みがほとんどなくなっていました。
その後、頚椎のストレッチを行った後に可動の調整を行い、1回目の整体施術が終わった後は、首の痛みが全て無くなり、「すごい!全然痛くない!!」とAさんも喜んでいました。

Aさんは今までに様々な治療院で診てもらってきていましたが、行く場所によって痛みの原因の説明が違っていたので、何があっているのかわからなくなってしまい、どこに行けば良いのかも分からなくなってしまっていたとのことでした。
痛みで困っていれば、そういった不安があるのは当たり前のことです。

Aさんには、生活背景や仕事中の姿勢がカラダにどのような負担をかけているのかを説明し、自立神経の乱れがあるかもしれないこと、それを整えるために意識するべきポイントのアドバイス、カラダに負担を掛けないための仕事中の姿勢やカラダの使い方、自己ストレッチなどのアドバイスも行いました。

最後には、Aさんも「なるほど、やっとなんで首の痛みがなかなか良くならないのかわかりました!」と納得されていました。

Aさんは仕事上、なかなか来院できないということもあり、自宅で首の調整をすることができるマクラ、センターラインピローを使っています。

センターラインピローの詳細はこちらから!

 

慢性的な症状になってしまうと「もうしょうがない。。」と、諦めてしまう方もいると思いますが、慢性的な症状にも必ず原因があり、改善することができます。
急性痛で悩んでいる方はもちろん、慢性的な症状や痛みで悩んでいる方もお気軽にご相談ください。

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

 

     お悩み解決のための電話はこちら! (東葉コンディショニング東京院)東京院TEL_a.png

 お悩み解決のための電話はこちら!(東葉コンディショニング八千代院)
TEL八千代院_.png

著者プロフィール

著者アイコン
野島 勇次郎
私も子供の頃に大きな怪我をして、「どこで治せばいいのかな?」と悩んだことがありました。
私は地元にあった治療院で治してもらいましたが、そこに通った理由は、担当になった先生の「必ず治します!安心してくださいね」と言葉をかけて頂いたことと、施術だけでなく、症状の原因をはっきりさせるために親身になってカウンセリングをして頂いたことです。
また、ほかのことで悩んでいるときも相談に乗ってくれたりもしていました。笑

その出会いがきっかけで私も整体師になったのですが、やはりその先生と同じように、体の不調で悩んでいる人の助けになりたいと思っています。
自分では気づけないような些細なことがその症状の原因になることもあります。
そういったところまでアドバイスさせていただきますし、何か不安なことがあれば何でも聞きますので、安心して任せて下さいね。

関連記事