「スマホ腱鞘炎」に要注意!

最近、スマートフォンの普及に伴って、手首の痛みを訴える方が増えています。
もしかしたらそれは、「スマホ腱鞘炎」かもしれません。今回は、スマホ腱鞘炎のチェック方法と、東葉コンディショニングでの整体施術の考え方をお伝えします。

♦スマホ腱鞘炎とは?

スマホ腱鞘炎とは、俗称であり、正式名称は「ドゲルバン病」といいます。

親指の付け根付近の手首に痛みを感じるのが特徴であり、別名「狭窄性腱鞘炎」ともいいます。

片手でスマートフォンを長時間扱うなど、継続的に手首や指に負荷がかかるような動作を繰り返すことによって、腱の周囲を覆う腱鞘部分に炎症を起こし、親指付け根付近の手首や指に痛みを発生させます。

♦スマホ腱鞘炎のチェック方法

スマホ腱鞘炎のチェック方法としては、フィンケルシュタインテスト変法と呼ばれるテストが最も手軽です。

詳しいやり方は、こちらの動画をご覧ください。


いかがでしたか?
小指側に拳を曲げた時に親指の付け根付近に痛みが出た場合は、陽性です。
まだ、日常生活で痛みを感じなくても、このテストで痛みを感じる方は、今後スマホ腱鞘炎になるリスクが高い状態なので、スマートフォンの使用時間や使用頻度、操作方法を見直してみましょう。もちろん、スマートフォンだけでなく、日常生活でよく手を使われる方も、腱鞘炎のリスクはありますから、痛みが出始める前に生活を見直してみることが大切です。

♦スマホ腱鞘炎に対しての東葉コンディショニングの考え方

スマホ腱鞘炎になった際は、安静にするのが一番だと言われています。

たしかに腱鞘炎は、炎症ですから安静にしておくことで改善が期待できます。
しかし、実際には手首を安静になんてなかなかできませんよね。

東葉コンディショニングでは、腱鞘炎の痛みの出ている周辺の筋肉にアプローチして痛みをやハリを緩和するだけではなく、手関節、肘関節、肩関節、肩甲骨などの骨格や関節を正常化させる整体施術を行うことで手首への負担を軽減してあげることが根本的な改善に必要不可欠であると考えています。

使用頻度の差はあれど、多くの人がスマートフォンを使っているにも関わらず、一部の人だけが腱鞘炎になるというのには、こうした骨格の歪みといった、根本的な原因があるのです。

スマートフォンの使い過ぎによる手首の痛みでお困りの方や、今はまだ痛くないけど予防したい、フィンケルシュタインテスト変法で痛みがあった方は、ぜひご相談ください。

整体院 東葉コンディショニング東京院のHPはこちら!
整体院 東葉コンディショニング八千代院のHPはこちら!


お悩み解決のための電話はこちら! (東葉コンディショニング東京院)東京院TEL_a.png

 お悩み解決のための電話はこちら!(東葉コンディショニング八千代院)
TEL八千代院_.png

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。