それって単なる運動不足?老化による筋肉量の低下 「サルコぺニア」から回復した変形性膝関節症の痛み

dcaa94ad8debcbd4c7c621dbd40db533_s.jpg

最近、昔に比べて筋力が落ちてきたなぁと感じる方必見の内容です。

皆さん、サルコペニアをご存知でしょうか?サルコペニアとは加齢により筋肉が減少することを言います。サルコペニアとはギリシア語で骨格筋の減少を意味し、サルコ(筋肉)とペニア(減少)の造語です。

個人差はありますが、筋肉量は40歳前後から年に0.5%ずつ減します。更に60歳を過ぎると年に5%以上の減少をする人もいます。

サルコぺニアが進むと、重力から体を支える筋肉が衰えるため、座ったり立ち上がったりといった日常生活を送ることが辛くなってしまいます。そのため、日常的に動くのが億劫になり、テレビの前から動かないような生活環境が、老化を進行させていくのです。

人間は誰しも加齢によって心身機能が低下していきます。その中でも筋肉量の低下を気にされている方は多いのではないでしょうか。そこで今回はちょっと聞き慣れない「サルコペニア」について解説していきます。

これを知ることで、今後気づかない間に筋肉が減少しそれに伴う痛みで悩まされることはなくなるでしょう。

◆サルコぺニアの診断基準 

これまで、加齢による筋力低下はごく自然に起こるとされてきましたが、2014年1月に日本老年医学会によってサルコぺニアを診断する基準が発表されました。

サルコペニアの定義は、
(1)筋肉量の減少
(2)筋力の低下
(3)身体能力の低下
このうち、(1)と、(2)か(3)のどちらかがある状態です。

具体的にいうと、握力(両手で各3回測り、最高値をとる)男性26キログラム、女性18キログラム未満、歩行速度、秒速0.8メートル以下(青信号で横断歩道を渡りきれるくらい)。どちらか一方でも該当すると、サルコペニアが疑われます。

確定診断は骨密度を計測するDXAという装置を使用します。DXAは筋力を測る装置としても利用され、男性7.0(単位=キロ・グラム/平方メートル)、女性5.4(同)の基準値未満なら、サルコペニアと診断されます。

◆サルコぺニアには「運動」と「食事」

サルコぺニアならば運動をして筋肉をつければいいのでは?と思っている方は要注意です。実は、筋肉を作る材料である栄養を摂取しなければ運動をしても筋肉はつかないのです。

筋肉をつける為に必要な栄養素は以下の通りです。

・タンパク質…筋肉の修復や形成など、筋肉を構成する上で一番重要

・ビタミンB群…タンパク質を分解し吸収するのに必要

・ミネラル…マグネシウム、カリウム、ナトリウム、カルシウムなどタンパク質や糖質の代謝に関わり、筋肉が合成される過程で欠かせない

・糖質…筋肉を分解してエネルギーを作らないようにする為の運動時のエネルギー源

これらを栄養をバランスよくとらなければ、運動をしていても逆に筋肉量が減ってしまうことがあります。運動については、自己流でやろうとせず、東葉コンディショニングの先生などに指導してもらうとよいでしょう。

東葉コンディショニングに来院された変形性膝関節症の80歳女性も骨折を機に筋肉量が減少し膝の痛みが中々ぬけなかった一人です。整体施術だけではなく、適切な運動と食事の指導によって膝の痛みから解放されたKさんの症例をご覧下さい。

◆変形性膝関節症の80歳女性はサルコペニア?

変形性膝関節症80歳女性のKさんは2年前に右の膝のお皿を骨折。その際に変形性膝関節症もあると診断されました。

その後、骨折自体は治ったのですが、常に両膝、特に右膝に痛みが出るようになり、夜間痛で膝の痛みで起きてしまう状態になってしまったのです。

整骨院に1年半通院しても変化が見られず、娘さんに手をひかれて東葉コンディショニングに来院しました。

背骨の円背と側湾の為、仰向けやうつ伏せにはなれず横向きのみでしか整体施術ができませんでした。

骨盤右回旋で左骨盤が左側屈で固まっている状態をリリースするように整体施術を行うことで、常に出ていた膝の痛みは、体重をかけた時だけになりました。

そこから仰向けで整体施術できるようになり立位時での痛みはなくなったのですが、歩行時での痛みは中々とれませんでした。

Kさんのカラダは著しい筋肉量の低下によって自分のカラダを支える最低限の筋肉量がなかったのです。

まさに「サルコペニア」の状態でした。そこで、整体施術の中にトレーニング要素を組み込み食事の指導も行いました。

そこから自宅で自分でできる骨盤を安定させる骨盤底筋郡のトレーニングを
行ってもらうことで左膝の痛みはほとんどなくなりました。

その後座った状態で体幹の抵抗運動を加えていくと整体施術が終わった後には歩いても右膝の痛みが出なくなりました。

また、更に歩行に対しての抵抗運動を行うことで500歩、1,000歩と痛みなく歩けるようになり、4,000歩歩いても痛くなくなった頃には同じ年代の誰よりも歩くスピードが早くなっていました。

ただの筋トレではこのような結果を出すことはできません。

カラダを整えた後に正しい使い方を思い出させるという、東葉コンディショニングの整体施術方法だからこそサルコペニアの方でも効果的なトレーニングができるようになるのです。

歪んだ状態で筋トレをすると、歪んだ状態で筋肉がついてしまい逆効果になることもあるから注意が必要です。

サルコぺニアについて理解できたでしょうか?歳だからという理由で動かないでいると、益々老化は進んでしまいます。

歳だからといってあきらめてはいけません。そういった方でも正しい運動と食事によって改善することができ、生活の質を向上させることができるのです。

東葉コンディショニングでは整体施術だけではなくこのような正しい運動と食事、正しいカラダの使い方の指導も行っています。

皆さんはこの正しい立ち方ができますか?

うまくできないという方は既にサルコペニアの状態になっているかもしれません。まずは、しっかりカラダを整えてこの正しい立ち方ができるようにしましょう。

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

 

     お悩み解決のための電話はこちら! (東葉コンディショニング東京院)東京院TEL_a.png

 お悩み解決のための電話はこちら!(東葉コンディショニング八千代院)
TEL八千代院_.png

著者プロフィール

著者アイコン
小橋悟
子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 整体の仕事に興味を持つ。また、自身のひざの故障や人間関係に 悩んだ経験から「ココロとボディケアの プロフェッショナルになり社会に貢献したい」 という想いが強くなる。解剖学や運動学の本を読むのが趣味で、テキスト作りからセミナー講師までをこなしている。

関連記事