慢性腰痛の原因は座り姿勢にあった! 秋葉原 のじ先生の整体日記

何をしたわけではないけど、付きまとうように腰が痛い。このような経験をしたことはありませんか?
慢性的な腰痛は、猫背のようにカラダが丸まった姿勢で長時間座っていることなどから、カラダに負担のかかった姿勢でいることが癖付いてしまうことが原因になっていることが多くあります。

最近、長時間のデスクワークでカラダに負担のかかる姿勢を長時間とっていたことが原因で慢性的な腰痛に悩み来院された方がいます。今回は、その方の症例を紹介します。

【座っているだけで出てくる慢性腰痛 50代女性 東京都千代田区】


数年前から、座っているだけで仕事に集中できないほどの腰痛が出始めたというAさん。
今までに、病院やマッサージ店、治療院で診てもらってきたものの、なかなか良くならずにいたところ、東葉コンディショニングに来院されている方の紹介で来院されました。
Aさんのカラダの状態を診ると、長時間座っていることから、太ももの裏(ハムストリング)の張りが強く、骨盤が後傾した状態で動きが硬くなっていました。
整体施術を始める前に、普段の仕事中の姿勢で座ってもらったところ、骨盤が後傾した状態で猫背になっていました。

Aさんの1回目の整体施術では、カラダ全体のバランスを整えた後、後傾して動きが硬くなった骨盤の動きを出すために、太ももから股関節の周りをよく緩め、股関節や仙腸関節といった骨盤周りの各関節の可動調整を行い、生理湾曲という背骨のカーブをつけるように行いました。

整体施術直後、座った状態でも腰の痛みが無くなりました。
その後、腰に負担をかけない正しい座り方をアドバイスしたところ、「なるほど!今までの座り方は本当に悪かったんですね。」と驚かれていました。

2回目の来院時では、1回目の整体施術のあとから全く腰の痛みが出ていませんでした。
Aさんも「今までどこに行っても良くならなかったのに、1回でこんなに良くなるなんてビックリです!」と大変喜ばれていました。

1回目の来院の後から、仕事中、常に姿勢を意識していたとのことで、整体施術だけでなく、日常でも痛みを出さないために意識をしていたことが、早期の症状の改善に繋がりました。
Aさんは、現在も腰痛などの症状が出ないように、定期的に来院されています。

ここで、腰に負担をかけないための正しい座り方を紹介します。

 図1.png

図2.png

図3.png

慢性的な腰痛の原因は、カラダに負担をかける姿勢などによる「歪んだカラダの癖」にあることがほとんどです。
腰痛やカラダの不調でお困りの方、カラダの歪みが気になる方は、お気軽にご相談ください。

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

 

     お悩み解決のための電話はこちら! (東葉コンディショニング東京院)東京院TEL_a.png

 お悩み解決のための電話はこちら!(東葉コンディショニング八千代院)
TEL八千代院_.png

著者プロフィール

著者アイコン
野島 勇次郎
私も子供の頃に大きな怪我をして、「どこで治せばいいのかな?」と悩んだことがありました。
私は地元にあった治療院で治してもらいましたが、そこに通った理由は、担当になった先生の「必ず治します!安心してくださいね」と言葉をかけて頂いたことと、施術だけでなく、症状の原因をはっきりさせるために親身になってカウンセリングをして頂いたことです。
また、ほかのことで悩んでいるときも相談に乗ってくれたりもしていました。笑

その出会いがきっかけで私も整体師になったのですが、やはりその先生と同じように、体の不調で悩んでいる人の助けになりたいと思っています。
自分では気づけないような些細なことがその症状の原因になることもあります。
そういったところまでアドバイスさせていただきますし、何か不安なことがあれば何でも聞きますので、安心して任せて下さいね。

関連記事