ぎっくり腰で歩行も困難なほどの痛みが解消!秋葉原 のじ先生の整体日記

ぎっくり腰になると、カラダを動かすことはおろか、日常生活にも支障をきたすほどの腰の痛みを引き起こしてしまいます。
できれば経験したくないぎっくり腰。しかし、ぎっくり腰はいつ起きてしまうかわからないものです。
今回は、ぎっくり腰がきっかけで来院された方の症例とぎっくり腰にならないため、ぎっくり腰になってしまったときのためのストレッチを紹介します。 

【歩行も困難なほどのぎっくり腰 50代女性 東京都 千代田区】

仕事中、床から立ち上がった瞬間に「ぐきっ」と腰に痛みが走り、それから歩くのも辛いほどの痛みで悩み来院されたAさん。
Aさんは、ぎっくり腰の経験は無かったものの、以前から軽い腰痛や腰の重だるさはあったとのことでした。
初めて整体院に来院されたときは、まっすぐ立つこともできず、歩くのも困難な状態でした。
1回目整体の施術では、始めに腰の痛みにより丸まってしまった背骨のカーブをつけながら、下半身から背中全体を緩めるように行い、そのあとに全身のバランスを整えるように行いました。
整体施術後は、まっすぐ立つことができるようになり、歩く時も腰に痛みが出なくなり、足取りも軽くなりました。
その後、数回の整体施術で腰の違和感もなくなり、現在はカラダのメンテナンスのために定期的に来院されています。

 Aさんに整体施術を受けの感想をいただいたので、ここで紹介します。

 「ぎっくり腰がきっかけで通院しています。ぎっくり腰の時は1度の整体施術ですぐに歩けるようになるまで回復したので、それ以来カラダのメンテナンスでお世話になっています。
1番大きく変わったことは、姿勢がよくなったことです。ダンスをしているのですが、今まで姿勢が悪く、ダンスの先生から指摘を受けていたので、姿勢がよくなり大変うれしく思っています。
また、ハードな練習などでカラダに負担がかかった時は、ひどくならないよに、治してもらっています。特に私の場合は腰の痛みなどはすぐに楽になります。」

また、ぎっくり腰の予防と、解消のストレッチも紹介します。 

・四つ這いになり手と足は肩幅に開き肩・股関節は90度になりつま先は立てます。

図2.png
図3.png

・骨盤を後ろに回転させ、その後、自然と背骨を丸めます。 
 そして、ももと腰骨をよせるイメージで骨盤を前に回転させ、その後自然と目線を上げます。

※痛くて腰を動かすのがつらい方は、四つ這いの姿勢になり、できるだけ力を抜きながら深呼吸を繰り返すだけでも大丈夫です。

腰の痛みやカラダの不調で悩まれている方は、お気軽に当院までご相談ください。

著者プロフィール

著者アイコン
野島 勇次郎
私も子供の頃に大きな怪我をして、「どこで治せばいいのかな?」と悩んだことがありました。
私は地元にあった治療院で治してもらいましたが、そこに通った理由は、担当になった先生の「必ず治します!安心してくださいね」と言葉をかけて頂いたことと、施術だけでなく、症状の原因をはっきりさせるために親身になってカウンセリングをして頂いたことです。
また、ほかのことで悩んでいるときも相談に乗ってくれたりもしていました。笑

その出会いがきっかけで私も整体師になったのですが、やはりその先生と同じように、体の不調で悩んでいる人の助けになりたいと思っています。
自分では気づけないような些細なことがその症状の原因になることもあります。
そういったところまでアドバイスさせていただきますし、何か不安なことがあれば何でも聞きますので、安心して任せて下さいね。

関連記事