もう歳だからと諦めないで!変形性膝関節症の痛みの改善のポイントとは?

「膝が痛くて歩いたり階段の昇り降りが辛い・・・」こんな方、多いですよね。膝の痛みを訴える人は、性別を問わず年齢が高くなるとともに増加しています。

ですが、「もう歳だから・・・」と諦めないでください!膝の痛みには必ず原因があり、その原因を取り除いてあげれば今ある痛みも改善することができます。

今回は、膝の痛みを訴える人に特に多い「変形性膝関節症」について、原因と治療の方法、痛み改善のポイントをお話をします。

 

♦「変形性膝関節症」って?

 

膝関節とは、太ももの骨である大腿骨と、すねの骨である脛骨が接する部分のことをいいます。これらの骨の表面は、硬い骨同士が直接ぶつからないように、関節軟骨というなめらかで弾力のある組織によって覆われています。「変形性膝関節症」とは、この膝関節がすり減ってしまう状態のことです。骨と骨が直接ぶつかり合ってしまい、関節に炎症が発生し痛みが生じると考えられています。

2007年の東京大学医学部22世紀医療センターの発表によれば、50歳以上の国民ではレントゲン所見上、変形性膝関節症にかかっている人は2,400万人で、これは2人に1人の割合といわれています。さらに、痛みを有する患者は820万人で、割合に直すと6人に1人。特に女性が多く、男性の1.5~2倍の数となっています。また、欧米諸国に比べると日本人の変形性膝関節症患者は多いとされています。これは、正座やしゃがんだりといった、膝に負担のかかる動作が多い生活習慣の差にあると言われています。

 

 

♦加齢だけが「変形性膝関節症」原因ではない!

 

変形性膝関節症は高齢者に多い疾患ですが、若い方でも激しい運動をするアスリートや、女性に発症しやすい疾患でもあります。変形性膝関節症の原因には、以下のようなものがあります。

 

①  長期間の膝の使用や酷使

 

実は、すり減ってしまった関節軟骨は再生しません。ですから若い方よりも、長い年月膝を使ってきた高齢者の方が、変形性膝関節症と診断される可能性が高いのです。初めはレントゲンにも映らないような小さな傷から始まり、何年もかけて徐々に進行していくのも変形性膝関節症の特徴です。

また、激しい運動を繰り返す若いアスリートや、立ったりしゃがんだりする動きが多い仕事をしている人(運送業、現場作業など)、膝の酷使によって関節軟骨がすり減ってしまい、変形性膝関節症になってしまう方も多いのです。

膝になるべく負担をかけない姿勢や動作を意識して行う必要があります。

 

②  下肢のバランスが悪い

 

下肢全体のバランスが悪いと、膝に大きな負担がかかってしまい、結果として変形性膝関節症になる方が多くいらっしゃいます。例えば、女性に多いO脚は、膝の内側への負担が大きくなる状態です。そのため、膝の内側に変形性膝関節症があることが多く見られます。

下肢のバランスの改善については、後ほど詳しくお話します。

 

③  肥満体系である

 

膝は、座っている時以外は常に体重を支えてくれている部分です。体重が重い方や、肥満気味の方など、体重が増えるにつれて膝の負担は増加し、関節軟骨が痛みやすくなるため、変形性膝関節症になるリスクも高まります。

計算上では、体重が1kg増えるだけで、平地を歩くときでも3kg以上、階段の上り下りやジョギングで6kg以上の負担が増えることになります。膝の上にそのような重りがのっていたら膝が悪くなるというのもうなずけますね。

体重に心配がある方は、これ以上増やさないように食生活を改善したり、適度な運動を取り入れたりすることが必要です。

とはいえ、無理なダイエットはかえって膝を痛めてしまう可能性があります。極端に食事の量を減らしたりすると、摂取エネルギーを減らすと同時に、必要な栄養素まで減らしてしまいます。その結果、関節軟骨や骨に必要な栄養分が行き渡らなかったり、膝を支える筋力が衰えてしまい、逆に悪影響を及ぼすことがあるからです。

 

④  筋力が衰えている

 

太ももの前面にある大腿四頭筋という筋肉は、体重を支えてくれるのに重要な役割を担っています。この大腿四頭筋の筋力が弱かったり衰えたりすると、膝への負担が大きくなり、変形性膝関節症になるきっかけになってしまいます。

そのため、加齢と共に筋力が衰えてくる高齢者や、男性よりも筋力が少ない女性の方が変形性膝関節症になる可能性が高いのです。

また、いつも自動車で移動している人や、あまり歩く習慣がない人、ケガや病気のためにギブスで膝を固定していたり、寝ていることが多い人は、筋力が衰えやすく注意が必要です。

 

 

♦変形性膝関節症はどうやって治療すればいい?

 

先ほどもお話しましたが、すり減ってしまった軟骨は再生しません。つまり、変形してしまった膝関節を完全に元通りに戻すことはできません。

 

「じゃあこの痛みと一生付き合わなくちゃいけないの?」と思った方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。完全に正常な元の状態の膝に戻すことはできませんが、症状をやわらげ、歩くのが辛い、正座をするのが辛いといった機能障害を取り除き、日常生活にほとんど支障がないようにすることはできます。

 

 

変形性膝関節症の治療方法は、「保存療法」「手術療法」の二つがあり、ほとんどの場合「保存療法」で痛みの改善を図っていきます。保存療法には、運動療法、装具療法、物理療法、薬物療法の四つがあり、一般的にはこれらを組み合わせて行います。

特に重要とされるのは、運動療法でありこれは膝の曲げ伸ばしの回復(可動域訓練)と、膝を支える筋力の回復(筋力訓練)を目的としています。運動療法によって膝の可動域を広げ太ももの筋力を高めることは、変形性膝関節症の治療だけでなく、予防としても効果的です。太ももの筋力がつくと膝の動きを制御できるようになり、関節軟骨に傷がつくのを防げるようになります。変形性膝関節症がさらに悪化するのを防ぎ、痛みを軽減することができます。

また、運動療法によって膝を適度に動かしていると、関節周囲の筋肉の血行がよくなったり、関節軟骨の表面で潤滑油の働きをしている関節液の循環がよくなることで、関節軟骨に栄養が行き渡り、自然治癒力を高める効果も期待できます。

即効性のある療法ではありませんが、気長に続けることで確実に効果が期待できる療法です。

 

装具療法は、O脚の矯正に用います。O脚変形によって内側に倒れてしまっているすねを持ち上げ、真っすぐに立つようにして矯正する「足底板」や、膝の上下を支えてO脚変形そのものを矯正する「膝装具」がありますが、不安定に感じられたり、大きな装具のため、抵抗を感じる方がほとんどです。

 

物理療法とは、患部を温めたり冷やしたりして、患部の血行を促して膝の痛みをやわらげる療法です。病院や整形外科では、低周波やレーザー、赤外線などを用いて患部の細胞を刺激し、血液の循環を促進して温めます。

家庭でも、お風呂に入ったり、温タオルや温湿布をつかって温める方法があります。

スポーツをしたり長く歩いたために痛みが生じた場合には、反対に氷水の入ったビニール袋などで患部を冷やして痛みをやわらげることがあります。

 

薬物療法はその名の通り、消炎剤(解熱鎮痛剤)で痛みや炎症を抑える療法です。

これは、痛みを止める一時しのぎであり、根本的な治療にはなりませんが、痛みが強いために運動療法を始められない時や、炎症が強く関節軟骨の破壊に拍車がかかっているときにそれを防ぐための手段として有効的な補助療法なのです。

 

障害が重度の場合には、手術療法を行うことがあります。変形性膝関節症の手術療法としては、以下の二つが主になります。

 

①  高位脛骨骨切り術

 

名前の通り、O脚に変形した脚の脛骨を切って真っすぐにつなげ直して、正常な膝や下肢の状態に近づける手術です。O脚変形を治し、膝が真っすぐの状態になると、関節軟骨全体で体重を支えることができるようになるため、傷んでいる内側の関節軟骨の負担が減り、膝の痛みがやわらぐようになります。

しかし、骨を切ったあとは、骨折したときと同じように骨と骨がしっかりとコツ癒合するまで固定をしておく必要があるため、長期間の入院と治療が必要になります。

骨の癒合までは約6~8週間かかり、さらにその後も三ヶ月間は松葉杖を使用しなければなりません。

 

②  人工膝関節全置換術

 

大腿骨と脛骨の傷んだ関節軟骨の一部を切除して、金属やプラスチック、セラミックなどでできた人工関節に取り換える手術のことです。人工関節に取り換える際に、変形した骨を切除し、膝と脚の形を整え、関節への負担を減らしていきます。高位脛骨骨切り術よりも短い入院期間と治療で済みますが、正座のような膝を深く曲げる動作はできません。また、骨と一体化することはなく、年月と共にゆるんでくることがあります。その場合には、再手術が必要となります。

これらの手術をした後も、運動療法は必要です。特に手術をしたあとは、太ももの筋力は一段と落ちている状態です。膝への負担をなるべく軽減するためには、手術後も運動療法によって、太ももの筋肉を鍛えてあげることが必要なのです。

 

♦運動療法には「ウォーキング」が最適!

 

変形性膝関節症の治療には、運動療法が最も大切ですが、特におすすめしたいのは「ウォーキング」です。変形性膝関節症の治療をしている人にとって「痛みなく歩けるようになる」という目的にも即しているウォーキングは、膝の可動域訓練と太ももの筋力訓練の両方に適しています。

「あまり歩かない方がいいのでは?」と思う方もいらっしゃると思いますが、ほとんど歩かなくなってしまうとむしろ脚の筋力はどんどんと落ちてしまい、一向に改善しなくなってしまいます。

膝の痛みがある程度軽くなったら、平坦な道を20分程度歩くことを目標にウォーキングを開始します。ただし注意することは、膝の痛みと相談しながら歩くことです。

たとえば、歩いている最中に痛みが出たら、すぐに中止し、翌日は歩く距離を短くします。歩いたあとに痛みが出た場合、痛みが続くようならやはり距離を短くします。痛みを我慢して歩き続けることは、かえって変形性膝関節症を悪化させてしまうので注意が必要です。

また、ある程度、汗ばむくらいのスピードで歩くことが重要です。筋力をつけるためのウォーキングですから、だらだらと歩く「散歩」では効果が低くなってしまいます。

 

さらに、「ポールウォーキング」というウォーキング方法も大変有効な運動です。二本の杖のような専用のポールを持ちながらウォーキングを行うことで、運動効果をさらに高めてくれるだけでなく、バランスの良い正しい姿勢で歩くことができるようになります。また、二本のポールを地面につきながら歩くため、転倒を防ぐ効果もあります。

 

「ポールウォーキング」についてさらに知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

2017-04-07_175756.jpg

 

♦変形性膝関節症は膝だけの問題じゃない!?

 

冒頭でもお伝えした通り、数値で見ると、50代以上では2人に1人が変形性膝関節症であり、さらに6人に1人は痛みを有している状態です。

では、同じ年齢でも変形性膝関節症でなかったり、痛みがあるかどうかの違いはどこにあるのでしょうか。

 

東葉コンディショニングでは、下肢のバランスの良し悪しが、変形性膝関節症の進行度に大きく関わっていると考えています。下肢の骨格の配列(下肢アライメント)が崩れているせいで膝に大きな負担がかかり、結果として痛みにつながったり、進行度に差が生じているのです。

たとえば、同じ年齢、性別、似た体系の人であっても、下肢のアライメントが正常な状態の人と、O脚で下肢のアライメントが崩れている人では、O脚の人のほうが膝の内側の関節軟骨への負担が強く、変形性膝関節症になる可能性が高いといえます。

 

当院では、変形性膝関節症の患者に対して、膝に対してのみの施術(対症療法)をしていくのはなく、下肢全体(骨盤、股関節、膝関節、足関節、足部)のアライメントを調整し、今の変形性膝関節症だけでなく、膝に負担のかかりやすくなっている身体の根本的な原因を解決していく「根本治療」を行っています。

変形性膝関節症の痛みでお悩みの方は、ぜひ一度ご連絡ください。

 

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

いかがでしたか?

変形性膝関節症は、確かに高齢者に多い疾患ではありますが、その原因を知り、根本的な治療をしていけば、生活の支障を無くすことは可能です。痛みが小さいうちなら、早期の改善も可能です。

「もう歳だから・・・」と諦めるには早すぎます。ぜひ一度、当院にご相談ください。

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

関連記事