秋葉原 のじ先生の整体日記 ~いきなりやってくるぎっくり腰の原因~

「えっ!?こんな時に!!」と予想だにしないタイミングで腰を痛めた経験がある方は少なくないと思います。

そんないきなり襲ってくる腰痛「ぎっくり腰」・・日頃の疲れが溜まっていたり、腰周りに負担の掛かる姿勢を取り続けていると起きやすい症状です。
ゴールデンウィーク前で仕事も忙しくなり、疲れが溜まってしまい、ぎっくり腰で来院される方が何名かいらしたので、その症例を紹介します。

 

 

【倒れた自転車を起き上がらせようとした時のぎっくり腰 東京都千代田区の60代男性】

 倒れた自転車を起き上がらせようと、中腰で持ち上げたときにギクッと痛みが走ったと来院されたAさん。背骨のカーブ(生理湾曲)が崩れ、股関節の可動域も非常に狭い状態でした。


Aさんの整体内容は、崩れた生理湾曲と股関節の可動調整を行い、強く緊張した腰周りの筋肉を緩めたところ、整体後は痛みも無くなり、背骨のカーブ、股関節の可動域も改善されました。
日常生活で丸まったような姿勢を多くとっていると、背骨のカーブは崩れやすくなることをAさんに説明すると、仕事の時は猫背になっていることが多いと仰っていたので、普段から姿勢を気を付けるよう正しい立ち方、座り方をアドバイスしました。今は痛みに困ることなく、月に1回歪みを整え、ぎっくり腰予防で来院されています。

 

【車を降りようとした時のぎっくり腰 東京都文京区の40代男性】

営業の仕事をしており、車の運転が一日の大半を占めている中、車を降りようとした時に腰に力が入らなくなったと来院されたBさん。

運転時の姿勢を聞くと、運転中は浅く腰を掛け骨盤が寝た状態になっているとのこと。状態を診ると、骨盤の傾きと、骨盤の背部にある関節(仙腸関節)の動きが悪くなっていました。

Bさんの整体内容は、骨盤の調整と仙腸関節の可動調整を行い、痛みをかばって全身緊張している筋肉をゆるめたところ、整体後はほとんど痛みが無くなりました。

それから3回短い期間で来院され、現在は「あの痛みはもうイヤだ!」と予防のために2週間に1回ほど来院されています。

【くしゃみをしたときのぎっくり腰 東京都足立区の30代女性】

くしゃみをした際、腰に痛みが走り、その後、鍼灸やマッサージを行い症状は少し弱まっていましたが、最後の痛みがなかなか取れず、いつも腰をかばってしまうと来院されたCさん。

Cさんの整体内容は、仙腸関節と背骨の生理湾曲を中心に整え、緊張の強かった腹部をよくゆるめたところ、整体後は痛みなく腰が動かせるようになりました。

Cさんは、仕事上、毎にかがんだ状態でいることが多く、背中が丸まり、お腹もよく張るので、自分で改善できるストレッチを教え、毎日寝る前に実施するようアドバイス。一週間後には「今ではすっかり腰痛に悩まされることはなくなりました。」と喜ばれています。

現在は、予防のために月に1回来院されています。


ぎっくり腰は、本当に予期せぬタイミングで起きるものです。その原因の多くは、腰周りに負担の掛かるような姿勢や、疲労の蓄積が大半を占めています。
ぎっくり腰にらないためには
日頃からケアをすることが大切です。
そこで、腰痛解消のためのストレッチをご紹介します!
 

「私には無縁だ!」と思っている方!なんとなく腰に疲れや違和感を感じることがあれば、それがぎっくり腰になる可能性が高いです。
思い当たる方は、お早めに東葉コンディショニングまでご相談ください。

ぎっくり腰に関するこんな記事も人気です!

 
自分で出来るぎっくり腰のチェック方法!

ぎっくり腰に効果抜群のストレッチとは? 

腰の違和感は、大きな症状となってから治すのには時間がかかります。
少しでも「あれ?おかしいな?」と思ったら、今回紹介したストレッチを試してみてください。それでも違和感が消えない場合は、お早めに東葉コンディショニングにお電話下さいね!早めの対応が早期改善のポイントになります。 

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら


著者プロフィール

著者アイコン
野島 勇次郎
私も子供の頃に大きな怪我をして、「どこで治せばいいのかな?」と悩んだことがありました。
私は地元にあった治療院で治してもらいましたが、そこに通った理由は、担当になった先生の「必ず治します!安心してくださいね」と言葉をかけて頂いたことと、施術だけでなく、症状の原因をはっきりさせるために親身になってカウンセリングをして頂いたことです。
また、ほかのことで悩んでいるときも相談に乗ってくれたりもしていました。笑

その出会いがきっかけで私も整体師になったのですが、やはりその先生と同じように、体の不調で悩んでいる人の助けになりたいと思っています。
自分では気づけないような些細なことがその症状の原因になることもあります。
そういったところまでアドバイスさせていただきますし、何か不安なことがあれば何でも聞きますので、安心して任せて下さいね。

関連記事