足裏のアーチは8割の人が歪んでいる!?足のアーチの持つ役割とは?

体のバランスを取るために足にアーチがあるのをご存知ですか?
地球上のすべての生物は、重力の影響を受け続けています。人間は二足歩行で生活をしていますので、四足歩行の生物と比べその影響は大きく、常に頭から足底へと負担を掛けてしまっているのです。

その中で一番の軸となるのは、身体を支えている2つの「足底」になります。

外反母趾や指上げ足(浮き指)などにより足裏が不安定になると、足の痛みだけではなく、膝・股関節・腰・肩・首などの身体全体への不調へとつながるため、足のバランスを整えておくことは非常に重要なのですが、なんと84%の人の足のアーチが崩れているそうです。

体のバランスを良くするために、整体施術の中でも特に重要なポイントになる「足のアーチ」についてご説明していきます。

◆3つある足のアーチの機能・役割

走る、歩くなどの運動機能は、土踏まずのアーチが担っていて、アーチには外側縦アーチ、内側縦アーチ、横アーチの3つがあります。

0003.jpg

このアーチには、非常に大切な3つの役割、機能があります。

第1の機能は、立った状態で姿勢をしっかり保持するための安定性。

第2に、歩行やランニング、スポーツなど、運動の際に動く力を地面に確実に伝える機能。

第3は、クッションのように働くことで体重や過度の力を緩和し、衝撃を吸収する機能。

私達人類が、二足歩行できるようになったのは、足裏にこのアーチが形成され、発達・完成されたことによるものです。

アーチは非常に柔軟性に富み、動きによる足の複雑な変化に対応できるフレキシブルな機能を持ち、バネ効果で衝撃を吸収すると同時に反発弾力性も併せ持つ、まるで最先端素材のような優れた性質を有しています。

このアーチが正しく機能することで、人は長時間立ったり歩いたり、運動したりすることが出来るのです。

◆足のアーチの崩れが多くの障害を引き起こす

現代人の多くは、運動不足、靴を履いた生活などの生活様式の変化に伴い、足のアーチが崩れ足が正しく機能していません。

1999年の東京厚生年金病院の調べでは、正常なアーチはたったの16%、実に84%の人のアーチが崩れ、中でも74%の人のアーチが過度に内側に倒れ低下した「外反足」という状態だったそうです。

この比率は、現在ではもっと増加している可能性があり、このアーチの崩れによる機能低下が、足の疲れやむくみなどの様々な足のトラブル、膝や股関節、腰痛などの障害を引き起こし、ひいては体全体に悪影響を与える原因になります。

その足のアーチの崩れが引き起こす障害のうち有名な「外反母趾」「偏平足」「ハイアーチ」以外の足に関係する症状をいくつかあげて、その症状とアーチとの関係についてご紹介します。

 

◆足のアーチの崩れが引き起こす症状

 

①シンスプリント(下腿内側の疲労性炎症 )

②後脛骨筋腱炎

③後脛骨筋腱機能不全症

④有痛性外脛骨

⑤アキレス腱炎

⑥足底腱膜炎

⑦種子骨障害

⑧中足骨疲労骨折

代表的な足部の症状についてその原因を見ていきましょう。

①シンスプリント(下腿内側の疲労性炎症 )

膝から下の部分を下腿(かたい)というのですがこの内側(2本ある骨の内側)の骨である、脛骨の下3分の1ぐらいのところの筋肉の付着部で炎症を起こすことがあり、これを「シンスプリント」といいます。

場所がほぼ同じで、ある一点に集中するような痛みがある場合はその部分の疲労骨折の可能性があります。


シンスプリントの原因となる筋肉としては、長趾屈筋(親指以外の指を曲げる)、後脛骨筋(つま先を下と内に曲げる)、長母趾屈筋(親指を曲げる)、前脛骨筋(つま先を上に引き上げる)といった足首や足の指を使うための筋肉があげられます。この筋肉は下腿から始まっていて、部分的に集中して筋肉を使うと疲労が蓄積し炎症を起こします。

 

★シンスプリントと足のアーチの関係

シンスプリントの痛みが出ている筋肉の反対側に付着する筋肉の部分は全て足部にあります。足のアーチが崩れ、立っている状態で痛みを伴っている部分を余計にひっぱり、痛みが出やすくなっている可能性があります。

 ②後脛骨筋腱炎

足首の内くるぶし周辺に痛みがある場合は、後脛骨筋炎が疑われます。ランニングやウォーキングなどのスポーツや、立ち仕事をするなどの作業を続けると過度にこの部分に炎症を起こすことがあります。
特に偏平足やX脚気味の人は後脛骨筋が伸びやすく、炎症を起こしやすいという特徴があります。

 


③後脛骨筋腱機能不全症

後脛骨筋に部分断裂が起こり、歩行時のアーチを支える力が弱まることがあります。骨と骨の間の靭帯が伸び、内側のアーチが支えられなくなってしまい外反扁平足の状態になってしまうことを後脛骨機能不全症(PTTD)といいます。

さらに進行し後脛骨筋腱が断裂し、外反扁平足が強くなると立った時に踵の骨が内側に倒れ、距骨下関節の変形性関節症や外反母趾を伴うようになります。中高年の女性に多い疾患で内くるぶしの後方から、内くるぶしの斜め前下方にかけて後脛骨筋腱に沿った痛みや腫れが見られるのが特徴です。

後脛骨筋腱の部分を押すと痛みがありますが、そのまま放っておくと足の外側や足の裏にも痛みが出るようになり足に体重を乗せることやつま先立ちをすることが困難になります。

 

★後脛骨筋腱炎、後脛骨筋腱機能不全症と足のアーチの関係

後脛骨筋腱炎と後脛骨筋腱機能不全症に関係する後脛骨筋は足の内側のアーチをつくっています。内側のアーチが崩れることで外反扁平足になり後脛骨筋腱炎を起こしている場合は、内側の足のアーチを回復させる必要があります。

 

④有痛性外脛骨

外脛骨とは、足部内側の一番出っ張っている舟状骨にある過剰骨(よけいな骨)もしくは、種子骨の一つです。
普通の人でも15%ぐらいの方にあるといわれていますが症状がなければ何も問題はありません。この部分を舟状骨粗面というのですが後脛骨筋が付着しています。


捻挫や繰り返される後脛骨筋の引っ張る力で、外脛骨部分が舟状骨の部分からはがれるようになりその部分で炎症をおこすことがあります。

扁平足傾向の方に有痛性外脛骨は多く見られます。なぜなら外脛骨についている後脛骨筋が足のアーチを上に引き上げるのですが、扁平足になり土踏まずが下がると後脛骨筋が引き伸ばされる状態になるからです。

 ★有痛性外脛骨と足のアーチの関係

有痛性外脛骨についても内側のアーチが崩れてしまうことで脛骨筋を引き伸ばし付着部である外脛骨の痛みが増すことがあるので、内側の足のアーチを回復させる必要があります。

 

 ⑤アキレス腱炎

アキレス腱が痛くない方のアキレス腱と比べて腱の太さが太くなっていて、熱くなったり赤くなったり腫れたりして痛みが伴っている場合はアキレス腱炎が疑われます。歩いた後や朝起きた時に痛みが出ることがあります。

悪化すると安静時にも痛みが出ることもありつま先を上に上げるときに痛みが増強します。使い過ぎによるアキレス腱への疲労蓄積が主な原因といわれていますが、足のアーチが崩れていたり、O脚になっていると足部と下腿の角度が大きくなりアキレス腱の内側に過度なテンションがかかっていると、炎症のリスクが高まります。

 ★アキレス腱炎と足のアーチの関係

アキレス腱の内側に過度なテンションをかけてしまうO脚に関しても、姿勢性のO脚では特に足のアーチが内側に崩れることで炎症を起こしていることがあります。

 

⑥足底腱膜炎

足裏のかかとの内側底面から、足の5本の指の骨にくっつき足の土踏まずを作っている部分を。足底腱膜と呼びます。足底腱膜部は中央部が特に緊張していますが、繰り返しストレスがかかると、踵の骨につながっている部分で引っ張り合うような力がかかり、炎症を起こすことがあります。

★足底腱膜炎と足のアーチの関係

本来人間が足を着くときにアーチは沈み蹴るときに土踏まずのアーチが持ち上がることで衝撃吸収と蹴り出し時の推進力を作り出しています。土踏まずのアーチが下がってしまうと、巻き上げる動きが難しくなり、衝撃吸収と蹴り出しのサポートが上手く出来なくなります。その結果、足底筋膜に多大なストレスを与えると考えられています。

 

 ⑦種子骨障害

足の親指の裏側が傷む場合は「種子骨障害」が疑われます。「種子骨」は、足の裏側にある腱の滑りを助けたり、体重の負荷がかかるときクッションの役割を果たす骨です。親指の裏側に2個種のような形をした骨があり筋肉や腱が効率よく動くことを助けています。足の親指を上げると、土踏まずが緊張して足のアーチが高くなり「種子骨」はアーチの高さを維持する支点となっています。

また、種子骨は蹴りだしの際クッションの役割をして足を保護しているのです。度重なるつま先立ちの動作や、蹴り出し動作で種子骨への負担が多くなると種子骨周辺が炎症をおこすのです。

 ★種子骨障害と足のアーチの関係

 足底腱膜炎と同様に足のアーチがないことで、足を着くときにアーチが沈み蹴るときに土踏まずのアーチが持ち上がるという機能が使われなくなります。そうすると、衝撃吸収の役目をする、種子骨に多大なストレスがかかることになります。

⑧中足骨疲労骨折

中足骨は、足指の上にある5本の長い骨です。第2と第3中足骨が疲労骨折を起こしやすく、第5中足骨では「Jone’s骨折」と呼ばれています。

着地の衝撃や、蹴りだしの際に大きな力が加わり度重なる筋疲労が続くと、筋肉が柔軟性を失いアーチを支える力が、第2・第3中足骨に集中すると疲労骨折を起こしてしまうことがあります。

 ★中足骨疲労骨折と足のアーチの関係

内側のアーチが崩れてしまい蹴り出しの際に足の剛性を高められないでいると筋疲労を起こしやすくなります。足の内側のアーチ回復させることで骨と靭帯で足を安定させる必要があります。

 

正しい重心のラインとは?

カラダの全体重を支えている足部ですが、足部のどの部分で体重を支えればよいのか?ヒザ下から足にかけてのスネの部分には、内側に脛骨、外側に腓骨という骨があります。脛骨は腓骨に対し、4倍から5倍の太さがある骨なので、脛骨のラインからその下の距骨に全体重が乗ることで安定したバランスをとることが可能となります。

重心位置がずれることでの弊害

(1)外側重心になるケース:靴のカカトの外側がよく減ります!って方多いですよね。足の外側に 体重が乗っていると、ヒザ下の筋肉が固まり、足のゆがみが強くなり、 ヒザの間にボールでも挟んでいるかのような立ち方になったり、膝や 股関節の変形、足のむくみ、冷え性、腰痛などを引き起こす遠因をつくります。

(2)前側重心になるケース:先が細くヒールの高い靴をはくなど、足の前側に体重を掛け過ぎていると、体重が掛かる足の中間部分の筋肉が疲労し横に広がっていきます。そうなると、外反母趾や偏平足予備軍になり、全身のバランス低下を招き、様々な症状の遠因になってきます。

足元の理想のアーチを作る機能性インソール

重心を正しいポジションにキープし、足裏にアーチを取り戻していくことで、強く健康な足になっていきます。そうすることで、カラダ全体のバランスが良くなり、様々な症状改善の原因を取り除いていくことにつながります。 東葉コンディショニングでは、少しでも皆様方の健康生活に役立てるよう、日々バランスよく生活が出来るツールとして、2年以上の歳月をかけてセンターラインインソールを開発しました。

このセンターラインインソールは、足のアーチが崩れるなどの足部の歪みを、効率よく改善させ、足の骨格バランスを最適にし、「安定性」 と「運動性」と「吸収性」を実現させます。

・カラダのゆがみ、姿勢が気になる ・最近、歩行やしゃがんだりする動作がしづらい ・慢性痛に悩んでいる、疲れやすい ・立ち仕事がツラい ・将来の関節障害、筋肉疲労の予防に ・運動パフォーマンスを最大限に発揮したい方

など、全ての方に使用していただきたい自信の商品です。 商品構成も、靴やスニーカに対応するベーシックモデルから、 カーボンを使用した上級モデル、パンプス用のハーフモデル など生活シーンに合わせ各種揃えています。

ご興味を抱かれた方は、東葉コンディショニングまでご相談して頂ければと 思います。

私も子供の頃に大きな怪我をして、「どこで治せばいいのかな?」と悩んだことがありました。

私は地元にあった治療院で治してもらいましたが、そこに通った理由は、担当になった先生の「必ず治します!安心してくださいね」と言葉をかけて頂いたことと、施術だけでなく、症状の原因をはっきりさせるために親身になってカウンセリングをして頂いたことです。

また、ほかのことで悩んでいるときも相談に乗ってくれたりもしていました。笑

インソールについてもこちらの記事で詳しくご紹介しています。
「センターラインインソール」

また、更に詳しいことを知りたい方は
こちらをクリックして下さい。
興味のある方は是非一度お試しください。 

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

著者プロフィール

著者アイコン
小橋悟
子供の頃から母親のカラダの不調を見ていて、 整体の仕事に興味を持つ。また、自身のひざの故障や人間関係に 悩んだ経験から「ココロとボディケアの プロフェッショナルになり社会に貢献したい」 という想いが強くなる。解剖学や運動学の本を読むのが趣味で、テキスト作りからセミナー講師までをこなしている。

関連記事