波動セラピーで心身共にリフレッシュ!

そろそろ新生活の疲れが出てくる時期ですよね。

最近何もしたくない、どっと疲れが出てきたと感じている方も多いのではないでしょうか?

 

5月病と言われるような新しい生活環境の中での疲れを感じたら、いつまでも布団の中で過ごしたりせず、運動をしたり音楽を聞いたりショッピングをするなど、プライベートを楽しんで脳をリフレッシュさせるようにしてください。

そのうち環境変化にも徐々に慣れてくれば、疲れることも減り余裕も出てきます。

 

さて、今回のテーマは「波動セラピーで心身共にリフレッシュ!」です。

 

2017年1月東葉コンディショニングでは新しいサービスとして、予防医学に特化した健康機器「ニュースキャン」で行う波動セラピーを導入しました。

 

目的は、近年、高齢化社会を迎え増々「予防医学」(病気になってから治療するのではなく、 病気にならないように心身の増進をはかること)や「未病ケア」が重要と考えたからです。

 

この波動セラピーで用いる「ニュースキャン」は元々ロシアで開発された機器です。

宇宙飛行士が宇宙に行って体調不良になっても、治療を受けるのは難しいですよね。そこで、宇宙飛行士自ら自分の体調がどういう状態か確認し、ケアも自分でできるように、国を挙げて開発されたのが、この「ニュースキャン」なのです。

 

ニュースキャンは超低周波音(1Hz~9Hz)により、脳、臓器、骨、筋肉、DNAなど全身の約630箇所を衣服着用のまま、ヘッドフォンを装着するだけで、簡単にしかも短時間で総合的にチェックすることができます。

 

私達の臓器や骨など体の各器官は、それぞれ固有の共鳴する周波数があり、弱い電流を放っています。これは細胞の働き(互いの情報伝達)に関係しており、健康な細胞は細胞同士がそれぞれ互いに連携しながら情報を伝達しあうことで、わたしたちの健康は保たれています。

病気の初期段階では、この細胞同士の情報伝達がうまくいかなくなった状態だといえます。ピアノもたまに調律しないと不協和音が生まれてくるように、カラダも周波数をそろえて調律してあげないと病気になりやすくなるのです。

 

先日、高校に通う私の娘が原因不明のめまいを頻繁に起こすようになり、学校に通うのもままならない状況になりましたが、1週間毎日波動セラピーをやることで症状が治まり、今では体育の授業も受けられるようになりました。

 

施術現場でも導入から4ヶ月たち、我々もびっくりするような症例も出てきています。

 

私達の命は、良くも悪くも外界からの様々な影響を受けています。

食事や住環境、また生活の中でこうむる精神的・心理的な刺激も健康に大きく関わっています。

その中で健康を阻害する原因を除去し、より健康的な生活を営むために、波動的な立場から様々な提案・指導を行っているのが波動セラピーです。

このセラピーを大きく分けると

①波動チェック:気の滞りを測定、周波数検出

②ハーモナイズ:波動共鳴による気の滞りを解消

この2つから成り立っています。

 

冒頭で書いた5月病で精神的に疲れている、この先梅雨の季節になりますが、気圧の変化が大きくなると体調を崩すなどという方にも波動セラピーは有効です。

ご興味がある方は、是非試して頂きたいと思います。

 

【こんな方にオススメ】

・冷えやしびれがあるので、血流を良くしたい

・基礎体温を上げたい

・自律神経の働きを整えたい

・脳からリラックスしたい

・ホルモンバランスを整えたい

・生理痛や妊活のために子宮や卵巣のケアをしたい

・リンパの流れを良くしたい

・眼精疲労が強く、眼球や視神経もケアしたい

・病院とは違う視点で生活習慣病などカラダの不調をケアしたい

・尿もれ防止のケアをしたい

・ウツのケア、気分をスッキリしたい

・関節痛があるので、関節を細胞からケアしたい

・眠りの質を上げたい

・腰や肩の痛みがなかなか良くならず、血流やホルモンなど別の原因を探りたい

・甲状腺などホルモンの働きを活発にしたい

・病院で原因不明の症状がある

あてはまるものや気になる事があったら一度ご相談ください!
詳しい説明もさせていただきますよ! 

東葉コンディショニングの波動セラピーについて知りたい方はこちら!

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。

関連記事