冷え性なのに身体がほてる・・・その原因は?

血のめぐりが悪くなって起こる冷えは、「ほてり冷え」の一種です。冷えているのになぜほてりが起こるのでしょうか? 今回は季節の変わり目や寒暖差の大きい時に起こる「ほてり冷え」について書いてみます。

◆「ほてり冷え」はなぜ起こるのか?

年々冷え性に悩まされる方が増えていますが、その中でも最近多くなっているのが「顔はほてっているのに、手先足先などの身体の末端が冷えている」という状態です。
この状態が続くことを「ほてり冷え」と言ったりします。

この「ほてり冷え」の冷えは寒さやストレスで交感神経が緊張し、血管が収縮することで起こります。一方で顔がほてるのは、冷えによって手足の血管が収縮すると、血液が臓器の集まる身体の中心や頭部に集中し、顔附近の血液量が一時的に増加するためです。
屋外と室内との温度差に身体がついていけず、自律神経のスイッチがうまく切り替わらないため起こってしまいます。

◆「ほてり冷え」になりやすい人の特徴とは?

ほてり冷えがなぜ起こるのかが分かったところで、次はどういう人に起こりやすかご紹介していきます!
次の項目に当てはまるものが有ったら要注意です!

□常にストレスを感じている
□冷え症である
□食事や睡眠などの生活習慣が、不規則だと思う
□運動の習慣がない
□お風呂に入らずシャワーで済ますことが多い


過度なマイナスのストレス・生活習慣の乱れは自律神経を乱す大きな要因となります。また、運動不足やエアコンなど冷暖房設備をいつも使っていると自律神経がうまく働かなくなる原因になります。
朝晩と日中の寒暖差や室内と屋外の温度差が大きくなる季節は交感神経のスイッチが終始オンの状態となりやすいため、自律神経も乱れがちになります。
特に、女性は男性よりも血液の量が少ないため冷え症になりやすい場合が多いです。上記のチェック項目に当てはまる場合は、いつ「ほてり冷え」がおこってもおかしくないので注意が必要です。

◆身体の不調と自律神経の乱れとの関係

ほてり冷えをそのままにしておくと、ほてり自体はじきに治まりますが、症状は改善しないままなので、ほてる頻度が極端に多くなったり、体調不良や頭痛・めまい・寝つきが悪くなる・睡眠が浅くなる、など不快な症状が長時間続くこともあります。

これらの不快な症状は更なるストレスをかけ、どんどんと体の調子を悪くしてしまいます。

東葉コンディショニングでは、体の緊張を和らげる整体や、血管・血流の状態を調整する波動セラピーを行い、体の内側と外側の両方から症状改善を目指します。

「ほてり冷え」「冷え性」に心当たりがある方は一度ご相談くださいね。

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

関連記事