魚の目、たこの違いと対処法とは?

「足の裏に違和感があって、気が付いたら痛みが出てきてしまった。」足の裏を見てみると皮膚が固くなったようなできものを発見。これって、魚の目?たこ?どうしたらよくなるの?以前は市販薬でよくなったけど、同じ場所にまた出来てしまった。再発しないようにするにはどうしたらいいの?というお悩みを抱えている方って多いです。そもそも魚の目とたこってどう違うのでしょうか?

◆魚の目、たこの違いって?

魚の目とタコの見分け方は、「芯の有無」です。魚の目もタコも、足の皮膚が硬くなったものですが、

 ・魚の目は、魚の目のように真ん中に「芯」があるのが特徴です。

 ・一方、タコには芯が無く、黄色がかった皮膚が盛り上がって厚みで固くなった状態です。

◆魚の目は強い痛みを伴う

魚の目は、皮膚の深部にトゲのようにとがった芯が出来ます。芯周辺の硬くなっているところはあまり痛みません。初期は芯のとんがりが神経部分まで達していないために気づくことが少ないですが、放っておくと芯の部分は神経のある層まで達し、靴底に当たるなど外部からの刺激を受けると飛び上がるほど痛みが強くなる場合があります。

◆魚の目たこが出来る原因は?

ひーーる.jpg

・サイズの合わない靴を履いている。

・ヒールやパンプスなど踵が高いものをよく履く。

・立ち仕事をしている。 ・スポーツをしている。 など、足の裏に圧迫と摩擦が一定期間続くと皮膚はその刺激に対して防御反応を起こします。表皮の一番外側の角質層がケラチンというたんぱく質を通常時以上に作り、圧迫や摩擦を受けているところを厚くして守ろうとします。

 

◆圧迫や摩擦が起こる原因

では、なぜ圧迫や摩擦が起きるのでしょうか?

その多くは足の変形によって起こります。

・外反母趾

・開帳足

・スキューフット

・ハンマートゥ

このように足が変形すると、足に過度に圧迫や摩擦が生じるため、魚の目やたこが出来やすくなるのです。足先の細い靴による指との摩擦や、ヒールやミュールを履いて足が前に動くことによる摩擦によってもできます。特に、いつもハイヒールを履いている人は足の裏にタコができやすいです。一般的にはハイヒールをやめない限りタコが治らないどころか外反母趾になってしまい、魚の目やタコが出来やすい形に変形してしまいますが、東葉コンディショニングでは足部に特化した整体施術に加え、オリジナルインソール(センターラインインソール)を使っていただくことで変形を改善、予防できるようにしています。

◆外反母趾による魚の目、たこのお悩みを抱えるAさん

10代の頃からパンプスをよく履いていたという30代女性のAさん。アパレル系の仕事をしており、20代以降も踵の部分が5cm以上のヒールを履いて仕事をしています。20代で両足とも外反母趾と診断され、変形が収まると痛みはしばらく出なくなりました。30代になると、親指の外側に大きなたこが出来るようになり、足指の間に魚の目が頻繁に出るようになりました。そのため、いつもシップや市販の薬を貼っている状態。仕事中は痛々しく見えるので、シップは使わず痛みに耐えている状態でした。魚の目に市販薬を使ってよくなっても、しばらく経つと元通りに出てきてしまいます。

◆魚の目とたこでお悩みなら

東葉コンディショニングでは、足関節、足部に特化した整体施術法で

・足裏のアーチの崩れを直し、外反母趾、開帳足を正すことで正しい足のアーチを形成する

・足指のねじれを解消し、真っすぐに指を使えるようになる。

・過剰な圧迫や摩擦が起こらなくなり、たこや魚の目が出来にくくなる。

加えて、東葉コンデジショニングオリジナルのセンターラインインソールで施術後のよい状態を保つようにします。整体施術プラスインソールによって、働きながら外反母趾、魚の目、たこの状態を改善することが出来るので喜ばれています。

たこや魚の目でお困りの方は、お気軽にお問合せください。

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

著者プロフィール

著者アイコン
湯山卓
整体師としてトップクラスの施術実績を誇り、様々な症状の方に対応してきました。施術現場で培った経験を活かし、来院者さんのリアルな声を記事にしてお届するよう心掛けています。

関連記事