「冷えは万病の元」低体温が起こすカラダの不調とその対処法とは?

皆さんは「冷えは万病の元」という言葉を聞いたことありませんか?人の身体は36.5℃前後に保たれています。皆さんの平熱もそのくらいだと思います。

これは人の身体がもっとも活発に活動できる温度が36℃前後だからなのです。しかし最近では、低体温の人が増加してきています。「末端冷え性で手足の先が冷たい・・」なんてことになっていませんか?そのままだと身体に様々な悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

今回は冷え性による身体への影響について書いてみようと思います。

◆日本人の平均体温

日本人の体温は平熱で36.5~37.1℃と言われています。
体温とは、体の新陳代謝によってつくられた熱のことをいいます。これは、心臓で作り出された血液が送り出されるときに大動脈を流れる温度です。
日本人の体温の平熱は、平均36.5~37.1℃で、1日のなかでは約1℃前後で体温が変化しているのです。体温が上昇すれば、汗をかいて熱を発散させ体温を下げようとし、体温が下がると体の筋肉を使い体温を上げようとします。

皆さんの平熱はどのくらいですか?35℃より低い場合は低体温の可能性がありますのでこれから紹介するポイントを意識してみてください。

◆低体温の原因とは?


低体温とは平熱が35℃、もしくはそれ以下の状態の事を言います。

最近増えている低体温は平熱が35℃台の方が多いと言われています。寒さで身体が冷えていることによって、身体の持つ体温調節をする機能が正常に働かなくなってしまっているのです。

低体温の主な原因にはこんなことが考えられます。下記にあてはまるものがあるか、チェックしてみて下さい!

①冷たいものをよく摂る

②無理なダイエット

③偏食などによる栄養不足

④ストレスが溜まっている

⑤運動不足

あてはまるものはありましたか?これらの原因で体温が低下すると血行が悪くなり、身体の免疫力が低下してしまいます。免疫細胞は体温が低下するとその機能を発揮できず、風邪やアレルギーなどの症状を引き起こしやすい状態になってしまいます。

また、低体温により新陳代謝が低下してしまうため脂肪が燃焼しにくくなり、太りやすくなってしまいます。

最近では低体温とがんの関連性も注目されています。
ガン細胞は35℃台の身体がもっとも活発になると言われており、酸素を必要としない「嫌気性代謝」という方法でエネルギーを得ているので酸素の少ない場所や温度の低い環境で活発に増殖することが分かっています。

胃や大腸や乳房などは冷えやすいため、がん細胞が増殖し易いと言われ、心臓にガンがないのは、体の中でも温度が高いためとも言われています。さらに、先ほども書いた通り低体温は免疫力を落としてしまうので、ガン等の病気にかかりやすくなってしまいます。

体温が1℃上がるだけでも免疫力は5~6倍あがるので極力身体を冷やさないよう心がけることが大事です。基礎体温を上げることはガンや他の病気になりにくい身体を保つことに繋がってきます。

◆低体温への対策・予防とは?

低体温を防ぐためには、体温をあげる生活習慣を心がけることが非常に重要です。

これから紹介するポイントを意識することで、体温を下げないよう試してみて下さいね。

POINT①入浴
必ず1日10分から15分程度は、湯船につかるようにしてください。

POINT②保温
体を極力冷やさないように腹巻き、タイツ、カイロなどを使う。

POINT③飲み物
冷たい飲み物は控えて、白湯やしょうが茶を寝る前に飲むことで体が温まります。


平熱が低い人は、これらのポイントを注意しながら生活することで低体温を予防することに繋がります。


冬の寒い時期は特に低体温になりがちです。生活の中で、今日ご紹介したポイントを1つでも良いので意識してみて下さいね!

関連記事