四十肩・五十肩を悪化させない方法とは

年齢を重ねていくと気になる肩の痛み。一般的に四十肩・五十肩と言われる痛みを抱えている方は多いのではないでしょうか?今回は四十肩・五十肩の対処法について説明したいと思います。

◆四十肩・五十肩の症状・原因とは?

四十肩・五十肩は四十代・五十代に多く見られる症状で、そのために「四十肩・五十肩」と呼ばれています。医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれており、肩関節の「可動制限」「痛み」が主な症状になります。

日常動作の中でも

・寝ていると痛みが出る

・腕を後ろに動かせない

・上着に袖を通す時に痛みがでる

・高いところにある物が取れない

など様々な障害が生じます。

四十肩・五十肩の原因は医学的にはっきりと解明されていませんが、四十代・五十代の方に多いと言われていることから「老化」とされることが多いようです。その他にも猫背など姿勢が丸くなることで肩に負担が掛かることや、仕事やゴルフのような肩に負担のかかる運動をやり過ぎると発症する可能性が高いと言われています。

 

◆四十肩・五十肩を放って置くと動かなくなる!?

四十肩・五十肩は発症したばかりの頃は激しい痛みが伴い、基本的には痛みは引いていくと言われています。しかし、無理に動かしたり急に動いたりすると激しい痛みをぶり返す可能性があるので注意しなければいけません。

また、痛みが引いても炎症が起きていた影響により、筋肉は収縮して硬くなっています。そのため、関節を動かせる範囲が狭まり、腕を動かしにくくなります。

特に、腕を上げる動きや後ろに回す動作ができなくなります。着替えや洗髪がうまくできないなど、日常生活の動作に支障をきたすようになります。

痛みが出ている状態では、激しい運動や重い物を持つといった肩に負担となることは避けるようにしましょう。

 

◆適切な処置が重要

四十肩・五十肩は適切な処置が必要です。
まず、発症した直後は痛みが強く出ているので、患部の炎症を抑えるために冷やすことが重要です。また、痛みが出ている時はなるべく負担を掛けないために、重い物を持ったり過度に肩を使い過ぎたりしないようにしましょう。痛みが出ている状態で負担を加え続けると、肩関節周辺の筋肉が固くなり回復に時間が掛かってしまいます。無理に動かしたり、叩く、揉む、押す等も筋肉の緊張を悪化させる原因になるので注意が必要です。

痛みが引いても無理に動かしたり負担を掛け過ぎると痛みが再発する可能性があり、動かせなくなる原因になるので、動かせるからと言って過度に動かし過ぎないことが重要です。

 

◆四十肩・五十肩の痛みで来院した40代男性の症例

病院で四十肩・五十肩と診断され肩の痛みが酷く、服を着るときや高いところにある物を取るとき、寝返りを打つときに痛みが出ていました。来院する1カ月前から痛みが強くなり、肩関節の可動が悪く後ろに動かすと痛みが出ていました。猫背気味で背中が丸く姿勢が悪く肩の可動が制限されていました。一度やってみて頂くとお分かりいただけると思いますが、背中が丸い状態と丸くない状態では、丸い状態のほうが肩は上がりずらい事が分かると思います。 そこでまずは、この姿勢を改善するように施術を進め、その後、肩周辺の筋肉の緊張を緩め、可動を出すようにしました。約1カ月施術を継続して受けていくと、徐々に肩の可動が改善され、痛みも軽減されていきました。

このように四十肩・五十肩は放って置くと可動が狭くなり、場合によっては日常生活に大きな支障が出ます。そうなる前に適切な処置をしましょう。

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら


著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。

関連記事