そのやり方、実は間違っている?!筋肉痛を早く治す方法とは?

皆さんも筋肉痛で「体が動かない」「痛くて辛い!」という経験ってありますよね?実は多くのアスリートが実践している筋肉痛を早く回復させる方法があります。今回は筋肉痛解消法について説明していきたいと思います。

◆筋肉痛はなぜ起こるのか?

運動をすると、身体には疲労物質が溜まっていきます。今まで代謝が間に合わずに筋肉に疲労物質が蓄積されると筋肉痛が起きると考えられてきました。また、運動中に激しい筋収縮があると、筋肉への酸素供給が間に合わなくなり、エネルギー源であるブドウ糖が不完全燃焼を起こし、燃えカスのようなものが残ります。これが乳酸です。この乳酸が筋肉を硬くし、神経を刺激して炎症や痛みを起こすとされています。

ところが、最近では、血液中の乳酸値は運動後すぐに低下するため、乳酸は筋肉痛のような症状を起こす要因にはならないという考え方が出てきました。 では、どうして筋肉痛になるのでしょうか? 筋肉痛は筋肉の損傷によるものと考えられています。 損傷した筋肉が回復する過程で炎症を起こし、そのときにできる痛み物質が筋膜を刺激して筋肉痛になるという考え方が有力とされていますが、医学的にはっきりと解明されていないのが現状です。

◆あなたは大丈夫?筋肉痛の正しい治し方とは?

では、筋肉痛を「軽減する」ためには何をしたらいいのでしょうか?

1:アイシングする
筋肉痛が激しい場合は、筋肉の炎症を抑えるためにアイシング(冷やす)をすることが効果的です。特に運動や筋トレをした直後は、使った筋肉をアイシングすることをお勧めします。 アイシングをすることで血流を抑制し、筋肉の炎症を抑え、痛みを軽くすることができます。 また、痛みが激しい場合は最初はお風呂やサウナは控えてください。さらに炎症を促進してしまう可能性があります。

2:筋肉を柔らかくほぐす

筋肉痛の痛みが和らいできたら、次は身体を温めることが効果的です。体が温まると血流がよくなることで、酸素が身体中をめぐり、同時に栄養素も行き渡る状態になります。 そして、リンパ液などの体液の流れも良くなります。流れが良くなり、潤うことで疲労物質を始めとする「体には不要なもの」つまりは「老廃物」の除去、排出につながります。 このとき注意してほしいことが、筋肉を押したり揉んだりすることはしないことです。筋肉を押したり揉んだりすると返って筋肉が緊張してしまい硬くなってしまうからです。

当院ではこのほかに睡眠をしっかりとること、寝る前に10分~20分、湯船につかって身体を温めて、全身の血流を上げることをお勧めしています。 現代人は湯船につかる習慣があまりなく、入浴はシャワーで済ませている人がほとんどです。湯船につかることで身体が温まり、先ほど述べたように血流やリンパなどの体液の流れがよくなります。反対に筋肉痛の状態でシャワーしか浴びていないと筋肉の硬さが取れず、ケガのリスクも上がってしまいます。

このように筋肉痛は正しい処置を行えば早期に緩和することができます。 また、筋肉痛のまま過度なトレーニングを行うと肉離れを発症するリスクが高くなるので注意して行うようにしましょう。 もし筋肉痛がなかなか取れない場合は肉離れや別の怪我をしている可能性があります。

・運動をする度に筋肉痛が酷い

・慢性的に筋肉痛のような痛みがある

・むくみが抜けない

というお悩みがありましたらお気軽に相談ください。

 

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。

関連記事