つらさから卒業!痛みや疲れを出しづらい介護方法って!?~歩行補助編~

超高齢化社会を迎えた日本で、誰もが他人ごとではない介護の問題。前回は基礎的なカラダの使い方として、「手を返す」をお伝えしました。今回からは、実際に介護の現場で使える応用編です。まずは「歩行補助」を見てみましょう。

◆介護時の歩行、安定感はありますか?

皆さんは「歩行補助」をどのように行っているのでしょうか?
介護において転倒防止は非常に重要ですから、多くの方は、手をつないだり腕を組んだり、脇の下から支えたりといったサポートで、転倒防止としての補助をされてるのではないかと思います。そういったサポートにもう一つ、プラスアルファとして覚えておくと便利なのが、「仙骨の固定」です。介護という程のヘルプは必要ないけれど、立ち上がりやちょっとした歩行などで少し手を貸すことはあるという方から、腕で支えてお手伝いという方まで、安定して歩行をサポートする方法です。

◆身体重心をとらえて、介護時の歩行を安全にサポート!

人体における身体重心(身体全体の重さの中心)は、仙骨やや前方の骨盤内にあります。動作の中で重心にブレが生じると力の伝達がスムーズに行われず、ふらついたり足が上がらない、足が前に出ないなどの不具合が起こります。
そこで、仙骨を固定することで動きを安定させ、力を伝わりやすくして立ちあがりや歩行を安定させるのです。
ではやり方を見てみましょう。

図1.jpg

片手を相手の脇に軽く添え、もう片方の手の中指を仙骨に当てます。

図2.jpg        図3.jpg

相手の重心を捉えて押すことで、楽に立ち上がることができます。

いかがでしたか?このサポート方法なら、脇からの支えもありますし、安心して歩行の補助ができますね。
是非覚えておいて、実生活に役立てて下さいね。

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

著者プロフィール

著者アイコン
福嶋靖子
「家事や育児疲れで困っているママさん達の力になりたい」という想いで、自身の育児経験と整体師としてのノウハウを活かした施術やアドバイスは、ママさん達から熱い支持を受けている。2児の母。

関連記事