眼精疲労が原因かも?目と頭痛の関係性とは?

パソコンやスマホを使用した後に来る頭痛。これは眼精疲労に原因がある可能性があります。「仕事が忙しくてパソコンの画面を長時間見ることが多い」。こんな人は多いのではないでしょうか?今回はこの目と頭痛の関係について説明していきます。

 

 

◆視力の低下と共に起こる眼精疲労

目には自律神経の働きが多く、ピントを合わせたり、光の調節を自分の意思とは関係なく自動で行っています。視力が低下するとこの機能がより酷使され、眼精疲労の原因になります。

特にパソコンやスマホなどの画面を暗いところや顔を近づけてみていると、知らず知らずのうちに疲労が蓄積されていきます。

 

◆眼精疲労が身体に与える影響とは?

眼精疲労が蓄積されると自律神経が乱れる原因となり、身体に緊張が入ります。特に後頭部から首・肩にかけての緊張が強くなり、筋肉がガチガチな状態になってしまいます。

この緊張が血液の循環を阻害し、脳へと酸素が供給されなくなり頭痛を引き起こすのです。

 

◆眼精疲労が蓄積される原因

眼精疲労が起こる原因の一つとして視力の低下が挙げられますが、それ以外にも様々な原因があります。

多い原因がパソコンやスマホ、テレビなどの画面を長時間見ることです。このとき更に良くないことが同じ姿勢でいること。長時間同じ姿勢でいると血流が悪くなり疲労が蓄積され、目だけでなく首や肩などにも大きな負担が掛かります。

もうひとつが暗いところで本を読んだり、パソコン・スマホの画面を見ることです。先ほど説明したように、目は自動的に映り込む光の量をコントロールしています。暗いところでこのようなことをしていると、目を酷使することになり疲労が蓄積されます。

 

◆頭痛解消!簡単対処法

眼精疲労による頭痛を解消するためには、まず目の疲労を回復することが重要になります。

目の疲れを取り、負担を軽減するための方法をご紹介します。

・目を温める

目を温めることで血流を改善し、疲労を軽減します。

・光の調整をする

部屋の明かりやパソコン・スマホの光を弱くして目への負担を軽減します。

・目を強く閉じる、大きく開く

「強く目を閉じる、開く」を繰り返すことで筋肉の緊張が緩和されます。

・目を360度動かす

目を左右上下に動かすことで硬くなった筋肉をほぐすことができます。

・長時間の目の使用を控える

スマホやパソコンを見すぎたり長時間の運転などは目の疲労がたまる原因になります。適度に休憩を取るようにしましょう。

・パソコン・スマホ用の眼鏡を使用する

パソコン・スマホから出る「ブルーライト」と呼ばれる目の疲れの素となる光をカットすることにより、眼精疲労の軽減に繋がります。

 

◆東葉コンディショニングでの施術

東葉コンディショニングでは、眼精疲労が溜まっている方に対して後頭部周辺の可動、筋の緊張を取るように施術を行っていきます。後頭部には脳の後頭葉という部分があり、視神経が通っています。この視神経周辺の緊張を緩和し血流を改善することで、凝り固まった目の疲れも改善することが出来ます。

このように視力が低下し眼精疲労が蓄積されると頭痛を発症する場合があります。目の使い過ぎには十分に注意する必要があります。注意点に気をつけながら頭痛を解消しましょう!

 

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

著者プロフィール

著者アイコン
湯山卓
整体師としてトップクラスの施術実績を誇り、様々な症状の方に対応してきました。施術現場で培った経験を活かし、来院者さんのリアルな声を記事にしてお届するよう心掛けています。

関連記事