冬は腰痛になりやすい!?その原因とは?

冬の冷え込む時期になると、腰痛を起こしやすくなります。寒くなると腰痛に悩まされるという方も多いのでは?今回は、冬の腰痛の原因や、その予防・改善について紹介します。

 

◆冬に腰痛を起こしやすい原因とは?

冬に起きる腰痛の主な原因は、寒さから来る筋肉の冷えや緊張が挙げられます。

筋肉が冷え緊張状態が続くと、筋肉が固くなり血行不良を起こしてしまいます。そして血流が悪くなると、その部分に疲労物質が溜まりやすくなり、さらに筋肉を固くしてしまいます。

この悪循環が筋肉へ負担をかけ、痛みやコリとなって出てきてしまうのです。

また、年末年始などの長期休みに、こたつの中や布団の中でゴロゴロ過ごすなど、運動不足による筋力低下も腰痛を引き起こす原因の1つになります。

 

◆冬の腰痛を予防・改善するには?

まず、腰痛を予防するには、猫背や反り腰などの腰に負担をかける体勢をとらないことや、立ち姿勢で重心を正しい位置に乗せることなどを意識することが大切です

冬の腰痛を予防・改善するためには、

 

・毎日ゆっくり湯船に入り、体を芯から温める

・ウォーキングなど、適度な運動を行う

・寒さで冷え、固くなった筋肉や緩めるため、狭くなった関節の可動を出すためのストレッチを行う

 ことが大切です。疲労物質を溜め込まないために体を温めること、運動不足や筋力低下の予防として体を動かすことを日頃から意識しましょう。

~体を温めるポイント~

①腹巻をする!
 腹部を温めることで胃腸の活動を活発にしてくれます。便秘や胃もたれにも効果があり、特に女性にはおススメです。

②カイロを張る場所を工夫する!
 首、腋、太ももなど太い血管が通っている場所を温めると全身の血流が良くなり、血行改善されていきます。

③ゆず湯に浸かる
 寒い時期はお風呂に入る時間が長くなりがちですが、あまり長く入っていると湯冷めをしてしまい逆に身体を冷やすことも!
ゆずの果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果もあり、冬に辛く痛いひびやあかぎれも改善 します。皮の芳香油が 湯冷めを防ぐとも言われています。 

 

体を温める方法がわかったところで、今度は固くなった筋肉の弛緩、関節の可動改善のストレッチを紹介していきますね。

 

「骨盤コロコロ体操」

「シムスストレッチ」

このストレッチを行うことで、固くなった腰や股関節周りの筋肉を弛緩し、骨盤周りの関節の可動の調整をすることができます。毎日定期的に行ってみましょう。

血流が悪くなる原因は、固くなった筋肉や、骨格や関節が歪むことにあります。

ストレッチや予防・改善のポイントを注意するのにプラスして、整体でカラダの歪みを整え、筋肉の弛緩や血流の促進をしてあげることをおすすめします。

 

 stpbn1022.jpg

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

関連記事