間違いがちな腰痛対処法・・対処を間違えると症状悪化の原因に!?

日本人の実に8割の方が抱える腰痛・・ 腰が痛くなった時、どう対処しますか? 初めて腰痛を経験した人は、なんとなく聞いたことがあるような知識で対処していませんか?

自分の腰の痛みにその方法があっているのか、分からずに対処していると、腰痛緩和に効果がないだけでなく、腰痛が悪化したり長引いたりすることもあるので、注意が必要です。今回は腰痛の対処法について書いてみようと思います。

 

◆「腰痛は冷やす?温める?」 腰痛対処のポイント

「腰痛になったら、温めて血行をよくしましょう」という話を聞いたことがある人は多いと思います。その血行改善のために市販のマッサージグッズ、入浴法、体操など、いろいろなものが出てきています。 反対に、「腰痛は冷やすのが効果的。」という話を聞いたことがある方も多いと思います。冷湿布やビニール袋に氷と水を入れたアイシング方法など・・・。

しかし、腰痛の症状によっては温めることや冷やすことが逆効果になってしまうこともあるのです。

◆急性腰痛は冷やすのが大事

腰に違和感が生じた時、対処方法によっては悪化することがありますが  目安として、何かの動作をとった瞬間に痛みが出た場合は、「急性腰痛」いわゆる「ぎっくり腰」の症状につながることが多いです。この場合、腰の違和感や痛みを感じた部分が少なからず炎症を起こしている場合が多いため、冷やすことが効果的です。

ジンジン痛んだり、熱を持って熱くなっている場合は炎症が起きている可能性が高いため、炎症を抑える為にも冷やすことをオススメします。

ただし、過度に冷やし過ぎるのも危険です。筋肉が硬直してしまい、本来の動きができなくなってしまうので、必ず様子を見ながら行ってください。

◆慢性的な腰痛は温めるのが効果的!

温めて血行を改善させる方法が有効的なのは「慢性的な腰痛」です。「デスクワークで長時間座っていることが多く、腰が徐々に痛くなってくる」といったケースや「同じような腰の痛みが、半年~1年近くあり、運動をしたりお風呂に入ると多少楽になる」といったケースは、筋肉が血行不良によりこり固まった状態であることが痛みの原因と考えられます。 そのため、腰周りの血行を改善させ筋肉をほぐすことで、痛みが緩和されてきます。

◆腰痛解消施術法!

正しい対処法を行ってみたけどなかなか症状が良くならなかったり、一時は良くなるけどまた再発してしまう事が多い・・なんて方も多いのではないでしょうか。

そんななかなか良くならない症状の原因として考えられるのが、「体のゆがみ」です。体が歪んだままではいくら正しい対処法や良い治療を受けても効果が期待できず再発しやすくなってしまいます。

そこで東葉コンディショニングでは体の歪みから整える施術法を行っています。身体全体のゆがみやねじれを解消することで、腰にかかる負担を減らし、症状の改善へ!!また、その方の普段の生活の中にゆがみやねじれの原因となるものがあれば、まずはそこから治していけるようアドバイスやケアを行なっていきます。普段の姿勢や動作が思わぬ痛みの原因になっているかもしれません。当院のヘルニアストレッチや施術で症状が改善されている方も大勢います。

腰痛で困っている・・

腰に違和感を感じる・・

昔やったギックリがまた再発しそう・・

温めたり冷やしたりしても、変わらない!

など、心当たりのある方は是非一度東葉コンディショニングの施術を受けてみてください。メルマガで腰痛解消講座を無料配信していますので、こちらも試してみてください。

stpbn1022.jpg

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

関連記事