アスリートに必要な体幹!バランスのいい身体でパフォーマンスアップ!

皆さんはトレーニングをする時、どの部位を鍛えていますか?バスケットボールでは腕、野球では肩や走り込みによる足腰を鍛えるトレーニングに偏りがちです。しかしどのスポーツにおいても、全身を使います。ある部位ばかりを鍛えてしまうと、バランスが悪くなり、ケガを起こしやすくなります。特に接触の多いバスケットボールやサッカーは、身体を当ててでもシュートを止めようとしてきます。そんな時に、体のバランンスがしっかりしていると、ディフェンスに負けずにシュートを決めることが出来ます。今回は身体のバランスと体幹の重要性について説明します。

 

◆身体のバランスと体幹

スポーツをするうえでとても重要なのは身体のバランスです。そんな身体のバランスを支えるのに一役買っているのが「体幹」です。

「体幹」とは読んで字のごとく「体の幹」です。人間の身体の頭と四肢(左右の手足)を除いた部分を指します。背中や腰周りも含めた胴体の中心部全体です。体幹は、骨と筋肉で作られます。体幹を構成する骨には、骨盤、背骨、肋骨、肩甲骨などがあり、その周囲を取り巻く筋肉には、深層筋、表層筋があります。この2種類の筋肉を総称して体幹筋と呼びます。

この体幹がしっかりしている選手は激しいぶつかり合いでも、しっかりとバランスが保てるため、ケガもしにくく、苦しい体勢も踏ん張ることが出来るのです。

体幹は骨と筋肉がうまく連携して身体のバランスを支えています。身体のバランスが崩れてしまうと、一部の筋肉だけに負担が掛かってしまい、身体に大きな疲労を与えてしまうのです。バランスの偏った状態で走っていると腰や膝などを痛めてしまうことが非常に多くなってしまいます。

身体バランスがしっかりと整った状態であれば、より高いパフォーマンスが期待できます。そのために重要なのが、身体のバランスと体幹なのです。

 

◆体幹と歪みを整えることでパフォーマンスアップ

 先ほども書きましたが、体幹とは、「コア」「インナーマッスル」とも呼ばれる、横隔膜や骨盤底筋群などの腹部を中心とした筋肉と骨盤や肋骨などのことです。

 相手に負けない強い身体作りためにと、体幹を鍛えるトレーニングは様々ありますが、元となる身体が歪んでいると、せっかくトレーニングをしても、身体が歪んだまま鍛えられてしまいます。それでは、自分のパフォーマンスが十分に発揮できませんよね。

東葉コンディショニングでは、身体の歪みを整える施術に加え、Body Concierge(ボディコンシェルジュ)という、身体の歪み状態を3D写真で判別できるシステムがあります。

あ.jpg

写真を撮るだけで簡単に自分の歪みの度合いが分かるので、今の自分の身体がどのくらい歪んでしまっているのかを知ることが出来ます。

さらに、バランスを整える「バランスシューズ」「リアライン・コア」を使って動作の中でバランスを整えることもできます。バランストレーニングについては下記の記事をご覧ください。

バランストレーニングで体幹の歪みを改善!!

身体の歪みを整えて、パフォーマンスを上げていきましょう!

 

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

関連記事