バスケットボールで一番使う指先。一流選手も指先に気を遣う理由とは?

バスケットボールの競技において、パス、ドリブル、シュートでボールに最後まで触れていられるのは指先です。そのため、ボールが指先から離れる瞬間まで気を抜けないですよね。NBA選手が一番体の中で気にするのも「指先」です。今回はそんな重要な指先の動きについて説明していきます。

 

◆ボールを扱うのは手ではなく「指」

ボールハンドリングの基礎として、どのようなことを思い浮かべますか?

一番初めに、教えられることは、「手のひらをつけないで、指先を使ってボールを扱う」ということだと思います。基本中の基本で、バスケットボール上達本にも書いてあります。そのため、シュートを打つときも、同様に、「手のひらをつけずに、指先だけでボールを扱うように。」と教わる人も多いと思います。

しかし、実際にやってみると分かると思いますが、指先を使わずにボールを扱おうとすると、非常に不安定になります。そのような状態で、ドリブルやシュートができるものではありません。しかも、それを素早く動きながら、相手との駆け引きをしつつ行わないといけないので、相当な練習量が必要です。

 

◆指先の重要性って?

先ほども書いた通りバスケットボールを扱う上で大切な指先。一流のNBA選手も一番気にしているのは指先です。ドリブル、シュート、パスなどボールを扱う際に最後までボールに触れている指先は非常に重要なのです。ボールを離す(リリースする)際に、指の方向にボールは飛んでいきます。しっかりと指先でボールが離れる最後の瞬間まで感覚を捉えている事が、うまくボールを扱うコツです。

 

◆指の使い方とストレッチ!

指先をうまく使うためには、ハンドリングと指の柔軟が重要ですシュートも指先でコントロールしますし、ドリブルもボールのキャッチングもそうです。指先の柔軟性、感覚が優れている人はボールコントロールが上手です。まず、ボールをコントロールするためには、指先の柔軟性、感覚の向上が重要です。

~指先のストレッチ~

最も重要な関節は指の第1関節です。第1関節を反対側の手のひらに当てて反り返らせるようにストレッチします。次に第2関節のストレッチを行っていきます。第1関節、第2関節の柔軟性が高いと、手からボールが離れる時に最後までボールに触れることができて、繊細なボールコントロールができるようになります。

 

 

いかがでしたか?

バスケットボールは接触が多い競技なので、指先はとても怪我をしやすいです。指先の動きが硬いと、なおさら怪我をしやすくなるので、このストレッチを行ってみてくださいね。

 

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

関連記事