足のアーチが崩れることで起こる膝痛、腰痛・・・アーチが崩れる原因とは!? 

足のアーチが崩れると、足の疲れやむくみが出やすくなったり、外反母趾になったりする恐れがあります。また、足の状態が悪いと膝や股関節、腰痛を引き起こすなど、カラダ全体の不調の原因にもなりかねないのです。

そこで今回は、足のアーチが崩れる原因について紹介していきます。

 

◆足のアーチが崩れる原因とは?

足のアーチが崩れる原因はいくつか考えられますがその代表的な例として

・自分に合わない靴や、ヒールの高い靴をよく履いている。

・足の外側に重心が乗っている。(O脚の人に多い)

・拇指球、前足部に重心が乗っている(先が細く、ヒールの高い靴をよく履く人に多い)

などがあります。

足のアーチが崩れると、足の不調や痛みだけでなく全身のバランスが悪くなり腰痛や膝痛など様々な体調不良の原因にもなってしまうのです。

 

◆足のアーチの崩れが全身の不調の原因に!?

本来、カラダの重心は膝下から足部までを繋ぐ骨(脛骨)

keikotsu.jpg

に乗ることによって、体重を骨格で支えることができるのですが、外側重心(外側に傾いた重心)になると、体重を骨格ではなく筋肉で支えることになってしまいます。その状態が長く続くと、足回りの筋肉が固まり、足首・膝・股関節の各関節の連結が崩れてしまい骨盤が不安定に・・・

その結果、膝痛や股関節痛、腰痛などの症状の原因になってしまうのです。

前足部重心(足の前の方に重心が偏る形)になると、足部のアーチを支えている筋肉が疲労しやすく、足が潰れてきてしまい、扁平足や外反母趾の原因になります。扁平足になると、足のアーチが崩れ歩行時の足の機能低下に繋がり、膝痛などの原因にもつながります。

 

足部の不調はカラダ全体の不調につながることは理解していただけたかと思います。

そこで、足のアーチを整えるための東葉コンディショニングの施術の考え方について紹介していきます。

 

◆足部に対する東葉コンディショニングの施術法とは

足の不調を引き起こす原因には、偏平足や外反母趾、開張足など多くの症状があります。

どの症状にも共通して「足のアーチの崩れ」が原因になっています。

東葉コンディショニングでは、足部の連結不良を解消していく手順として、最初に足のアーチを正しい位置に戻していきます。

足のアーチを作るためには、骨格の構造上、足のアーチを支える重要な位置にある立方骨と言う骨を中心に調整します。

立方骨が落ちてしまうと、足のアーチは崩れてしまいます。なので、立方骨を挙上させ、立方骨の隣りにある骨(楔状骨)のねじれを解消させることで、足のアーチを正しい位置に戻し連結を改善することができるのです。

足のアーチや連結が整うことによって下腿全体のバランスも改善され、足の不調だけでなく、膝痛や股関節痛、腰痛の解消や予防につながるのです。

 

足のアーチは、立っている時の重心がずれ、立方骨が落ちてしまうことによって崩れてしまいます。東葉コンディショニングでは、足のアーチの要となる立方骨を下から支え、重心を安定させ足部の機能を最大限に引き出すインソールも販売しています。足の不調や膝痛・股関節痛、腰痛などで悩んでいる方のお役に立てればと思います。

インソールに興味のある方はこちらをご覧下さい。

 

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。

関連記事