辛さから卒業!痛みや疲れを出しづらい介護方法って!?①

超高齢化社会を迎えた日本で、介護の問題は他人ごとではありません。施設などで働き、直接かかわっている方はもちろん、親御さんやご兄弟、親戚などの介護をしている、もしくは介護を視野に入れて生活している方も多いのではないでしょうか?

今回は、介護・介助でのカラダの使い方のコツをお伝えしたいと思います。

 

◆介護ってそんなにつらいもの?

「介護」って聞くと、大変、ツライ、疲れる・・・など、マイナスなイメージを持つ方がほとんどかもしれませんね。実際、人の尊厳や命に直接関わることですので、もちろん大変ではありますが、やりがいもあります。何より良い反応があった時の喜びは想像以上に大きいものです。私は介護福祉士の資格を持っており、以前は障碍者施設で働いていましたから、大変さも喜びの大きさもどちらも経験しています。けれども、介護をするには体力も気力も必要ですし、特に身体介護を必要とする方へのアプローチは、ともすれば「力任せ」になりがちです。

そんな「パワー介護」を続けていると、当然カラダには過度の負担がかかりますので、介護者=腰痛持ち、というようにセットで扱われる事態になっていくのです。

 

◆介護の基本!正しいカラダの使い方で腰痛にサヨナラ!

それではパワー介護を卒業するために、実際に「人を押す」実験をして、力の伝わり方の基本を見てみましょう。

グラフィックス2.png 手の甲で押すグラフィックス2.png 手のひらで押す

相手を突き飛ばすように押す動作をするとき、腰に手のひらを当てた場合と、手の甲を当てた場合では、後者の方が勢いがつきます。

(これを実験する時は、必ず受け止める役の人を用意して行い、ケガのないようにしてください)

手のひらを使うと、腕だけの力で作業することになります。しかし手のひらを返すと、肩甲骨の角度が変わるため、「腕力」だけでなく肩や背中など「全身」の力を使えるようになるため、身体に少ない負担で力を効率良く伝えることが出来るようになるのです。けれども手のひらを反した状態で何か作業をするというのは難しい、というか無理です。ですから、カラダの状態は張りを作ったまま、手の平だけ戻せばよいのです。

1.手のひら内向き

グラフィックス4.png 

2.手のひらが外に向く様に反す

グラフィックス5.png

3.肩から腕、背中の筋緊張はそのままで手のひらだけ戻す

 グラフィックス6.png

写真1と2・3では、肘関節内側に貼ったシールの向きが違いますね。2の様に手を反した時の肩から腕、背中にかけての筋緊張を保ちながら手首だけを反し、手のひらを戻すと、3の状態を作れます。こうすることで効率良く力を伝達し、カラダを痛めない介護に一歩前進できます。


◆介護以外でも活用方法大!身体の負担を減らす

肩甲骨の角度を変えて全身を使うというのは、介護のような特別な場面だけでなく、日常生活でも役に立ちます。例えばハンドバッグや重い荷物を持つときなど。

グラフィックス7.png  グラフィックス8.png

上の写真のように、手のひらを上にする方が殆どだと思いますが、これを下の写真のように下向きにちょっと変えるだけで、腕の力で持つことから解放されます。小さい事ですが、普段からのカラダの使い方を意識することで、介護の基本姿勢の練習になりますので、少しずつ試してみてくださいね。


整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら


著者プロフィール

著者アイコン
福嶋靖子
「家事や育児疲れで困っているママさん達の力になりたい」という想いで、自身の育児経験と整体師としてのノウハウを活かした施術やアドバイスは、ママさん達から熱い支持を受けている。2児の母。

関連記事