ランナー膝による膝の痛み、ランニングで気を付けたいこととは?

趣味や健康維持などで、ランニングやマラソンをされている方は少なくないと思います。リフレッシュや気分転換で行っている方もいると思いますが、そこで気を付けたいのが「ランナー膝」。痛みが出てしまっては、逆にストレスになってしまいますよね。そこで今回は、ランナー膝の原因や対処法についてご紹介します。

 

 

◆膝の痛みを引き起こしやすい運動とは?

 

膝を痛めやすい運動としてランニングが挙げられます。

ランニングは健康維持には良い運動ですが、走る時間、走る距離、走るフォームを考えなければ、膝を痛める原因になってしまうのです。

ランニングによる膝痛の原因で最も多いのが、「ランナー膝」という障害です。

ランナー膝とは、ランニングによる膝関節周辺の障害の総称のことです。その中でも多い障害が「腸脛靭帯炎」です。腸脛靭帯炎とは、ランニングなどにより、腸骨から脛骨へ走る腸脛靭帯が、膝の外側(大腿骨外踝)と擦れ合い、炎症を起こし圧痛などの痛みを引き起こしてしまうものです。

無理をして長い距離を走るなどオーバーワークをしてしまうと、ランナー膝を引き起こしてしまう可能性が高まります。オーバーワークにより、膝に負担をかけ続けることや間違ったフォームで走り続けることにより、膝周りの筋肉や腱を痛め、ランナー膝になってしまうのです。

 

 

◆ランナー膝の原因とは?

主な原因は、オーバーユースです。

ランニングをしていると、気分が乗ってきたり、つい無理をして長い距離を走ってしまうこともあると思います。しかし、その無理な運動による過度な膝への負担が、ランナー膝を引き起こす可能性を高めてしまうのです。

また、準備運動不足やインターバル不足、走る時のフォーム、履いている靴なども原因の一つになってきます。

自分にとって無理のない距離で走る、走る時の靴はクッション性のある自分に合った靴を履く、ランニングフォームを正すなど、ランナー膝にならないように予防していきましょう。

 

◆マラソンによるランナー膝で来院したMさんのケース

趣味でマラソンを定期的に行っていたが、走っている最中や走り終わった後に膝に痛みを感じ、来院してきたMさん。歩行検査をしたところ、ランナー膝の症状でした。

全身のバランス調整をした後に、膝だけでなく股関節や、足首といった下肢の歪みをなくし、関節の可動域を上げるように施術を行ったところ、来院時は痛くて走れなかった状態が、3回目の来院の後には、走れるほどにまで回復されました。

現在も月に1回のペースで、メンテナンスで施術を受けに来られ、マラソンを続けられています。

 

◆主な症状とは?

ランナー膝に多い腸脛靭帯炎の主な症状として、膝の外側(大腿骨外踝)周辺に痛みが出ます。

症状が軽いときは、ランニング後に痛みが出ますが、休憩してしばらくすると痛みはなくなります。しかし、重症化すると、休憩をとってもなかなか痛みが取れなくなってしまいます。

 

◆理想的なランニングフォームとは?

ここで、理想的なランニングフォームを紹介します。

 

・つま先と同じ方向に真っ直ぐ膝を出す。

・足だけを動かすのではなく、腕を振り体幹を動かす。

図2.png

 

この2点を意識することで、膝への負担が減り、怪我の予防につながるのです。また、膝の怪我は下肢の歪みも引き起こします。

 

東葉コンディショニングでは、下肢の歪みを整える施術も行い、怪我をしにくい身体をつくるサポートも行います。

お困りの方は、ご気軽にご相談ください。


身体の痛みやコリ・歪みでお困りの方は、年間2万回の施術実績を誇る「からだの専門院」へご相談ください。


著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。

関連記事