スポーツの秋こそ正しい脱水症予防を!!

「運動の秋」とよく言うように秋は運動やスポーツを楽しむ季節ですが、そんな秋に注意したいのが実は「脱水症」なのです!

夏場はこまめに水分補給をしていても、秋になり、涼しくなってきたからと油断したり、単に「水分を摂れば良い」と思っていると、かえって症状を悪化させてしまうこともあります。

今回は秋の効果的な水分補給について書いてみようと思います。

 

◆体重の2%の水分が無くなると危険な状態!!

皆さんもご存知の「脱水症」。これは身体の水分が足りなくなることでおこります。

「喉の渇き」から始まり、だんだんと「全身のだるさ」「頭痛」「吐き気」「めまい」などが起きてきます。

さらに水分不足が続いて汗が出ない状態になると、体温が急上昇。熱中症のリスクが高まり、命にかかわることもあるのです。

脱水症になってしまう水分損失の目安は、体重の約2%と言われています。体重50キロの人なら約1リットルの水分を、汗や尿などで失うと、危険な状態になります。

人は夏場で運動しているとき等、多いときには1時間500~600mlの汗をかくと言われています。

つまり先ほどの例だと、体重50kgの人は、約2時間激しい運動を続けると脱水症の危険ラインに陥っていることになります。

◆間違った水分補給をすると・・・

運動したり、汗をかいたら「水をがぶ飲みすればいい!」というわけでもないのです。

人間が一度に吸収できる水分量には限界があるため、目まいや吐き気などが起こり、脱水状態に近づいてきたからといって大量に水分をとっても、体は必要量の一部しか吸収できないのです。

また一度に大量の水を飲みすぎると、水分の摂りすぎによって血液中のナトリウムの濃度が低下し、ひどい場合はけいれんや意識障害を起こすこともあります。

またスポーツを行っている方などに多いのが「運動のあとのビールが楽しみ!」という方です。ビールには利尿作用があるため、さらに脱水を悪化させてしまう恐れがあります。 コーヒーや緑茶などもカフェインの利尿作用があるため水分補給には不向きといえます。

何か飲めばいいというわけではないことも覚えておくといいですね!

◆効果的な水分補給とは?

500mlのペットボトルの水を1時間に5回くらいに分けて摂るのが目安です。

冷たい水は体に負担をかけやすいので、ぬるいくらいのお水を飲むように心がけましょう。

運動会やスポーツなど1時間以上運動する場合は、水分だけでなく塩分と糖分などのエネルギーの補給も欠かせません。これらを一緒に摂ることで運動後の疲労感が軽減されてきますよ!

いかがでしたか?意外と油断しがちな秋の水分補給。楽しく安全に体を動かすためにも意識してみてください。 そして運動後はしっかりとストレッチをしてゆっくりお風呂に入ることで疲れを翌日以降に残しにくくなりますよ!

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。

関連記事