秋冷え注意!朝晩の気温差が腰痛・肩こりの原因に

10月にさしかかり、少し肌寒い季節になってきましたね。秋は、日中は暑く、朝晩は気温が下がり、体が冷えやすくなっています。そんな時に気を付けたいのが腰痛、肩こりです。秋の腰痛や肩こりに悩まされている方も多いのではないでしょうか?

 軽い症状でも慢性化すると、症状が悪化し辛いものになってしまいます。今回はこの秋に起こる腰痛、肩こりについてご紹介していきます。

 

◆気温の変化がカラダに負担をかける?

 

秋は気温が徐々に低くなり、肌寒くなっていきます。朝晩の気温の変化は5度以上になる日も多くあります。なぜ、これが腰痛や肩こりの原因になるのでしょうか?

実は気温の変化でもカラダはストレスを感じています。このストレスが腰痛や肩こりの原因になるのです。

気温の変化は一種のストレスです。例えば、少し前まで暑い日が続いていましたが、冷房の効きすぎた室内から外に出たとき、カラダが重だるく感じる事はありませんでしたか?これは体温の調節を行なっている自律神経が、急激な気温の変化についていけなくなり、自律神経の乱れが生じてしまっているからです。自律神経が乱れると体温調節がうまく行えなくなり、血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなってしまうとカラダに栄養素が行き渡らなくなり、疲労物質が体内に溜まってしまいます。これが筋肉に負担を掛け、腰や肩の痛みの原因になります。

 腰や肩は上半身・頭の重みを支えており、それだけでも負担が掛かっています。更に気温の変化によるストレスでカラダに負担を掛けてしまうのです。

 

◆朝晩の気温差に気をつけること

 

では、自律神経を乱さないためには、どのようにしたら良いのでしょうか?自律神経の説明と共に紹介していきます。

 

そもそも自立神経には交感神経と副交感神経の2つがあります。交感神経は緊張したときや激しい運動をしたとき、恐怖や危機感を感じるときに優位に働きます。強いストレスに反応して働くため、カラダに大きな負担をかける場合もあります。副交感神経は睡眠時やリラックスしているときに優位に働き、カラダの回復を担う神経です。

自律神経が乱れると交感神経が働きっぱなしになり、カラダが常に緊張した状態になってしまいます。

カラダに負担を掛けないためには、いかに副交感神経を優位にさせるかが重要になります。

 

そこで自律神経を乱さないための方法をご紹介して行きます。

1.入浴をしっかりと行う

体温に近い38~40度近くのお湯に10~20分ほどゆっくり浸かります。湯船に浸かることは全身の力が抜けリラックス効果があります。また、血流もよくなり、寝る前に入ると気持ち良く寝付けます。

※  40度以上の熱湯に入ると血圧が急激に上昇する可能性があるので注意して下さい。

2.寝る前にゆっくりと腹式呼吸をする

寝る前に深く腹式呼吸を行うこともオススメです。息を吐くときは副交感神経が優位に働くので、疲れた時なども腹式呼吸を深く行うようにしましょう。

 

これらを行うことでカラダの冷えを解消することができ、自律神経を整えることが出来るため、冷えによる、腰痛・肩こりを防ぐことが出来ます。

東葉コンディショニングにも自律神経の乱れが原因と考えられる腰痛、肩こりの方が来院しています。東葉コンディショニングの施術方法でリラックスして頂き、症状がグーンと改善された方も多くいます。

 もし痛みが出てしまったり、痛みが続く場合はお気軽にご相談下さい。

身体の痛みやコリ・歪みでお困りの方は、年間2万回の施術実績を誇る「からだの専門院」へご相談ください。

 

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。

関連記事