野球のピッチャーに多い野球肘。その原因と治療法とは

野球肘という症状名からもわかるように、野球肘は投球過多、オーバーユースに起因する肘のスポーツ障害です。特に、体がまだ出来上がっていないジュニア期のピッチャーに多い症状になります。好きな野球を長く続けていくために知っておきたい野球肘の原因や特徴、治療法について紹介していきます。

 

 

◆  野球肘の原因とは?

野球肘の主な原因は肘関節のオーバーユースです。

名前の通り野球をやられている方、それ意外にも物を投げる動作を繰り返し行なっていた方などにも起こりやすいとされています。

野球肘には、肘の内側に痛みが生じる「内側型」と、肘の外側に痛みが生じる「外側型」があります。

内側型とは、投球時に肘を内側に内転させる回内屈曲筋によって、内側に引っ張る力が大きく加わり、回内筋群や内側側副靭帯、尺骨神経などに負担がかかり、損傷が出る症状です。重度になると、肘の内側の出っ張っている骨、上腕骨内側上顆が剥離骨折することもあります。

外側型とは、投球時に肘の外側にある上腕骨小頭や橈骨頭が圧迫されることにより、骨の壊死や損傷、骨が欠け、その欠片が関節内で動き周り、関節の進展、屈曲時の痛みや可動不全を引き起こす遊離体などの離断性骨軟骨炎の発症のことです。

 

 

◆野球肘の痛みの特徴とは?

野球肘の痛みの出方の特徴として、初期段階では投球時に少し肘に違和感を覚える程度で、大きな痛みを感じることはありません。しかし、症状が悪化していくと、肘関節の可動範囲の制限、部位的に刺すような痛み、炎症を起こすことによる熱感などの症状が出てきます。

投球時に肘に違和感を覚えるだけでは、疲労が溜まっているだけだと考える方も多いと思いますが、野球肘の原因はオーバーユースなので、違和感を覚えたときは、無理をしないようにしましょう。

 

 

◆野球肘に対する病院での治療法

ここで、野球肘に対しての病院での一般的な治療法について説明します。

まず、内側型なのか外側型なのか、肘のどの骨や靭帯などに損傷が見られるかを検査します。そして、その検査結果から治療方針を決め、治療を行います。

病院での治療は、ほとんどが保存療法が用いられています。保存療法とは、症状が治まるまで手術をせずに行う治療のことです。野球肘に対する保存療法として、主に以下の4つがあります。

・安静治療

・投薬治療

・物理治療

・運動療法

安静療法とは、名前の通り、投球を止め症状が落ち着くまで安静にする治療です。重症でない限り、この療法が用いられます。

投薬治療とは、痛みを抑える薬や、湿布などにより症状を抑える治療です。

物理療法とは、症部を冷やしたり、温めたり、電気を当てたりして血液の循環の改善をはかる治療法です。

運動療法とは、足りていない筋肉、必要な筋肉をつけると同時に柔軟性を高める治療法です。

骨や軟骨の損傷がひどく、症状の進行が進んでいる場合は、手術を行うこともあります。

 

 

◆東葉コンディショニングの野球肘に対する施術の考え方

病院や一般的な治療法では、症状が出ている部分へのアプローチや、痛みを抑えるための治療を行いますが、東葉コンディショニングでは、野球肘を起こした原因を正し、症状を改善させ再発しないカラダをつくる根本療法を行っています。

しかし、骨の変形や欠けるなどの損傷は元に戻すことは出来ません。野球肘の症状が見られる場合は、まずは1度病院でレントゲン検査をし、医師に診断していただくことをおすすめします。

 

野球肘を改善させる大きなポイントは2つ。

1つ目は、「蓄積された疲労を取り除く」いうことです。カラダ全身のバランスを整える中で、特に肩から肘、指先までの過度にストレスが掛かった筋肉にアプローチし、血行、リンパの循環促進を図り疲労回復に努めます。炎症や痛みがあるうちは、投球を控えてランニングなどのメニューに重点を置いてもらいます。

 

2つ目は、「肘に過度なストレスが掛かるカラダの使い方を正す」です。野球肘の大きな原因として、ピッチングフォームが挙げられます。ワインドアップからテークバック、接地、回転動作、リリース、フォロースルーの一連の動作の中で、肘に過度な負担がかかるようなフォームになっていないか、足から股関節、骨盤、体幹、首、頭、肩、肘、手首、指先などが、きちんと連動しているかなどをチェックし、不具合があれば、そこを修正することで肩や肘などのスポーツ障害の予防、投球パフォーマンスの向上につながります。

特にカラダがまだ出来ていないジュニア期は、トレーニングと積極的な休息、良いフォームを身につけることが大変重要になります。

ここで、簡単に出来る野球肘の予防・改善トレーニングを紹介します。

 

◆野球肘の予防・改善トレーニング

 

「野球肘に効果的なトレーニング動画」

 

野球肘を起こさないためには、使い過ぎに気を付ける以外にも、カラダ全体の連動や肩甲骨の可動、各関節を正しく動かしてあげることが重要になってきます。

野球肘になってしまった時や、予防の参考にしてみてください。

 

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

関連記事