テニスで気になる肘の痛みは、肩に原因が!?

中高年に人気のスポーツと言えば、ゴルフやテニスが思いつくのではないでしょうか?

テニスと言えば、今年はオリンピックも開催され、錦織圭選手が銅メダルを獲得したのは記憶に新しいと思います。

 そんな中高年に人気のスポーツ、テニス。テニスをやっていて怪我を経験したことのある人は多いと思います。特に多いのが肘、肩を痛める人です。いわゆる「テニス肘」などの怪我ですね。今回はそんな肘、肩の痛みについて紹介していきます。

 

◆肘の痛みは肩に原因が?

 

テニスによる肘の痛み。いわゆる「テニス肘」は別の記事でも紹介している「ゴルフ肘」と同じで、正式には「上腕骨上顆炎」と言います。やはり肘に負担がかかるスポーツゆえにテニス肘になる人は多いです。

しかし、テニスをやっている人が全員テニス肘になるのかというと、そういうわけではありませんよね?では、肘に痛みが出る人にどんな特徴があるのでしょうか?

それはカラダの連動性に原因が隠されていたのです。

テニスでボールを打ちかえす時、負担が手や肘、手首ばかりにかかってしまう人は、カラダの連動性がうまく出せていないのです。

特に肩甲骨の動きが悪いとスムーズにラケットを振ることが出来ず、「手打ち」といって、手の力だけを使っている状態になってしまいます。この手打ち状態になると、手や肘、手首に過度に負担がかかり、痛みが出てしまうのです。

反対にカラダの連動性が良い人は、全身の力を使ってボールを打ち返すことが出来るので、肘や手首の負担が軽減され怪我をしにくいのです。

 

◆肩甲骨の動きが悪くなる原因とは?

 

では、なぜ肩甲骨の動きが悪くなってしまうのでしょうか?

考えられる原因は日常生活や過度なデスクワークなど様々ですが、ここではテニスを行ううえでの注意点についてご紹介していきます。

1.不十分な準備運動

まずは準備運動が不十分なことです。例えば、仕事帰りなど準備運動が不十分な状態でいきなりテニスを行うと、急激にカラダに負担がかかるため筋肉が緊張してしまいます。そのため全身の筋肉の動きを鈍くし連動性が失われてしまいます。まずはジョギング、体操、素振りなどを行い、カラダを温めてからテニスを行うようにしましょう!

 

2.オーバーユース

次にオーバーユース(使い過ぎ)です。どのスポーツでも一緒ですが、カラダを酷使し過ぎると疲労がたまり、カラダの動きが硬くなります。そうなると、全身の連動性が失われ、肘や手首に負担がかかるだけでなく、単純に怪我に繋がる可能性も高くなります。自分の体力と相談して適度に休息を取るようにしましょう。

 

3.運動後のカラダのケア

 

最後に運動後のカラダのケアです。テニスをした後に、なんのクールダウンもせずに家に帰って横になったり、食事をしたりしていませんか?

運動後に、アイシングやストレッチを充分に行わないままカラダの動きを止めてしまうと、筋肉が硬くなってしまいます。このようなことが続くと、カラダ全体の動きが硬くなってしまい、怪我やテニス肘になってしまうのです。

テニスを終わった後は、湯船にゆっくり浸かりカラダを温めたり、ストレッチを充分に行うなどして、カラダのケアを行うようにしましょう!

 

◆簡単肩甲骨ストレッチ

 

ここで肩甲骨のストレッチをご紹介します。横になった状態で簡単にできます。これで肩甲骨の動きを改善し、手首、肘への負担を軽減しましょう。

 

【手順1】

おへその上くらいの位置で、

腕を伸ばし、手のひらを組む。

そのまま、右回し10回

左回し10回 動かす。

図1.png   

 

図2.png

【手順2】

おへその上の位置で行った後、

同様に天井に向かって腕を伸ばし

右回し10回

左回し10回 動かす。

図3.jpg

 

【手順3】

同様に頭の方に向かって腕を

伸ばし、右回し10回

左回し10回 動かす。

 図4.jpg

いかがでしたか?

このストレッチを行ってみてもなかなかよくならない・・・というときは、当院にご相談ください。

身体の痛みやコリ・歪みでお困りの方は、年間2万回の施術実績を誇る「からだの専門院」へご相談ください。

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

関連記事