足から健康革命!乗るだけでカラダに軸を作るインソール!

自分の足の歪みって考えたことありますか?実は84%の人の足は歪んでいると言われています。そのため、外反母趾やむくみといった症状を訴える人が多いのです。

今回は足の歪みがカラダに与える影響や、解決法について書いてみようと思います。

◆足や下肢のゆがみがカラダに与える影響

東葉コンディショニングでは、年間2万回以上の整体施術をしていますが、足部、下肢の歪みは様々な症状への遠因になっているケースを数多く見てきました。 1999年の東京厚生年金病院の調べでも、正常足はたったの16%、 実に84%の人のアーチが崩れ、中でも74%の人のアーチが過度に 内側に倒れ低下した「外反足」という状態だったそうです。

この比率は、現在ではもっと増加している可能性が大いにあり、この アーチの崩れによる機能低下が、足の疲れやむくみ、外反母趾などの 様々な足のトラブル、膝や股関節、腰痛などの症状を引き起こし、 ひいては体全体に悪影響を与えています。

◆正しい重心のラインとは?

カラダの全体重を支えている足部ですが、足部のどの部分で体重を支えればよいのか?ヒザ下から足にかけてのスネの部分には、内側に脛骨、外側に腓骨という骨があります。脛骨は腓骨に対し、4倍から5倍の太さがある骨なので、脛骨のラインからその下の距骨に全体重が乗ることで安定したバランスをとることが可能となります。

◆重心位置がずれることでの弊害

(1)外側重心になるケース:靴のカカトの外側がよく減ります!って方多いですよね。足の外側に 体重が乗っていると、ヒザ下の筋肉が固まり、足のゆがみが強くなり、 ヒザの間にボールでも挟んでいるかのような立ち方になったり、膝や 股関節の変形、足のむくみ、冷え性、腰痛などを引き起こす遠因をつくります。

(2)前側重心になるケース:先が細くヒールの高い靴をはくなど、足の前側に体重を掛け過ぎていると、体重が掛かる足の中間部分の筋肉が疲労し横に広がっていきます。そうなると、外反母趾や偏平足予備軍になり、全身のバランス低下を招き、様々な症状の遠因になってきます。

◆足元の理想のアーチを作る機能性インソール

重心を正しいポジションにキープし、足裏にアーチを取り戻していく ことで、強く健康な足になっていきます。そうすることで、カラダ全体のバランスが良くなり、様々な症状改善の原因を取り除いていくことにつながります。 東葉コンディショニングでは、少しでも皆様方の健康生活に役立てるよう、日々バランスよく生活が出来るツールとして、2年以上の歳月をかけてセンターラインインソールを開発しました。

このセンターラインインソールは、足のアーチが崩れるなどの足部の歪みを、効率よく改善させ、足の骨格バランスを最適にし、「安定性」 と「運動性」と「吸収性」を実現させます。

・カラダのゆがみ、姿勢が気になる ・最近、歩行やしゃがんだりする動作がしづらい ・慢性痛に悩んでいる、疲れやすい ・立ち仕事がツラい ・将来の関節障害、筋肉疲労の予防に ・運動パフォーマンスを最大限に発揮したい方

など、全ての方に使用していただきたい自信の商品です。 商品構成も、靴やスニーカに対応するベーシックモデルから、 カーボンを使用した上級モデル、パンプス用のハーフモデル など生活シーンに合わせ各種揃えています。

ご興味を抱かれた方は、東葉コンディショニングまでご相談して頂ければと 思います。

ご興味のある方はこちらをご覧下さい。

 年間2万回の施術実績を誇る「からだの専門院」へご相談ください。

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら!

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

著者プロフィール

著者アイコン
加賀谷慶太
「カラダの不調で苦しんでいる人の助けになりたい」という思いで千葉県八千代市に東葉コンディショニング八千代院を開院。その後、千代田区東神田にも東葉コンディショニング東京院を開院。 八千代院、東京院合わせて年間2万回以上も施術する整体院になる。独自の整体療法「QPR法」で高齢の方からスポーツ選手まで幅広い年齢層の方を健康に導く。書籍「腰痛解消!神の手を持つ15人」へ3回連続掲載。日本テレビの「スッキリ!」や千葉テレビなどメディア出演も精力的に行う。

関連記事