夏の疲れが残る「秋バテ」に注意!!

今年の夏は特に暑い、体力低下や食欲不振など、夏バテになった方も多かったのではないでしょうか。9月になると、だんだん暑かった夏も終わり、涼しくなってくる頃ですよね。

しかし!まだまだ夏バテが続いてるような・・だるさや疲労感があるような・・

そんな感じはありませんか?

それってもしかしたら、「秋バテ」かもしれません!

今回は、夏の疲れをしっかりとリセットして、 秋バテ知らずの毎日を過ごすための、解消方法を書いてみようと思います。

 

◆「夏バテ」と「秋バテ」の違いって?

「夏バテ」と言えば、ご存知の通り、暑さのせいで体力や食欲がなくなり、なんとなくやる気が起きなかったり、カラダがぐったりとして元気のない症状のことです。

夏バテになると大抵の人は大人しくして、自然に体力が回復するのを待つと思います。

この夏バテの原因は、室内と外の温度差から来ているのです!

年々暑くなっていく夏の気温により、クーラーをガンガンに効かせて室内18℃、外の気温35℃なんてことになっていませんでしたか?

そんな状態が続いていると、あまりに急激な温度変化にカラダがついていけず、ストレスをためてしまい自律神経を乱したり、クーラーで冷えきったカラダは血の巡りが悪く血流が滞りがちになります。

このように夏に溜めたストレスや疲れが秋口になってから出はじめ、だるさが取れず、 疲労感やカラダの不調として現れてくるのが。「秋バテ」なのです。

 

◆「秋バテ」の原因と対策ポイント!!

夏バテの原因と同様、秋バテの原因も気温差の影響から受けるストレスであることが多いです。

しかし、その他にも冷たい物の摂りすぎや、薄着で冷房にあたりカラダを冷やしすぎてしまうことで、カラダの内側から冷えた状態にしてしまう、などが考えられます。

夏に溜めたカラダの冷えが自律神経を乱し、血流の流れを悪化させ内臓機能をマヒさせているのです。

そこで、そんな「秋バテ」に効果的な対策ポイントをいくつかご紹介していきます!

●温かい湯船にゆっくりと浸かりましょう!

秋バテの原因はカラダを冷やしてしまうことです。まずはカラダを温めましょう。

お風呂は温熱効果で、血のめぐりをスムーズにし、カラダをリラックスさせることで疲れも取ることが出来るのです。

暑いからと言ってシャワーで済ませがちな夏場ですが、しっかりとお風呂に入ってカラ ダを温めることが重要です。

●軽い運動が効果的!

軽くカラダを動かすことで、脳内を活性化させるホルモンが分泌されます。

朝の涼しい時間帯に10~15分くらい歩くだけでもスッキリと一日を送ることが出来ます よ!

●温度管理をしっかりすること!

「秋バテ」にかかわらず、カラダを冷やしすぎることは自律神経を乱し、体調不良の原

因になります。

最適な温度は外の気温との差が5℃と言われていますが、35℃近い猛暑日の日は

差が5℃といっても30℃・・・こんな日はさすがに暑すぎます。

27℃くらいの温度を保つように心がけると、急激な温度差にカラダがびっくりする

こと もありません。温度管理をしっかりと行いましょう!

 

 

いかがでしたか?これからだんだんと気温も下がり始めてきます。

夏同様の生活を続けていると「秋バテ」になってしまうかもしれません。

しっかりと体調管理をして「脱秋バテ」しましょうね!

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

関連記事