毎日の食事で改善!頭痛に効く栄養素は?

「あぁ、頭が痛い・・・」頭痛って本当に辛いですよね。

対人関係や仕事関係などのストレスフルな生活、乱れた睡眠や食事などの生活習慣。頭痛のタネはそこら中にありますが、できれば頭の痛みとはさよならしたいですね。

そこで今回は、辛い頭痛を予防・解消する栄養素についてご紹介します。

 

◆そもそも頭痛の原因は?

 頭痛には「片頭痛」「緊張性頭痛」「群発頭痛」などいくつか種類があります。原因も様々ですが、一般的なものでは、ストレスや生活習慣病などによって脳の血管に負担がかかり、脳の近くを通る神経が刺激されて痛む、あるいは長時間のデスクワークなどによって頭の横や肩、首の筋肉が緊張して血流が悪くなり、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて痛む、といったものがあります。

 栄養不足や、不規則な生活によって自律神経が乱れることも頭痛を招く大きな原因の一つです。つまり、日常生活や仕事、食習慣など、日々の生活習慣が慢性的な頭痛の原因になっていると考えられるのです。

 

◆自分で解消できる?頭痛に効く栄養素を摂ろう!

 

頭痛の治療では、薬物療法が基本になります。

しかし、「薬での治療ってなんとなく怖い」「副作用が心配」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、「食生活を見直すこと」を提案します。

 栄養バランスの良い健康的な食生活が体にいいことはご存知の通りだと思いますが、頭痛も例外ではありません。その中でも特に頭痛に効く栄養素があるので、紹介します。

 <マグネシウム>

 血圧を正常にする、神経の興奮を抑えて精神を安定させる効果があります。カルシウムと結着しやすく、骨も丈夫にします。

 大豆や、ゴマ・アーモンドなどのナッツ類、ヒジキなどの海藻類、緑黄色野菜に多く含まれています。

 <ビタミンE>

 血行を良くし、肩や首の張りを和らげて緊張からくる頭痛を緩和してくれます。抗酸化力も強く、美容面でも効果があります。

 アーモンドのようなナッツ類や、いくらやタラコなどの魚卵類に多く含まれています。

 

<ビタミンB2>

 細胞の再生や代謝、有害物質の分解を行う物質で、細胞を活発にしてくれます。特に片頭痛に効果のある栄養素です。

 豚や牛のレバーなどに多く含まれています。苦手な人は、海苔や鶏卵などにも含まれているので、積極的に摂取しましょう。

 どれも、普段の食事をコンビニ弁当やインスタント食品で済ませていたら不足しがちな栄養素です。意識して摂取しなければ、不足してしまうので気を付けましょう。

 

◆メニューに困ったら東葉食堂!

「栄養のことを考えながら食事をしなきゃいけない」「食生活を変えなきゃいけない」そう思っても、いざ何を食べれば良いのか困ってしまいますよね。

 

まず、外食で食事を取る際はなるべく「定食」を選びましょう。定食は、食べられる品目が多く、様々な栄養を摂取するのに効果的です。「丼料理」は栄養が偏りやすいので、追加でサラダや小鉢などを食べるようにしましょう。

 一番困るのは、自分で作る時ですよね。

栄養のことを考えながら、食べる品目もたくさんになるようにあれもこれも作って・・・

 そんな悩みを解決してくれるのが、東葉コンディショニングが提供している「東葉食堂」です。栄養バランスを考えた「整体院の激ウマ健康メニュー」が、あなたの食生活を豊かにしてくれますので、ぜひ参考にしてみてください。

【東葉コンディショニングがお勧めする健康レシピ!!東葉食堂】

 いかがでしたか?頭痛の解消に役立つ栄養素や食べ物の紹介をしましたが、どれも現代人は不足しがちです。栄養バランスのいい食事をすることが頭痛解消の近道ですので、食生活を見直して、頭痛とさよならしましょう!

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。

関連記事