ゴルフで多い腰痛!原因はスイングに隠されている?

多くの方が趣味で楽しむゴルフ。ゴルフにハマって毎週打ちっぱなしに行っている方も多いのではないでしょうか?当院でもゴルフのやりすぎで「腰が痛い!」なんて方もよく来院されます。そこで今回はゴルフに多い腰痛について書いてみようと思います。

 

◆ゴルフによる腰痛の原因とは?

 

ゴルフによる腰痛の原因は様々あります。その中でも特に多いのが、ゴルフのやり過ぎにより筋肉疲労が蓄積され、痛みが出てしまうケースです。スイングするという動作を何回も繰り返しおこなっていると腰や股関節に過度な負担がかかってしまい痛みが出てしまうのです。

ゴルフの場合だとスイング時は前傾姿勢になるので広背筋(背中の筋肉)に緊張が入ります。特にゴルフを始めたばかりの人は背中が丸まった状態でスイングすることが多く、腰に過度に緊張が加わってしまい、楽しいはずのゴルフが腰痛の原因になってしまうのです。

 

症状が軽ければ痛みは出ずに続けられますが、痛みがあっても楽しいからといって、ついついやり過ぎてしまうと症状がどんどん悪化し、腰椎分離症や疲労骨折の原因になるので注意が必要です。

 

◆ゴルフのスイングは体が歪む?

 

ゴルフが腰痛の原因になるもう一つの理由として「体が歪む」ことが原因であると言えます。

ゴルフは特徴的なスポーツで片側方向にしか体を捻ることがありません。右利きであれば左側に、左利きであれば右側にしかスイングを行うことはありません。

つまり片側の筋肉ばかりに負担がかかるので、筋力のバランスが悪くなり体が歪む原因になるのです。特にゴルフのスイング動作では背骨が回旋します。その土台となっている骨盤が歪むことで立ったりする時にバランスを取ろうとして、1箇所に負担が集中してしまうため痛みが出てしまうのです。

 

当院にもゴルフのやり過ぎで腰を傷めた方が来院しています。体を診てみると筋肉のバランスが悪く骨盤の歪みも出ていました。やはり片側に捻る動作が体を歪ませ、腰の痛みに繋がっていました。骨盤の歪みを整えバランスを体のバランスを改善しただけで症状は軽くなっていました。

 1.png

ゴルフは体のバランスが悪くなりやすいスポーツです。それだけ腰痛のリスクが高いと言えます。酷い場合は日常生活に支障が出ることもあります。楽しんでいたゴルフで腰痛を発症し苦しい思いをするのは嫌ですよね?そのようにならないためにもゴルフのやり過ぎに注意すること、定期的に体のメンテナンスを行い、歪みを整えることをお薦めします。        

 身体の痛みやコリ・歪みでお困りの方は、年間2万回の施術実績を誇る「からだの専門院」へご相談ください。

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

関連記事